FC2ブログ
 今後の資料の為に海外公演の記録をまとめておくべきだとちょいちょい言われるので、えいやっとまとめました。
 まだ日程とイベント名、会場程度のデータですが、これから随時上映作品、共演ピアニストなどの情報を追加してゆく予定です。これ以外にも大学の日本語や映画史の授業でお喋りしたり実演したりは結構してますが、流石に日程が特定できませんです。

 公演で行った事のある国はクロアチア、ドイツ、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イタリア、オーストリア、チェコ、ウクライナ、イギリス、スイス、ポーランド、オランダ、ベルギー、フランスの15語ヵ国です。(2016年8月現在)


2007年
7月 
24日 Motovun Film Festival (クロアチア/モトヴン)

2008年
4月 
4日  Nippon Connection2008(ドイツ・フランクフルト/Goethe-Universität)

2009年
12月 
12日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)

2011年
3月 
オーストラリア無声映画ツアー
3日 Adelaide Film Festival2011(アデレード/Cinema Piccadilly)
5日 オーストラリア映像センター公演(メルボルン/Australian Center for The Moving Image)
6日 シドニー・オペラハウス公演(シドニー/Sydney Opera House)
10~11日 ナショナルフィルム&サウンドアーカイブ公演(キャンベラ/The National Film and Sound Archive)
   
8月  
16~18日 Internationale Stummfilmtage Bonn(ドイツ・ボン/Universität Bonn )

2012年
5月 
音和座&片岡一郎ドイツツアー
5日 Nippon Connection2012(フランクフルト/Goethe-Universität)
8日 楽団と活動写真弁士による無声映画上映会(ボン/Universität Bonn)

9月~ ミシガン大学芸術家滞在プログラムにより渡米(2013年3月まで)
14、21、28日 Silent Ozu(ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)

10月  
5、12、19、26日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
11日 インディアナ大学公演(インディアナ/Indiana University)
17日 カンザス大学公演(カンザス/Helen Foresman Spencer Museum)
21日 スミソニアン博物館公演(ワシントンD.C./Freer Gallery of Art and Arthur M. Sackler Gallery)
27日 シカゴ大学公演(イリノイ/University of Chicago)

11月 
2、9日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
16日 クリーブランド・シネマテーク公演(オハイオ/Cleveland Cinematheque)
18、19日 ハーバード大学公演(マサチューセッツ/Harvard Film Archive)
20日 ボストン大学公演(マサチューセッツ/Boston University)

12月 
クロアチアツアー
16日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)
18日 Film Mutations (クロアチア・リエカ/Art Kino Croatia)

2013年
1月
11日 デトロイト博物館公演(ミシガン/Detroit Institute of Arts)
18日 アリゾナ大学公演(アリゾナ/University of Arizona)
28~30日 ウェスタンオンタリオ大学公演(カナダ・ロンドン/University of Western Ontario)

2月
23日 Kataoka Ichiro's Sayonara Performance (ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)
25日 PASSING FANCY featuring live benshi ICHIRO KATAOKA(ニューヨーク/Film Forum)
26日 The films of Kenji Mizoguchi(ニューヨーク/Bard College)

3月
24日 Association for Asian Studies(カリフォルニア/Manchester Grand Hyatt San Diego)

10月~ボン大学の招聘によりドイツ滞在(12月29日まで)
10日 Le Giornate del Cinema Muto 2013(イタリア・ポルデノーネ/Teatro Verdi)
19日 春風亭一之輔欧州公演(ドイツ・デュッセルドルフ・Hotel Nikko Düsseldorf)

11月
7日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(オーストリア・リンツ/Mlandes Museum)
8日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(チェコ共和国/Kavárna Pontes)
29日  Film als Aufführungskunst (ドイツ・ケルン/Japanisches Kulturinstitut Köln)

12月
5日  Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/Kino Tuškanac)
9日  日本学特別講義 (ドイツ・ボン/Universität Bonn)
15日 Froschkönig上映会(ドイツ・ベルリン/Froschkönig)      
17日 BENSHI(ドイツ・ベルリン/Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin)

2014年
6月
27日 Німі ночі(ウクライナ/オデッサ)

9月
3日 Zeitsprung Kino Tokyo 1914(ドイツ・ベルリン/Kino Babylon)
6日 The East Asian Dimension of the First World War(ドイツ・ボーフム/the Municipal Archive Bochum)
28日 The Sound of Silent Film : A Two-Part Benshi Event(アメリカ・ニューヨーク州/ハミルトンカレッジ)

10月
7日 Le Giornte Del Cinema Muto(イタリア・ポルデノーネ/テアトロ ヴェルディ)
21日 Classic Japanese Cinema with Benshi performance by Ichiro Kataoka(イギリス・マンチェスター/マンチェスター大学)

11月
22日 KATSUBEN Der japanische Stummfilm(ドイツ・ケルン/天理文化工房)
23日 Stummfilm mit Musikbegleitung(ドイツ・フライブルグ/Kommunales Kino)
30日 Film mutations(クロアチア・ザグレブ/ザグレブ現代美術館)

12月
1~7日 Benshi erzählt(オーストリア・ウィーン/Metro Kinokulturhaus)
10日 Kabuki in the Silent Movies of Japan(スイス・チューリッヒ/Universität Zürich)
18日 Kurama Tengu(ドイツ・ボン/ボン大学講堂)

2015年
4月
24日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)
25日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)

6月
4日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
6日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
7日 Nippon Connection BENSHI-WORKSHOP – BRINGING SILENT FILMS TO SPEAK(ドイツ/フランクフルト)
スポンサーサイト



|01/01| 活弁コメント(0)TB(0)
 昨日お知らせいたしました国立映画アーカイブの翌日は大阪で御座います。
 二日続けての仕事なんていつぶりかしら。そして9日にも収録の仕事が御座いますので、なんと三日続けてのお喋り仕事。
 この状況下ではまずまずのペースなんじゃないかしら。
 
 早いところ安定すると良いですね。

●『映像と音楽の大正昭和』戦前のジャズ音楽と活動弁士
日時/2020年7月11日18時~
出演/青木研(bj&gt)、渡邊恭一(cl&sax)、片岡一郎、保利透(司会)
演目/『鞍馬天狗』(短縮版)、他
会場/大阪府立中之島図書館3階レンタルスペース2
料金/5,000円(ぐらもくらぶCD『"対話TAIWA"蔵であそぶ』ほか合計3枚進呈いたします)

『映像と音楽の大正昭和』戦前のジャズ音楽と活動弁士

 料金5000円で一瞬ヒルむかもしれませんが、よく見て頂くと、なんとぐらもくらぶのCDが付いてきます。
 正直、エラいお得です。これだけお得なら、前日の国立映画アーカイブを見て、翌日は大阪でも良いくらい。
 そんなこんなでご来場お待ちしております。

 国立映画アーカイブのご案内は以下の通りです。

●松竹第一主義 松竹映画の100年
日時/2020年7月10日19時~
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
演目/『海浜の女王』『晴ゆく空』『石川五右ヱ門の法事』
会場/国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU
料金/一般1,050円 高校・大学生・シニア840円 小・中学生600円
前売り券販売はチケットぴあ[Pコード:551-117]にて

松竹第一主義 松竹映画の100年



|07/07| 活弁コメント(0)TB(0)
 みなさーーん。
 お元気ですか? 僕はお元気ですが、仕事が御座いません。
 いやはや浮草稼業のツラさを突き付けられる今日このコロナんですが、まあ何とか逃げ切りたいと思います。

 そんな訳でこの数か月舞台に立つこともあまり出来ずフラストレーションがたまっておりましたが、久しぶりの国立映画アーカイブのお仕事ですよ。なんですか、全席前売り、当日券無しという受付できっと揉めるんだろうなと予想されてしまう形式での上映です。
 はたして上手くいくやいかざるや。

 そして久しぶりに説明台本を書いている私の説明は大丈夫なのか。
 などなど見どころ沢山の国立映画アーカイブに是非ともお越しくださいませ。

 詳細は下記の通りで御座います。

●松竹第一主義 松竹映画の100年
日時/2020年7月10日19時~
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
演目/『海浜の女王』『晴ゆく空』『石川五右ヱ門の法事』
会場/国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU
料金/一般1,050円 高校・大学生・シニア840円 小・中学生600円
前売り券販売はチケットぴあ[Pコード:551-117]にて

松竹第一主義 松竹映画の100年

 弁士・楽士付の回は105席定員となり、関係者席も御座いません。
 また私と上屋の出演回いがいにも、師匠澤登翠、湯浅ジョウイチ、鈴木真紀子、柳下美恵、神崎えりの皆さんが出演される充実のプログラムですので、是非是非そちらにもお越しくださいませ。

 告知は明日も致しますよっと。
 仕事くれぇ。
 
|07/06| 活弁コメント(0)TB(0)
 このブログを書いている時間、本来僕はアメリカに居る予定でした。
 ですが現実には練馬におります。米国風に書けばNerimaです。

 なぜかというとですね、渡航の許可が出ませんでですね。
 日本はアメリカとの間にビザ免除措置が施行されておりまして、短期間の滞在であれば事前のビザ申請をしなくても日本人はアメリカに入国する事が出来るのです。しかし、アメリカはセキュリティの厳しい国なので事前にビザ免除の措置が取られている国の國民であっても渡航認証システムに登録してからでないとやっぱり入国は出来ません。この認証システムをESTAと言います。
 
 そのESTAの手続きをしたら「渡航は承認されませんでした」って言われてしまいましてですね……。

 アメリカに入国が出来ないのですから、飛行機に乗る事も出来ません。
 そんな訳で日本でぼんやりとしております。
 こうなった理由は何となく予想しておりますが、米国が認証拒否の理由を開示する事はありませんので、予想があたっているかは分かりません。とはいえ、僕自身は米国から渡航を拒否されるような悪事は働いて居りませんので、困ったなあという状況です。現状のままだと僕は今後アメリカに行くためにはその都度、ビザ申請をしなければなりません。しかも僕の履歴にはESTA承認拒否の履歴がありますから、ビザが発行される可能性も若干落ちますし、ビザが発行されても空港で入国拒否をされるかもしれないのです。
 困ったなあという状況でしょ?

 これまで十年ばかりかけて、国外で活躍する活動弁士の立場をようやく築いたきたのに、アメリカを封じられるのは何としても辛い。しかも自分に落ち度はないのに。最悪、二度とアメリカに行けなくなっちゃうんだものね。それはあまりにも悲しい。
 現在、米国の友人知人が何とかできないか方法を(もちろん合法的な)探ってくれていますので事態が好転する事を願うばかりです。自分に落ち度はない、と書きましたが、といって米国の制度に落ち度がある訳ではないのです。ESTAも米国の安全を守るための制度として運用されているので、僕の承認拒否は不幸なボタンの掛け違いという訳です。

 とりあえずですね、トランプ大統領と仲のいい方は是非ご紹介ください。

 そんな窮地に立たされている国際派弁士の片岡一郎さんの出演情報です。
 二つまとめてご紹介します。
 可哀そうな僕を助けると思ってどちらもいらしてね。

●特別展「あれもこれも大江戸漫画づくし」連携企画 無声映画上映会
日時/2020年2月16日 開場:13時30分、開演:14時
演目/『なまくら刀』『豪傑児雷也』『御誂治郎吉格子』
演目/映楽四重奏(弁士/片岡一郎、ピアノ/上屋安由美、三味線/宮澤やすみ、太鼓/田中まさよし
会場/大泉学園ゆめりあホール
料金/全席指定 2,000円、友の会会員  1,800円(2枚まで)
ご予約/予約電話 03-3948-9000(10:00~17:00)、WEB(要利用登録【無料】)​​​​

20200216 特別展「あれもこれも大江戸漫画づくし」連携企画 無声映画上映会

●ネタバレ全開 映画『カツベン!』をとことん語る会
日時/2020年2月22日19時~21時30分
演目/『国定忠治』『ジゴマ』「『カツベン!』ネタバレ全開トーク」
出演/片島章三(『カツベン!』脚本担当)、片岡一郎、湯浅ジョウイチ(ギター)
会場/池袋コミュニティ・カレッジ
料金/2335円
お問い合わせ/03-5949-5488

20200202 ネタバレ全開 映画『カツベン!』をとことん語る会

 我ながら面白い人生を歩んでいるとは思います。
 再びアメリカに行けるかも含めて、見守って、というか高みの見物と洒落込んでくださいな。


 

|02/11| 活弁コメント(0)TB(0)
 ☆最初に
 ブログの日付機能マジックで常にこの記事が先頭になるようにしてみました。ブログは非日常的に更新しておりますので、下までズズいと御覧下さいまし。

 ここでは、自分がこれまでに演った演目をドドンと紹介します。台本を無くしたりしない限りはこれで全部のはずです。随時追加の予定なので総数は書きません。いずれは制作年代や監督・主演、一言コメントなぞ追加したいと思っています。洋画の部、邦画の部、アニメの部、記録・ニュース映画の部、ポルノ映画の部、終わりました。

 このタイトルリストを誰かが見て、私の存在に気が付き、そして仕事が舞い込み、さらには有名になって、お金持ちになって、偉くなる、という青写真を描いております。青写真て言葉も死後だね、そういえば。

 そんな訳で長いです。データもありませんから、専門の方以外は全く意味のないリストです。もっとも専門の方だって大して映画の事を知りゃあしないのです。俺もだけど。
|01/01| 演目コメント(1)TB(1)