FC2ブログ
 今後の資料の為に海外公演の記録をまとめておくべきだとちょいちょい言われるので、えいやっとまとめました。
 まだ日程とイベント名、会場程度のデータですが、これから随時上映作品、共演ピアニストなどの情報を追加してゆく予定です。これ以外にも大学の日本語や映画史の授業でお喋りしたり実演したりは結構してますが、流石に日程が特定できませんです。

 公演で行った事のある国はクロアチア、ドイツ、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イタリア、オーストリア、チェコ、ウクライナ、イギリス、スイス、ポーランド、オランダ、ベルギー、フランスの15語ヵ国です。(2016年8月現在)


2007年
7月 
24日 Motovun Film Festival (クロアチア/モトヴン)

2008年
4月 
4日  Nippon Connection2008(ドイツ・フランクフルト/Goethe-Universität)

2009年
12月 
12日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)

2011年
3月 
オーストラリア無声映画ツアー
3日 Adelaide Film Festival2011(アデレード/Cinema Piccadilly)
5日 オーストラリア映像センター公演(メルボルン/Australian Center for The Moving Image)
6日 シドニー・オペラハウス公演(シドニー/Sydney Opera House)
10~11日 ナショナルフィルム&サウンドアーカイブ公演(キャンベラ/The National Film and Sound Archive)
   
8月  
16~18日 Internationale Stummfilmtage Bonn(ドイツ・ボン/Universität Bonn )

2012年
5月 
音和座&片岡一郎ドイツツアー
5日 Nippon Connection2012(フランクフルト/Goethe-Universität)
8日 楽団と活動写真弁士による無声映画上映会(ボン/Universität Bonn)

9月~ ミシガン大学芸術家滞在プログラムにより渡米(2013年3月まで)
14、21、28日 Silent Ozu(ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)

10月  
5、12、19、26日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
11日 インディアナ大学公演(インディアナ/Indiana University)
17日 カンザス大学公演(カンザス/Helen Foresman Spencer Museum)
21日 スミソニアン博物館公演(ワシントンD.C./Freer Gallery of Art and Arthur M. Sackler Gallery)
27日 シカゴ大学公演(イリノイ/University of Chicago)

11月 
2、9日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
16日 クリーブランド・シネマテーク公演(オハイオ/Cleveland Cinematheque)
18、19日 ハーバード大学公演(マサチューセッツ/Harvard Film Archive)
20日 ボストン大学公演(マサチューセッツ/Boston University)

12月 
クロアチアツアー
16日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)
18日 Film Mutations (クロアチア・リエカ/Art Kino Croatia)

2013年
1月
11日 デトロイト博物館公演(ミシガン/Detroit Institute of Arts)
18日 アリゾナ大学公演(アリゾナ/University of Arizona)
28~30日 ウェスタンオンタリオ大学公演(カナダ・ロンドン/University of Western Ontario)

2月
23日 Kataoka Ichiro's Sayonara Performance (ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)
25日 PASSING FANCY featuring live benshi ICHIRO KATAOKA(ニューヨーク/Film Forum)
26日 The films of Kenji Mizoguchi(ニューヨーク/Bard College)

3月
24日 Association for Asian Studies(カリフォルニア/Manchester Grand Hyatt San Diego)

10月~ボン大学の招聘によりドイツ滞在(12月29日まで)
10日 Le Giornate del Cinema Muto 2013(イタリア・ポルデノーネ/Teatro Verdi)
19日 春風亭一之輔欧州公演(ドイツ・デュッセルドルフ・Hotel Nikko Düsseldorf)

11月
7日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(オーストリア・リンツ/Mlandes Museum)
8日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(チェコ共和国/Kavárna Pontes)
29日  Film als Aufführungskunst (ドイツ・ケルン/Japanisches Kulturinstitut Köln)

12月
5日  Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/Kino Tuškanac)
9日  日本学特別講義 (ドイツ・ボン/Universität Bonn)
15日 Froschkönig上映会(ドイツ・ベルリン/Froschkönig)      
17日 BENSHI(ドイツ・ベルリン/Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin)

2014年
6月
27日 Німі ночі(ウクライナ/オデッサ)

9月
3日 Zeitsprung Kino Tokyo 1914(ドイツ・ベルリン/Kino Babylon)
6日 The East Asian Dimension of the First World War(ドイツ・ボーフム/the Municipal Archive Bochum)
28日 The Sound of Silent Film : A Two-Part Benshi Event(アメリカ・ニューヨーク州/ハミルトンカレッジ)

10月
7日 Le Giornte Del Cinema Muto(イタリア・ポルデノーネ/テアトロ ヴェルディ)
21日 Classic Japanese Cinema with Benshi performance by Ichiro Kataoka(イギリス・マンチェスター/マンチェスター大学)

11月
22日 KATSUBEN Der japanische Stummfilm(ドイツ・ケルン/天理文化工房)
23日 Stummfilm mit Musikbegleitung(ドイツ・フライブルグ/Kommunales Kino)
30日 Film mutations(クロアチア・ザグレブ/ザグレブ現代美術館)

12月
1~7日 Benshi erzählt(オーストリア・ウィーン/Metro Kinokulturhaus)
10日 Kabuki in the Silent Movies of Japan(スイス・チューリッヒ/Universität Zürich)
18日 Kurama Tengu(ドイツ・ボン/ボン大学講堂)

2015年
4月
24日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)
25日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)

6月
4日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
6日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
7日 Nippon Connection BENSHI-WORKSHOP – BRINGING SILENT FILMS TO SPEAK(ドイツ/フランクフルト)
スポンサーサイト
|01/01| 活弁コメント(0)TB(0)
 ☆最初に
 ブログの日付機能マジックで常にこの記事が先頭になるようにしてみました。ブログは非日常的に更新しておりますので、下までズズいと御覧下さいまし。

 ここでは、自分がこれまでに演った演目をドドンと紹介します。台本を無くしたりしない限りはこれで全部のはずです。随時追加の予定なので総数は書きません。いずれは制作年代や監督・主演、一言コメントなぞ追加したいと思っています。洋画の部、邦画の部、アニメの部、記録・ニュース映画の部、ポルノ映画の部、終わりました。

 このタイトルリストを誰かが見て、私の存在に気が付き、そして仕事が舞い込み、さらには有名になって、お金持ちになって、偉くなる、という青写真を描いております。青写真て言葉も死後だね、そういえば。

 そんな訳で長いです。データもありませんから、専門の方以外は全く意味のないリストです。もっとも専門の方だって大して映画の事を知りゃあしないのです。俺もだけど。
|01/01| 演目コメント(1)TB(1)
 先日、イオンモール春日部でオペラ『カルメン』のナレーション担当をしてきました。
 一日二ステ。それはもう疲れました。本番時間の長さどうこうよりも『カルメン』という作品の重量感でお腹いっぱい。
 そこに持ってきて現場までの移動時間が片道二時間半で、帰った時にはクッタクタ。
 でも素敵なオペラ俳優の皆さんと楽しく過ごせたのでプラスマイナスで言えば大いにプラスの後援で御座いました。

 たまには写真でも撮ってこのブログにも掲載すべきなんでしょうね。
 といってしないわけですが。

 さて、そんな『カルメン』が今度は愛知県長久手に出現します。


●オペラ de イオンモール 「カルメン」ハイライト版 in 長久手
日時/9月15日13時30分~
演目/カルメン
出演/カルメン:島木弥生(メゾ・ソプラノ)、ドン・ホセ:笛田博昭(テノール)、エスカミーリョ:三浦克次(バス・バリトン)、ミカエラ:西本真子(ソプラノ)、ピアノ:浅野菜生子、ナレーター:片岡一郎
会場/イオンシネマ長久手
料金/2000円(全席指定)
ご予約/イオンシネマ長久手ホームページ内「e席リザーブ」もしくは、イオンシネマ長久手チケット窓口にて
お問い合わせ/0120-907-626(平日10:00~17:00)

2018,09,09 オペラdeイオンモール(1)
春日部のチラシですが日付以外の内容は同じです

2018,09,09 オペラdeイオンモール(2)

 手前味噌ですがね、結構面白い企画だと思いますよ。
 フルで見るオペラ程の豪華さは残念ながらありませんけれど、分かりやすさは本家を超えます。
 こういう企画で親しみを持って頂いてからガッツリとオペラを楽しむのも一つの方法かもしれません。
 私の様な楽譜も読めない人間がオペラの仕事をしているのも、なんだか芸の面白さです。
 いつか『ピーターと狼』なんかもやる日が来るんでしょうか。

 そしてそして、オペラの次の日はヨーロッパ凱旋公演です。
 こちら、是非ともお越しくださいませませ。

●映楽四重奏ヨーロッパツアー凱旋公演
日時/9月16日19時~
演目/『鞍馬天狗』
出演/映楽四重奏:片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、田中まさよし(太鼓)、宮澤やすみ(三味線)
会場/ワロスロードカフェ(上野・御徒町)
料金/3300円(1ドリンク、軽食付き)
ご予約・お問い合わせ/E-mail: waross@j-spirit.biz
                Tel: 03-6803-0508

凱旋公演
 
|09/11| 舞台コメント(0)TB(0)
 ようやくここまでたどり着きました。
 皆様の大変なご支援を受けて実現したヨーロッパ公演の報告をかねた公演が実現します。
 遅ぇよ、何やってるんだよ、といった責めは全て私故で御座います。他のメンバーには一切責任が御座いませんので、ご理解くださいませ。

 クラウドファンディングをやってみて思ったのは、少なくともアートの場、特に公演や発表支援のクラウドファンディングは21世紀のタカリだという事です。タカリが悪いとは言いません。芸能は基本的にパトロン無しでは成立しない世界ですから、タカれる相手がいるならタカれば良いのです。ただ、これを公的助成に代わる新しいアートの金策方法とするのはちょっと怖いように思います。
 もちろん自己資金内でやりくりできるのが最善ですが、現実的になかなか難しかったりもしますしねえ。
 
 とまあ、そんなゴタクはともかくとして公演のご案内です。

●映楽四重奏ヨーロッパツアー凱旋公演
日時/9月16日19時~
演目/『鞍馬天狗』
出演/映楽四重奏:片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、田中まさよし(太鼓)、宮澤やすみ(三味線)
会場/ワロスロードカフェ(上野・御徒町)
料金/3300円(1ドリンク、軽食付き)
ご予約・お問い合わせ/E-mail: waross@j-spirit.biz
                Tel: 03-6803-0508

凱旋公演

 クラウドファンディングで一定額以上サポートして下さった方へのご招待公演ですが、もちろんそれ以外の方のご来場もお待ちしております。演目はフランクフルト・ニッポンコネクションで換気の出来ない満席100名の会場が満席となり、異常な興奮の中で絶賛を博した『鞍馬天狗』の再演です。
 ドリンクと軽食付きで3300円というサービス料金。
 是非是非、是非是非、お越しくださいませ!

 そして他の公演にもいらして下さいませませ。

●「童謡100年」記念コンサート 日独こどもの歌交歓会
日時/8月27日(月) 13時開場、13時30分開演
出演/ドイツ・カールスルーエ独日合唱団「デア・フリューゲル」
       有馬牧太郎[指揮・バリトン]
       江村玲子[作曲・ピアノ]
       中楯有起[ソプラノ]
       藤原京[オーボエ]
    日本橋女声合唱団
    大西ようこ(テルミン)・菅野真理子(マリンバ)
    心のふるさとを歌う会

    片岡一郎
会場/日本橋社会教育会館8階ホール
料金/1000円(小学生500円、未就学児無料)
お問い合わせ/高橋育郎 090-7252-3304、 t-ikuo@sirius.ocn.ne.jp
主催:心のふるさとを歌う会
後援:日本童謡協会
    童謡100年プロジェクト
    生涯現役推進協議会
    山岡鉄舟研究会

2018,08,27 日独こどもの歌交歓会


●八千代座に甦るサイレント映画たち
日時/9月1日11時~18時30分
プログラム
司会:山田高誌(熊本大学)
第1部 11:00-12:30
 トーク&映画上映1「弁士で見るチャップリン!」
 トーク「八千代座と映画の歴史」
   木村理郎(山鹿市文化協会会長)
 映画上映『不如帰』(25分)
   弁士:片岡一郎
   演奏:湯浅ジョウイチ(ギター)、古橋ゆき(ヴァイオリン)
 トーク「徳富蘆花について」
   中村青史(熊本大学名誉教授)
 映画上映『チャップリンの放浪者』(26分)
   弁士:山内菜々子
   演奏:湯浅ジョウイチ(ギター)、古橋ゆき(ヴァイオリン)
第2部 13:30-15:00
 シンポジウム「大正時代の映画と演劇の劇場風景」
 サイレント時代の日本の映画音楽
   柴田康太郎(早稲田大学)
 映画興行における九州・熊本
   上田学(神戸学院大学)
 八千代座の源流~玉名・山鹿の芝居
   神田由築(お茶の水女子大学)
 『忠次旅日記』と新国劇と九州巡業
   児玉竜一(早稲田大学)
第3部 15:15-17:15
映画上映2「八千代座に甦る日本のサイレント映画の最高傑作!」 
『忠次旅日記』(111分) ※国立映画アーカイブ所蔵作品
   弁士:片岡一郎
   演奏:湯浅ジョウイチ(指揮者、三味線)、古橋ゆき(ヴァイオリン)、森みゆき(ピアノ)、今上千鶴、秋山奈菜(フルート)

第4部 17:30-18:30
ディスカッション(60分)
会場/八千代座
料金/入場無料・予約不要
お問い合わせ/熊本大学 教育学部 音楽科 山﨑浩隆 yamasaki_[at]_educ.kumamoto-u.ac.jp
※_[at]_を@にして送信してください
主催:熊本大学教育学部、早稲田大学演劇博物館 演劇映像学連携研究拠点、一般財団法人山鹿市地域振興公社
後援:熊本大学、熊本県教育委員会、山鹿市教育委員会
協賛:千代の園酒造(株)
協力:KONJIKI PROJECT、亀寿し、熊本市電気館、湯宿湶、国立映画アーカイブ

2018,09,01 八千代座に甦るサイレント映画たち(1)

2018,09,01 八千代座に甦るサイレント映画たち(2)


●オペラdeイオンモール 「カルメン」ハイライト版
日時/9月9日13時30分~
演目/カルメン
出演/カルメン:島木弥生(メゾ・ソプラノ)、ドン・ホセ:笛田博昭(テノール)、エスカミーリョ:三浦克次(バス・バリトン)、ミカエラ:西本真子(ソプラノ)、ピアノ:浅野菜生子、ナレーター:片岡一郎
会場/イオンモール春日部 イオンシネマ スクリーン1
料金/2000円(全席指定)
ご予約/イオンシネマ春日部ホームページ内「e席リザーブ」もしくは、イオンシネマ春日部チケット窓口にて
お問い合わせ/0120-907-626(平日10:00~17:00)

2018,09,09 オペラdeイオンモール(1)

2018,09,09 オペラdeイオンモール(2)
|08/26| 活弁コメント(0)TB(0)
 本日二度目の告知です。
 こちらはオペラの舞台に出ちゃう企画。微妙に嘘だけど。

●オペラdeイオンモール 「カルメン」ハイライト版
日時/9月9日13時30分~
演目/カルメン
出演/カルメン:島木弥生(メゾ・ソプラノ)、ドン・ホセ:笛田博昭(テノール)、エスカミーリョ:三浦克次(バス・バリトン)、ミカエラ:西本真子(ソプラノ)、ピアノ:浅野菜生子、ナレーター:片岡一郎
会場/イオンモール春日部 イオンシネマ スクリーン1
料金/2000円(全席指定)
ご予約/イオンシネマ春日部ホームページ内「e席リザーブ」もしくは、イオンシネマ春日部チケット窓口にて
お問い合わせ/0120-907-626(平日10:00~17:00)

2018,09,09 オペラdeイオンモール(1)

2018,09,09 オペラdeイオンモール(2)

 実は今年は妙に仕事がオペラ関係が多くてですね。
 楽譜も読めない人間としては結構緊張するんですが、それを差し引いても声のプロ中のプロであるオペラの方々と仕事をするのは実に楽しい。優れた歌や落語に対しての誉め言葉で「景色が頭の中に浮かんできた」って言うのがあるじゃないですか。実は僕、あれがないんです。素晴らしいパフォーマンスに触れても景色が浮かんできた事なんてないんです。ただ、演者の音が心地いいかどうかで、正直内容はどうでも良い、というか内容なんかどうでも良いと思わせてくれる演者が好きなんですね。
 その意味でオペラは良いです。本当に良いです。
 日本でどうしてもっと安く見られないんでしょうか。
 この企画はそんなオペラを気軽に楽しんでもらおうというものです。『カルメン』のストーリー部分を私が語り、そしてアリアの部分を一流のオペラ俳優の方々が歌い、さらに映像も使う、豪華かつ簡素、矛盾を可能にした素敵部隊です。
 ぜひお越しくださいましよ。

 勿論、それ以外の私の出演舞台にも来て欲しいのさ。

●「童謡100年」記念コンサート 日独こどもの歌交歓会
日時/8月27日(月) 13時開場、13時30分開演
出演/ドイツ・カールスルーエ独日合唱団「デア・フリューゲル」
       有馬牧太郎[指揮・バリトン]
       江村玲子[作曲・ピアノ]
       中楯有起[ソプラノ]
       藤原京[オーボエ]
    日本橋女声合唱団
    大西ようこ(テルミン)・菅野真理子(マリンバ)
    心のふるさとを歌う会

    片岡一郎
会場/日本橋社会教育会館8階ホール
料金/1000円(小学生500円、未就学児無料)
お問い合わせ/高橋育郎 090-7252-3304、 t-ikuo@sirius.ocn.ne.jp
主催:心のふるさとを歌う会
後援:日本童謡協会
    童謡100年プロジェクト
    生涯現役推進協議会
    山岡鉄舟研究会

2018,08,27 日独こどもの歌交歓会


●八千代座に甦るサイレント映画たち
日時/9月1日11時~18時30分
プログラム
司会:山田高誌(熊本大学)
第1部 11:00-12:30
 トーク&映画上映1「弁士で見るチャップリン!」
 トーク「八千代座と映画の歴史」
   木村理郎(山鹿市文化協会会長)
 映画上映『不如帰』(25分)
   弁士:片岡一郎
   演奏:湯浅ジョウイチ(ギター)、古橋ゆき(ヴァイオリン)
 トーク「徳富蘆花について」
   中村青史(熊本大学名誉教授)
 映画上映『チャップリンの放浪者』(26分)
   弁士:山内菜々子
   演奏:湯浅ジョウイチ(ギター)、古橋ゆき(ヴァイオリン)
第2部 13:30-15:00
 シンポジウム「大正時代の映画と演劇の劇場風景」
 サイレント時代の日本の映画音楽
   柴田康太郎(早稲田大学)
 映画興行における九州・熊本
   上田学(神戸学院大学)
 八千代座の源流~玉名・山鹿の芝居
   神田由築(お茶の水女子大学)
 『忠次旅日記』と新国劇と九州巡業
   児玉竜一(早稲田大学)
第3部 15:15-17:15
映画上映2「八千代座に甦る日本のサイレント映画の最高傑作!」 
『忠次旅日記』(111分) ※国立映画アーカイブ所蔵作品
   弁士:片岡一郎
   演奏:湯浅ジョウイチ(指揮者、三味線)、古橋ゆき(ヴァイオリン)、森みゆき(ピアノ)、今上千鶴、秋山奈菜(フルート)

第4部 17:30-18:30
ディスカッション(60分)
会場/八千代座
料金/入場無料・予約不要
お問い合わせ/熊本大学 教育学部 音楽科 山﨑浩隆 yamasaki_[at]_educ.kumamoto-u.ac.jp
※_[at]_を@にして送信してください
主催:熊本大学教育学部、早稲田大学演劇博物館 演劇映像学連携研究拠点、一般財団法人山鹿市地域振興公社
後援:熊本大学、熊本県教育委員会、山鹿市教育委員会
協賛:千代の園酒造(株)
協力:KONJIKI PROJECT、亀寿し、熊本市電気館、湯宿湶、国立映画アーカイブ

2018,09,01 八千代座に甦るサイレント映画たち(1)

2018,09,01 八千代座に甦るサイレント映画たち(2)
|08/25| 活弁コメント(0)TB(0)