上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
 ☆最初に
 ブログの日付機能マジックで常にこの記事が先頭になるようにしてみました。ブログは非日常的に更新しておりますので、下までズズいと御覧下さいまし。

 ここでは、自分がこれまでに演った演目をドドンと紹介します。台本を無くしたりしない限りはこれで全部のはずです。随時追加の予定なので総数は書きません。いずれは制作年代や監督・主演、一言コメントなぞ追加したいと思っています。洋画の部、邦画の部、アニメの部、記録・ニュース映画の部、ポルノ映画の部、終わりました。

 このタイトルリストを誰かが見て、私の存在に気が付き、そして仕事が舞い込み、さらには有名になって、お金持ちになって、偉くなる、という青写真を描いております。青写真て言葉も死後だね、そういえば。

 そんな訳で長いです。データもありませんから、専門の方以外は全く意味のないリストです。もっとも専門の方だって大して映画の事を知りゃあしないのです。俺もだけど。
スポンサーサイト
|01/01| 演目コメント(1)TB(1)
 今後の資料の為に海外公演の記録をまとめておくべきだとちょいちょい言われるので、えいやっとまとめました。
 まだ日程とイベント名、会場程度のデータですが、これから随時上映作品、共演ピアニストなどの情報を追加してゆく予定です。これ以外にも大学の日本語や映画史の授業でお喋りしたり実演したりは結構してますが、流石に日程が特定できませんです。

 公演で行った事のある国はクロアチア、ドイツ、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イタリア、オーストリア、チェコ、ウクライナ、イギリス、スイス、ポーランド、オランダ、ベルギー、フランスの15語ヵ国です。(2016年8月現在)


2007年
7月 
24日 Motovun Film Festival (クロアチア/モトヴン)

2008年
4月 
4日  Nippon Connection2008(ドイツ・フランクフルト/Goethe-Universität)

2009年
12月 
12日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)

2011年
3月 
オーストラリア無声映画ツアー
3日 Adelaide Film Festival2011(アデレード/Cinema Piccadilly)
5日 オーストラリア映像センター公演(メルボルン/Australian Center for The Moving Image)
6日 シドニー・オペラハウス公演(シドニー/Sydney Opera House)
10~11日 ナショナルフィルム&サウンドアーカイブ公演(キャンベラ/The National Film and Sound Archive)
   
8月  
16~18日 Internationale Stummfilmtage Bonn(ドイツ・ボン/Universität Bonn )

2012年
5月 
音和座&片岡一郎ドイツツアー
5日 Nippon Connection2012(フランクフルト/Goethe-Universität)
8日 楽団と活動写真弁士による無声映画上映会(ボン/Universität Bonn)

9月~ ミシガン大学芸術家滞在プログラムにより渡米(2013年3月まで)
14、21、28日 Silent Ozu(ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)

10月  
5、12、19、26日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
11日 インディアナ大学公演(インディアナ/Indiana University)
17日 カンザス大学公演(カンザス/Helen Foresman Spencer Museum)
21日 スミソニアン博物館公演(ワシントンD.C./Freer Gallery of Art and Arthur M. Sackler Gallery)
27日 シカゴ大学公演(イリノイ/University of Chicago)

11月 
2、9日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
16日 クリーブランド・シネマテーク公演(オハイオ/Cleveland Cinematheque)
18、19日 ハーバード大学公演(マサチューセッツ/Harvard Film Archive)
20日 ボストン大学公演(マサチューセッツ/Boston University)

12月 
クロアチアツアー
16日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)
18日 Film Mutations (クロアチア・リエカ/Art Kino Croatia)

2013年
1月
11日 デトロイト博物館公演(ミシガン/Detroit Institute of Arts)
18日 アリゾナ大学公演(アリゾナ/University of Arizona)
28~30日 ウェスタンオンタリオ大学公演(カナダ・ロンドン/University of Western Ontario)

2月
23日 Kataoka Ichiro's Sayonara Performance (ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)
25日 PASSING FANCY featuring live benshi ICHIRO KATAOKA(ニューヨーク/Film Forum)
26日 The films of Kenji Mizoguchi(ニューヨーク/Bard College)

3月
24日 Association for Asian Studies(カリフォルニア/Manchester Grand Hyatt San Diego)

10月~ボン大学の招聘によりドイツ滞在(12月29日まで)
10日 Le Giornate del Cinema Muto 2013(イタリア・ポルデノーネ/Teatro Verdi)
19日 春風亭一之輔欧州公演(ドイツ・デュッセルドルフ・Hotel Nikko Düsseldorf)

11月
7日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(オーストリア・リンツ/Mlandes Museum)
8日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(チェコ共和国/Kavárna Pontes)
29日  Film als Aufführungskunst (ドイツ・ケルン/Japanisches Kulturinstitut Köln)

12月
5日  Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/Kino Tuškanac)
9日  日本学特別講義 (ドイツ・ボン/Universität Bonn)
15日 Froschkönig上映会(ドイツ・ベルリン/Froschkönig)      
17日 BENSHI(ドイツ・ベルリン/Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin)

2014年
6月
27日 Німі ночі(ウクライナ/オデッサ)

9月
3日 Zeitsprung Kino Tokyo 1914(ドイツ・ベルリン/Kino Babylon)
6日 The East Asian Dimension of the First World War(ドイツ・ボーフム/the Municipal Archive Bochum)
28日 The Sound of Silent Film : A Two-Part Benshi Event(アメリカ・ニューヨーク州/ハミルトンカレッジ)

10月
7日 Le Giornte Del Cinema Muto(イタリア・ポルデノーネ/テアトロ ヴェルディ)
21日 Classic Japanese Cinema with Benshi performance by Ichiro Kataoka(イギリス・マンチェスター/マンチェスター大学)

11月
22日 KATSUBEN Der japanische Stummfilm(ドイツ・ケルン/天理文化工房)
23日 Stummfilm mit Musikbegleitung(ドイツ・フライブルグ/Kommunales Kino)
30日 Film mutations(クロアチア・ザグレブ/ザグレブ現代美術館)

12月
1~7日 Benshi erzählt(オーストリア・ウィーン/Metro Kinokulturhaus)
10日 Kabuki in the Silent Movies of Japan(スイス・チューリッヒ/Universität Zürich)
18日 Kurama Tengu(ドイツ・ボン/ボン大学講堂)

2015年
4月
24日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)
25日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)

6月
4日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
6日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
7日 Nippon Connection BENSHI-WORKSHOP – BRINGING SILENT FILMS TO SPEAK(ドイツ/フランクフルト)
|01/01| 活弁コメント(0)TB(0)
 押し迫ってまいりました。
 もう来年の事で頭が一杯です。
 頑張らないとなりません。

 今年は色々な事がありました。
 一番の出来事は歌舞伎座でしょうか。
 最初に歌舞伎座の話が出てから実現まで二年ぐらいかかりました。
 まさか実現するとは、というのが正直な気持ちです。
 しかし歌舞伎座をきっかけに一気にジャンプアップともいかない現状も突きつけられ、結局ひとつひとつこなしてゆく他ないのだと思った次第。

 今はドイツにいます。
 やらんでも良い事を始めてしまい、年末なのに妙に忙しいです。

 でまあ、結局のところ振り返るとどんな一年だったんでしょうか。
 突然話は変わりますが今住んでいるアパートには冷蔵庫が備え付け式なんですね。
 この冷蔵庫がちっとも冷えない。
 ドア側についてる卵置きは常に常温。変な日本語だけど常に常温。
 そのくせ霜がすごい。一番奥側の壁なんかちょっとした氷壁を形成してる。地球の温暖化なんか関係ないって顔してる。
 冷蔵庫の中でトマトペーストにカビが生えた事もありました。しかもカビに気付いたのはスープにトマトペーストをぶっこんだ後ですよ。
 しょうがないから必死で煮ました。シャフツ消毒というやつで。
 あれから若干お腹が緩かった気もしますが。それはそれで。
 なんだろうな、ドイツの冷蔵庫は駄目なのかな。日本の冷蔵庫は優秀なイメージ有るよなと思っておりました。
 
 先日の事で御座います。
 いつもより強めに冷蔵庫のドアを閉めましたら、いつもはしない「ガコン」って音がしまして、いつもよりドアが奥にはいっている。
 もう完全にお染ブラザーズの形。いつもより多めに回しちゃっている。僕の頭の中もグラグラまわっちゃってる。

 アパートに住み始めてから一ヶ月半の間、冷蔵庫、ずっと半ドアだったんですね。
 そりゃ冷えねえよな。カビもルンルンしちゃうよな。さんざんついてた霜は全力で冷蔵庫が室内を冷やそうとしてた結果だったのね。
 それからというもの冷蔵庫は毎回強めに閉めております。毎回「ガコン」いいます。
 今は冷蔵庫を開けた瞬間に室内から冷気が漂ってくるのを肌で感じるのが一番の幸せです。

 まあね、つまりそんな一年でしたよ。

 来年もひとつよろしくお願いします。

 2017年12月30日のドイツにて。
 片岡一郎
|12/30| もやもやコメント(0)TB(0)
 クリスマス終わりました。
 別段思い入れとかないですけど。
 クリスマスは誰かと過ごさなきゃ、みたいなのも無いですけど。
 でもね、今住んでるアパートが急に静かになりまして、ああ帰省しているんだなあと思うのです。
 クリスマスが終わって、ようやくクリスマスを意識するっていうね。
 そんなもんですね。

 え、1月7日のチラシ画像を送って頂きました。
 大河内傳次郎がカッコ良いんだ、これが。

1月7日 早稲田ヒラノコレクション 表

1月7日 早稲田ヒラノコレクション 裏

 つくづく『血煙高田馬場』が縮刷版しか残っていないのが無念ですね。全篇あったらどんなに良いだろうって。
 どっかにねぇかな。
 ドイツの骨董市とかにひょっこり出てたりしねぇかな。
 我々が上映を積極的にやることや、ちょっとでも有名になることで未発見のフィルムの発掘につながるかもしれんのですかr、あ頑張らないといけません。
 そんな頑張る弁士は1月にちょびっと帰国しますので見に来てね。

●「楽譜資料を中心とした無声期の映画館と音楽の研究」による成果報告会「無声期の時代劇映画と和洋合奏:ヒラノ・コレクションの時代劇伴奏曲集」
日時/1月7日(土)13時30分~17時
プログラム/
第1部 時代劇伴奏曲と作曲家:松平信博、佐々紅華 (13時30分~14時45分)
 解説:紙屋牧子(東京国立近代美術館フィルムセンター)、柴田康太郎(東京大学)、土田牧子(共立女子大学)
 上映作品:『血煙高田馬場』(3通りの音楽による上映)
第2部 「ヒラノ・コレクション」と現代の映画伴奏 (15時5分~17時)
 解説:牧由尚(日本映画研究・映像提供)、紙屋牧子、白井史人(早稲田大学演劇博物館)
 上映作品:『一殺多生剣』(2通りの音楽による上映)
出演/片岡一郎(活動写真弁士)、Izumi(flute)、川上統(cello)、丹原要(piano)、古橋ゆき(violin)、 宮澤やすみ(shamisen)、湯浅ジョウイチ(guitar, conductor)
会場/早稲田大学小野記念講堂
料金/無料・御予約不要
問い合わせ先/柴田康太郎(研究分担者)
 Mail: shibata_67k_atmark_hotmail.com
 (_atmark_は@にかえて送信してください)
主催/早稲田大学演劇博物館演劇映像学連携研究拠点 公募研究「楽譜資料を中心とした無声期の映画館と音楽の研究」
協力/牧由尚(画像・映像提供)

1月7日 早稲田ヒラノコレクション 表

1月7日 早稲田ヒラノコレクション 裏



●活動写真弁士・片岡一郎の無声映画上映会
日時/1月11日(水) 開場18:30、開演19:30
演目/『血煙荒神山』『動絵狐狸建引』『Milady the Jockey』
出演/片岡一郎、宮澤やすみ(三味線)、山内菜々子
会場/ワロスロードカフェ
料金/2500円+別途1ドリンクオーダー
予約/E-mail: waross@j-spirit.biz
     Tel: 050-5316-5672 (ワロスロードカフェ)

2017年1月11日 活動写真弁士・片岡一郎の無声映画上映会



●片岡一郎一座 活動写真ワールドツアー 東京公演
日時/1月12日 開場・18時30分、開演・19時
演目/『雄呂血』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、田中まさよし(太鼓)、宮澤やすみ(三味線)、山城秀之
会場/ハンズエキスポカフェ(銀座東急プラザ7F)
料金/2500円+1ドリンクオーダー
ご予約/03-3572-2285(ハンズエキスポカフェ)

1月12日 片岡一郎一座 写真ワールドツアー 東京公演

 私の旅はアーツカウンシル東京さんの支援で行われています。
 ありがたいことです。

アーツカウンシル東京ロゴ2016

|12/27| 活弁コメント(0)TB(0)
 クリスマスですか?
 クリスマスですね?
 日本のクリスマスはいかがでしょうか?
 ドイツはクリスマスマーケットが連日楽しく開かれております。
 クリスマスマーケットの食べ物は大抵高いのです。日本の夏祭りでかき氷や焼きそば買うと高いでしょ?あの感じです。

 もう今年の仕事納めを致しました。
 事務作業は自室でしますけど、無声映画の上映とか仕事になりません、ここからは。

 そんな訳で気持ちは来年で御座います。
 年明け一発目は早稲田大学です。

●「楽譜資料を中心とした無声期の映画館と音楽の研究」による成果報告会「無声期の時代劇映画と和洋合奏:ヒラノ・コレクションの時代劇伴奏曲集」
日時/1月7日(土)13時30分~17時
プログラム/
第1部 時代劇伴奏曲と作曲家:松平信博、佐々紅華 (13時30分~14時45分)
 解説:紙屋牧子(東京国立近代美術館フィルムセンター)、柴田康太郎(東京大学)、土田牧子(共立女子大学)
 上映作品:『血煙高田馬場』(3通りの音楽による上映)
第2部 「ヒラノ・コレクション」と現代の映画伴奏 (15時5分~17時)
 解説:牧由尚(日本映画研究・映像提供)、紙屋牧子、白井史人(早稲田大学演劇博物館)
 上映作品:『一殺多生剣』(2通りの音楽による上映)
出演/片岡一郎(活動写真弁士)、Izumi(flute)、川上統(cello)、丹原要(piano)、古橋ゆき(violin)、 宮澤やすみ(shamisen)、湯浅ジョウイチ(guitar, conductor)
会場/早稲田大学小野記念講堂
料金/無料・御予約不要
問い合わせ先/柴田康太郎(研究分担者)
 Mail: shibata_67k_atmark_hotmail.com
 (_atmark_は@にかえて送信してください)
主催/早稲田大学演劇博物館演劇映像学連携研究拠点 公募研究「楽譜資料を中心とした無声期の映画館と音楽の研究」
協力/牧由尚(画像・映像提供)

 なんていうか、タイトル長ぇよっていうね。
 研究発表なので仕方ないのですが。
 早稲田大学に収蔵されている品川娯楽館で無声映画時代に実際に使われていた楽譜を使用して、当時の音楽を再現しようという意欲的な試みです。映画も良し、音楽も良しのイベントになるのは間違いありません。弁士は、うん良しという事にしておこうね。
 上映作品は歌舞伎座で古舘さんが弁士をされた『血煙高田馬場』、そして近年新たに発見された『一殺多生剣』です。つまりはプチ伊藤大輔祭りです。そして複数の音楽で作品を見る試みをするために、『血煙高田馬場』は三回、『一殺多生剣』は二回も見られます。どうでもいい映画を二回も三回も見るのはつらいですが、この二本なら何度見ても、というか何度も見たい作品ですからね。是非ともお運び頂きたいと思います。
 それにしても宮澤やすみさんとは、ここでご一緒して、ワロスロードでご一緒して、ハンズエキスポカフェでご一緒して、ヨーロッパツアーでご一緒して、一月の半分は一緒に居る……。
 日程が迫ってからのお知らせですが、是非ともお運びくださいませませ。

 さらにこんな公演も一月は御座いますよ。

●活動写真弁士・片岡一郎の無声映画上映会
日時/1月11日(水) 開場18:30、開演19:30
演目/『血煙荒神山』『動絵狐狸建引』『Milady the Jockey』
出演/片岡一郎、宮澤やすみ(三味線)、山内菜々子
会場/ワロスロードカフェ
料金/2500円+別途1ドリンクオーダー
予約/E-mail: waross@j-spirit.biz
     Tel: 050-5316-5672 (ワロスロードカフェ)

2017年1月11日 活動写真弁士・片岡一郎の無声映画上映会

●片岡一郎一座 活動写真ワールドツアー 東京公演
日時/1月12日 開場・18時30分、開演・19時
演目/『雄呂血』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、田中まさよし(太鼓)、宮澤やすみ(三味線)、山城秀之
会場/ハンズエキスポカフェ(銀座東急プラザ7F)
料金/2500円+1ドリンクオーダー
ご予約/03-3572-2285(ハンズエキスポカフェ)

1月12日 片岡一郎一座 写真ワールドツアー 東京公演

 こうした行ったり来たりはアーツカウンシル東京さんの支援で実現しております。
 感謝感激。

アーツカウンシル東京ロゴ2016
|12/23| 活弁コメント(0)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。