FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
 今後の資料の為に海外公演の記録をまとめておくべきだとちょいちょい言われるので、えいやっとまとめました。
 まだ日程とイベント名、会場程度のデータですが、これから随時上映作品、共演ピアニストなどの情報を追加してゆく予定です。これ以外にも大学の日本語や映画史の授業でお喋りしたり実演したりは結構してますが、流石に日程が特定できませんです。

 公演で行った事のある国はクロアチア、ドイツ、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イタリア、オーストリア、チェコ、ウクライナ、イギリス、スイス、ポーランド、オランダ、ベルギー、フランスの15語ヵ国です。(2016年8月現在)


2007年
7月 
24日 Motovun Film Festival (クロアチア/モトヴン)

2008年
4月 
4日  Nippon Connection2008(ドイツ・フランクフルト/Goethe-Universität)

2009年
12月 
12日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)

2011年
3月 
オーストラリア無声映画ツアー
3日 Adelaide Film Festival2011(アデレード/Cinema Piccadilly)
5日 オーストラリア映像センター公演(メルボルン/Australian Center for The Moving Image)
6日 シドニー・オペラハウス公演(シドニー/Sydney Opera House)
10~11日 ナショナルフィルム&サウンドアーカイブ公演(キャンベラ/The National Film and Sound Archive)
   
8月  
16~18日 Internationale Stummfilmtage Bonn(ドイツ・ボン/Universität Bonn )

2012年
5月 
音和座&片岡一郎ドイツツアー
5日 Nippon Connection2012(フランクフルト/Goethe-Universität)
8日 楽団と活動写真弁士による無声映画上映会(ボン/Universität Bonn)

9月~ ミシガン大学芸術家滞在プログラムにより渡米(2013年3月まで)
14、21、28日 Silent Ozu(ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)

10月  
5、12、19、26日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
11日 インディアナ大学公演(インディアナ/Indiana University)
17日 カンザス大学公演(カンザス/Helen Foresman Spencer Museum)
21日 スミソニアン博物館公演(ワシントンD.C./Freer Gallery of Art and Arthur M. Sackler Gallery)
27日 シカゴ大学公演(イリノイ/University of Chicago)

11月 
2、9日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
16日 クリーブランド・シネマテーク公演(オハイオ/Cleveland Cinematheque)
18、19日 ハーバード大学公演(マサチューセッツ/Harvard Film Archive)
20日 ボストン大学公演(マサチューセッツ/Boston University)

12月 
クロアチアツアー
16日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)
18日 Film Mutations (クロアチア・リエカ/Art Kino Croatia)

2013年
1月
11日 デトロイト博物館公演(ミシガン/Detroit Institute of Arts)
18日 アリゾナ大学公演(アリゾナ/University of Arizona)
28~30日 ウェスタンオンタリオ大学公演(カナダ・ロンドン/University of Western Ontario)

2月
23日 Kataoka Ichiro's Sayonara Performance (ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)
25日 PASSING FANCY featuring live benshi ICHIRO KATAOKA(ニューヨーク/Film Forum)
26日 The films of Kenji Mizoguchi(ニューヨーク/Bard College)

3月
24日 Association for Asian Studies(カリフォルニア/Manchester Grand Hyatt San Diego)

10月~ボン大学の招聘によりドイツ滞在(12月29日まで)
10日 Le Giornate del Cinema Muto 2013(イタリア・ポルデノーネ/Teatro Verdi)
19日 春風亭一之輔欧州公演(ドイツ・デュッセルドルフ・Hotel Nikko Düsseldorf)

11月
7日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(オーストリア・リンツ/Mlandes Museum)
8日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(チェコ共和国/Kavárna Pontes)
29日  Film als Aufführungskunst (ドイツ・ケルン/Japanisches Kulturinstitut Köln)

12月
5日  Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/Kino Tuškanac)
9日  日本学特別講義 (ドイツ・ボン/Universität Bonn)
15日 Froschkönig上映会(ドイツ・ベルリン/Froschkönig)      
17日 BENSHI(ドイツ・ベルリン/Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin)

2014年
6月
27日 Німі ночі(ウクライナ/オデッサ)

9月
3日 Zeitsprung Kino Tokyo 1914(ドイツ・ベルリン/Kino Babylon)
6日 The East Asian Dimension of the First World War(ドイツ・ボーフム/the Municipal Archive Bochum)
28日 The Sound of Silent Film : A Two-Part Benshi Event(アメリカ・ニューヨーク州/ハミルトンカレッジ)

10月
7日 Le Giornte Del Cinema Muto(イタリア・ポルデノーネ/テアトロ ヴェルディ)
21日 Classic Japanese Cinema with Benshi performance by Ichiro Kataoka(イギリス・マンチェスター/マンチェスター大学)

11月
22日 KATSUBEN Der japanische Stummfilm(ドイツ・ケルン/天理文化工房)
23日 Stummfilm mit Musikbegleitung(ドイツ・フライブルグ/Kommunales Kino)
30日 Film mutations(クロアチア・ザグレブ/ザグレブ現代美術館)

12月
1~7日 Benshi erzählt(オーストリア・ウィーン/Metro Kinokulturhaus)
10日 Kabuki in the Silent Movies of Japan(スイス・チューリッヒ/Universität Zürich)
18日 Kurama Tengu(ドイツ・ボン/ボン大学講堂)

2015年
4月
24日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)
25日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)

6月
4日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
6日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
7日 Nippon Connection BENSHI-WORKSHOP – BRINGING SILENT FILMS TO SPEAK(ドイツ/フランクフルト)
スポンサーサイト
|01/01| 活弁コメント(0)TB(0)
 ☆最初に
 ブログの日付機能マジックで常にこの記事が先頭になるようにしてみました。ブログは非日常的に更新しておりますので、下までズズいと御覧下さいまし。

 ここでは、自分がこれまでに演った演目をドドンと紹介します。台本を無くしたりしない限りはこれで全部のはずです。随時追加の予定なので総数は書きません。いずれは制作年代や監督・主演、一言コメントなぞ追加したいと思っています。洋画の部、邦画の部、アニメの部、記録・ニュース映画の部、ポルノ映画の部、終わりました。

 このタイトルリストを誰かが見て、私の存在に気が付き、そして仕事が舞い込み、さらには有名になって、お金持ちになって、偉くなる、という青写真を描いております。青写真て言葉も死後だね、そういえば。

 そんな訳で長いです。データもありませんから、専門の方以外は全く意味のないリストです。もっとも専門の方だって大して映画の事を知りゃあしないのです。俺もだけど。
|01/01| 演目コメント(1)TB(1)
 このブログを書こうとしていたら、フェイスブックで服を脱ぎかけのお姉ちゃんから友達申請が来ました。
 せめて脱ぐか着るかしてから友達申請をすれば良いのにと思いますね。

 お陰様でまた一つ歳をとりました。
 自分が何歳かもよく覚えてません。つまりどうでも良い歳です。
 今後ともひとつよろしくお願いいたします。

 最近、フランスとご縁が深くなってきました。
 実際のフランスの土地で行ったことがあるのはストラスブールだけですが。
 カンヌとか、いつ俺を呼ぶんだろうか。

 そんな願いを持ちつつ、本日のお知らせです。

●声、動作、音楽:サイレント時代のフランスと日本における映画上映
日時/12月8日13時~(映画の上映は18時から)
プログラム/
シンポジウム:13 : 00-17 : 20(同時通訳あり)
13 : 00-13 : 20
開会の辞
セッションI 司会: 野崎歓
「比較史学を通じて見る1910年代日本映画の特異性」小松弘(早稲田大学文学学術院)

13 :45-14 :10
「弁士の身振り:連鎖劇、幻燈、弁論術との関連に注目して」大久保遼 (愛知大学、早稲田大学演劇博物館)

14 :10-14 : 35
「1910代の日本における映画館の中の音」柴田康太郎 (早稲田大学演劇博物館)

14 : 35-15 : 05
質疑応答

15 : 05-15 : 35
コーヒーブレーク
セッションII 司会:マチュー・カペル

15 : 35-16 : 00
「フィルム・ダール社の上映をめぐって」ベアトリス・ド・パストル( CNC フランス国立映画センター )

16 : 00-16 : 25
「1908年から1919年の映画作品における映画の中の映画」キャロル・オルエ(パリ・エスト大学、映画視聴覚研究所)

16 : 25-16 : 50
「1908 年から 1919 年のフランスの映画上映におけるオリエンタリズムとエキゾチシズム」 ローラン・ヴェレー (パリ第3大学、映画視聴覚研究所)

16 : 50-17 : 20
質疑応答

17 : 20-18 : 00
休憩


18:00〜19:30 サイレント映画上映会(字幕・通訳なし)

1914年から1917年の短編映画
1910年代のフランスにおける映画上映を日本で初めて再現します。


『いくつかの花の開花』(1914年、6分、ドキュメンタリー)
『軍隊での芝居 : 第一ズアーブ歩兵連隊』(1916年、15分、戦争映画)
『アンナ、何を待ってるの』(1916年、2分、フォノセーヌ)
『戦後3年のパリ』(1917年、20分、戦争映画)
『フランスの代母たち』(レオンス・ペレ監督、 1916年、 35分、フィクション)


出演:ディディエ・ダブロウスキ(弁士)、片岡一郎(弁士)、神﨑えり(ピアノ伴奏)


【主催】日仏会館・フランス国立日本研究所、フランス国立研究機構、Ciné 08-19、パリ第三大学、映画視聴覚研究所、東京大学
【後援】在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
【助成】(株)ビュッフェ・クランポン・ジャパン
会場/日仏会館ホール
料金/無料
参加お申込み/告知サイトエントリーフォームより

声、動作、音楽:サイレント時代のフランスと日本における映画上映 表

声、動作、音楽:サイレント時代のフランスと日本における映画上映 裏

 僕のスケジュールをご覧いただければ分かるのですが、6日の夜にモスクワで公演なんですね。
 そして7日にロシアを出発、8日の朝に日本着、そのまま会場入りです。
 完全にアホです。スケジュールの組み方間違っております。
 そしてこういうアホなスケジュールの組み方を直後にもしております。
 いっそね、パリ公演なら近いのに。なぜ日本なのか。
 僕は会場入りが間に合うのか? 見どころです(嘘)。
 本当の見どころはレアなフランスの無声映画をご覧いただける事で、音楽はフランスと言えばこの人、神崎えりさん。
 神崎さんとは神保町シアターでご一緒して以来です。楽しみ。
 そして弁士は私一人では御座いません。フランス人の方が仏語で弁士を致します。いやこれは弁士ではなくbonimenteurと呼ぶべきでしょう。
 先日、フィリピンで初の活動弁士が誕生いたしました。
 フィリピン人弁士の活躍
 私も出てるから見てね。

 そして今度はフランス人弁士が。
 いよいよBneshiは世界に広がってゆきます。
 早く世界弁士大会を日本でやるべきですね。
 という訳なので、是非いらしてね。

 上記もお勧めですが、他の公演にもいらしてね。

●映像の中の佐原 『峠を渡る若い風』上映&トーク
日時/11月25日 開場:13時、第一部開演:13時30分、第二部開演:14時30分、第三部開演:16時
内容/
第一部:『突貫小僧』『野狐三次』 片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
第二部:『峠を渡る若い風』上映
第三部:トーク/清水まゆみ・佐藤利明(娯楽映画研究家)
会場/与倉屋大土蔵(千葉県香取市佐原イ1730-3
入場料/1000円
お問い合わせ/gramoclub78@gmail.com
協力/日活株式会社・朝日新聞出版・おもちゃ映画ミュージアム
一般財団法人小森文化財団助成事業
主催/ぐらもくらぶ

2018,11,25 映像の中の佐原


●Ciné-concert
日時/11月30日 開場19時、開演19時30分
演目/『鴛鴦旅日記』『文福茶釜』
出演/片岡一郎、榎政則
会場/Café 4 丁目の9階
料金/一般4000円、学生・割引2000円 (1ドリンクつき)
ご予約/e.chamo@hotmail.co.jp


●「ロシアにおける日本年」事業 小津安二郎監督特集レトロスペクティヴ
日時/12月3日19時~
作品/『浮草物語』
出演/片岡一郎、Filipp Cheltsov(ピアノ)
会場/Государственная Третьяковская галерея(国立トレチャコフ美術館)
料金/120 ₽

日時/12月4日19時~
作品/『出来心』
出演/片岡一郎、Filipp Cheltsov(ピアノ)
会場/Государственная Третьяковская галерея(国立トレチャコフ美術館)
料金/120 ₽

日時/12月5日19時~
作品/『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』
出演/片岡一郎、Filipp Cheltsov(ピアノ)
会場/Государственная Третьяковская галерея(国立トレチャコフ美術館)
料金/120 ₽

日時/12月6日19時~
作品/『東京の合唱』
出演/片岡一郎、Filipp Cheltsov(ピアノ)
会場/Государственная Третьяковская галерея(国立トレチャコフ美術館)
料金/120 ₽

|11/19| 活弁コメント(0)TB(0)
 寒くなって参りました。
 僕はもっと痩せるべく筋トレをしています。
 中々痩せられません。ヲッサンなので代謝がね、悪いのよね。
 ライザップが大赤字だそうです。結果にコミット出来なかったと見るべきか、大変に痩せたと見るべきか。
 懐厚く、身は軽くで参りたいもので御座います。

 さて、本日のお知らせはロシア公演です。
 12月にロシアに行きます。
 しかも帰国日に日本で仕事が御座います。
 馬鹿じゃないのか、俺。

●「ロシアにおける日本年」事業 小津安二郎監督特集レトロスペクティヴ
日時/12月3日19時~
作品/『浮草物語』
出演/片岡一郎、Filipp Cheltsov(ピアノ)
会場/Государственная Третьяковская галерея(国立トレチャコフ美術館)
料金/120 ₽

日時/12月4日19時~
作品/『出来心』
出演/片岡一郎、Filipp Cheltsov(ピアノ)
会場/Государственная Третьяковская галерея(国立トレチャコフ美術館)
料金/120 ₽

日時/12月5日19時~
作品/『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』
出演/片岡一郎、Filipp Cheltsov(ピアノ)
会場/Государственная Третьяковская галерея(国立トレチャコフ美術館)
料金/120 ₽

日時/12月6日19時~
作品/『東京の合唱』
出演/片岡一郎、Filipp Cheltsov(ピアノ)
会場/Государственная Третьяковская галерея(国立トレチャコフ美術館)
料金/120 ₽

 チラシの様な画像は見つからなかったので文字情報だけのお知らせです。
 1ロシアルーブルが1,71円だそうですので入場料の120ロシアルーブルは205円です。
 小津作品が弁士と生演奏が付いて205円。お安くていらっしゃる。ペレストロイカ万歳。
 これなら日本から向かっても元が取れるんじゃありません?
 そんな訳で12月のモスクワでお待ちしております。
 ちなみに観光している時間はほとんどなさそうです、嗚呼。

 本日は斎藤寅次郎特集ですよん。

●斎藤寅次郎 無声映画上映会
日時/11月17日19時~
作品/『モダン怪談100,000,000円』『石川五右ヱ門の法事』他、おまけ上映あり。
出演/片岡一郎、高橋香衣(音楽)
会場/一宮庵
料金/3500円(お食事付き)
ご予約/03-3484-5878(伝統話芸を学ぶ会・斎藤)

2018,11,17 斎藤寅次郎無声映画上映会


●映像の中の佐原 『峠を渡る若い風』上映&トーク
日時/11月25日 開場:13時、第一部開演:13時30分、第二部開演:14時30分、第三部開演:16時
内容/
第一部:『突貫小僧』『野狐三次』 片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
第二部:『峠を渡る若い風』上映
第三部:トーク/清水まゆみ・佐藤利明(娯楽映画研究家)
会場/与倉屋大土蔵(千葉県香取市佐原イ1730-3
入場料/1000円
お問い合わせ/gramoclub78@gmail.com
協力/日活株式会社・朝日新聞出版・おもちゃ映画ミュージアム
一般財団法人小森文化財団助成事業
主催/ぐらもくらぶ

2018,11,25 映像の中の佐原


●Ciné-concert
日時/11月30日 開場19時、開演19時30分
演目/『鴛鴦旅日記』『文福茶釜』
出演/片岡一郎、榎政則
会場/Café 4 丁目の9階
料金/一般4000円、学生・割引2000円 (1ドリンクつき)
ご予約/e.chamo@hotmail.co.jp
|11/17| 活弁コメント(0)TB(0)
 『カツベン!(仮)』の撮影もかなり進んでまいりました。
 あと一息で全貌が見えてくる感じでしょうか。
 この二カ月間、本当に追われていたのでホッとするような、寂しいような。
 といってもまだ撮影は続きますし、プロモーションも含めると長いお付き合いになるんですけれどもね。

 いずれ、撮影時のエピソードをお話しできるイベントとかも出来れば良いなあ。

 さて本日は緊急の告知です。
 フランスからピアニストが緊急参戦。

●Ciné-concert
日時/11月30日 開場19時、開演19時30分
演目/『鴛鴦旅日記』『文福茶釜』
出演/片岡一郎、榎政則
会場/Café 4 丁目の9階
料金/一般4000円、学生・割引2000円 (1ドリンクつき)
ご予約/e.chamo@hotmail.co.jp

 榎さんは東京芸術大学音楽学部作曲科卒業後、現在はパリ国立高等音楽院音楽書法科に在籍中で、無声映画伴奏もこなす業界の新星です。いやもうね、『カツベン!(仮)』もそうだし『めもくらむ』もそうだし、大変に無声映画業界が面白くなってきましたよ。
 上映作品、二作品だとちょっと企画として短いので、もう一工夫して、さらに面白く致しますよ。
 無声映画、乗っておくなら今ですぜ。

 そして下記の公演もよろしくです。

●斎藤寅次郎 無声映画上映会
日時/11月17日19時~
作品/『モダン怪談100,000,000円』『石川五右ヱ門の法事』他、おまけ上映あり。
出演/片岡一郎、高橋香衣(音楽)
会場/一宮庵
料金/3500円(お食事付き)
ご予約/03-3484-5878(伝統話芸を学ぶ会・斎藤)

2018,11,17 斎藤寅次郎無声映画上映会


●映像の中の佐原 『峠を渡る若い風』上映&トーク
日時/11月25日 開場:13時、第一部開演:13時30分、第二部開演:14時30分、第三部開演:16時
内容/
第一部:『突貫小僧』『野狐三次』 片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
第二部:『峠を渡る若い風』上映
第三部:トーク/清水まゆみ・佐藤利明(娯楽映画研究家)
会場/与倉屋大土蔵(千葉県香取市佐原イ1730-3
入場料/1000円
お問い合わせ/gramoclub78@gmail.com
協力/日活株式会社・朝日新聞出版・おもちゃ映画ミュージアム
一般財団法人小森文化財団助成事業
主催/ぐらもくらぶ

2018,11,25 映像の中の佐原
|11/16| 活弁コメント(0)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。