FC2ブログ
 今後の資料の為に海外公演の記録をまとめておくべきだとちょいちょい言われるので、えいやっとまとめました。
 まだ日程とイベント名、会場程度のデータですが、これから随時上映作品、共演ピアニストなどの情報を追加してゆく予定です。これ以外にも大学の日本語や映画史の授業でお喋りしたり実演したりは結構してますが、流石に日程が特定できませんです。

 公演で行った事のある国はクロアチア、ドイツ、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イタリア、オーストリア、チェコ、ウクライナ、イギリス、スイス、ポーランド、オランダ、ベルギー、フランスの15語ヵ国です。(2016年8月現在)


2007年
7月 
24日 Motovun Film Festival (クロアチア/モトヴン)

2008年
4月 
4日  Nippon Connection2008(ドイツ・フランクフルト/Goethe-Universität)

2009年
12月 
12日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)

2011年
3月 
オーストラリア無声映画ツアー
3日 Adelaide Film Festival2011(アデレード/Cinema Piccadilly)
5日 オーストラリア映像センター公演(メルボルン/Australian Center for The Moving Image)
6日 シドニー・オペラハウス公演(シドニー/Sydney Opera House)
10~11日 ナショナルフィルム&サウンドアーカイブ公演(キャンベラ/The National Film and Sound Archive)
   
8月  
16~18日 Internationale Stummfilmtage Bonn(ドイツ・ボン/Universität Bonn )

2012年
5月 
音和座&片岡一郎ドイツツアー
5日 Nippon Connection2012(フランクフルト/Goethe-Universität)
8日 楽団と活動写真弁士による無声映画上映会(ボン/Universität Bonn)

9月~ ミシガン大学芸術家滞在プログラムにより渡米(2013年3月まで)
14、21、28日 Silent Ozu(ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)

10月  
5、12、19、26日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
11日 インディアナ大学公演(インディアナ/Indiana University)
17日 カンザス大学公演(カンザス/Helen Foresman Spencer Museum)
21日 スミソニアン博物館公演(ワシントンD.C./Freer Gallery of Art and Arthur M. Sackler Gallery)
27日 シカゴ大学公演(イリノイ/University of Chicago)

11月 
2、9日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
16日 クリーブランド・シネマテーク公演(オハイオ/Cleveland Cinematheque)
18、19日 ハーバード大学公演(マサチューセッツ/Harvard Film Archive)
20日 ボストン大学公演(マサチューセッツ/Boston University)

12月 
クロアチアツアー
16日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)
18日 Film Mutations (クロアチア・リエカ/Art Kino Croatia)

2013年
1月
11日 デトロイト博物館公演(ミシガン/Detroit Institute of Arts)
18日 アリゾナ大学公演(アリゾナ/University of Arizona)
28~30日 ウェスタンオンタリオ大学公演(カナダ・ロンドン/University of Western Ontario)

2月
23日 Kataoka Ichiro's Sayonara Performance (ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)
25日 PASSING FANCY featuring live benshi ICHIRO KATAOKA(ニューヨーク/Film Forum)
26日 The films of Kenji Mizoguchi(ニューヨーク/Bard College)

3月
24日 Association for Asian Studies(カリフォルニア/Manchester Grand Hyatt San Diego)

10月~ボン大学の招聘によりドイツ滞在(12月29日まで)
10日 Le Giornate del Cinema Muto 2013(イタリア・ポルデノーネ/Teatro Verdi)
19日 春風亭一之輔欧州公演(ドイツ・デュッセルドルフ・Hotel Nikko Düsseldorf)

11月
7日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(オーストリア・リンツ/Mlandes Museum)
8日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(チェコ共和国/Kavárna Pontes)
29日  Film als Aufführungskunst (ドイツ・ケルン/Japanisches Kulturinstitut Köln)

12月
5日  Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/Kino Tuškanac)
9日  日本学特別講義 (ドイツ・ボン/Universität Bonn)
15日 Froschkönig上映会(ドイツ・ベルリン/Froschkönig)      
17日 BENSHI(ドイツ・ベルリン/Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin)

2014年
6月
27日 Німі ночі(ウクライナ/オデッサ)

9月
3日 Zeitsprung Kino Tokyo 1914(ドイツ・ベルリン/Kino Babylon)
6日 The East Asian Dimension of the First World War(ドイツ・ボーフム/the Municipal Archive Bochum)
28日 The Sound of Silent Film : A Two-Part Benshi Event(アメリカ・ニューヨーク州/ハミルトンカレッジ)

10月
7日 Le Giornte Del Cinema Muto(イタリア・ポルデノーネ/テアトロ ヴェルディ)
21日 Classic Japanese Cinema with Benshi performance by Ichiro Kataoka(イギリス・マンチェスター/マンチェスター大学)

11月
22日 KATSUBEN Der japanische Stummfilm(ドイツ・ケルン/天理文化工房)
23日 Stummfilm mit Musikbegleitung(ドイツ・フライブルグ/Kommunales Kino)
30日 Film mutations(クロアチア・ザグレブ/ザグレブ現代美術館)

12月
1~7日 Benshi erzählt(オーストリア・ウィーン/Metro Kinokulturhaus)
10日 Kabuki in the Silent Movies of Japan(スイス・チューリッヒ/Universität Zürich)
18日 Kurama Tengu(ドイツ・ボン/ボン大学講堂)

2015年
4月
24日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)
25日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)

6月
4日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
6日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
7日 Nippon Connection BENSHI-WORKSHOP – BRINGING SILENT FILMS TO SPEAK(ドイツ/フランクフルト)
スポンサーサイト
|01/01| 活弁コメント(0)TB(0)
 本日三つ目の告知です。
 そしてこちらは明々後日(おい)。

映画の樹シリーズ『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』
日時/8月10日15時00分~
出演/鳥飼りょう(ピアノ)、片岡一郎
演目/大人の見る繪本 生れてはみたけれど
会場/プラネットプラスワン
料金/一般1800円, 会員・学生1600円, 20才以下1100円

2019,08,10 プラネット 生れてはみたけれど

 これはですね、結構歴史的な出来事なんですよ。
 プラネットプラスワンに澤登の弟子である私が出るんです。
 どう凄いか分からないでしょうけど、でも凄いんです。 
 あんまり凄いので、体験しに来てくださいませ。

カナザワ映画祭 in 新文芸坐 ~大怪談大会~ クトゥルー怪談
日時/8月9日13時30分~
出演/片岡一郎
演目/クトゥルーの呼び声
会場/新文芸坐
料金/前売 1400円  当日 1600円
主催:一般社団法人 映画の会

2019,08,09 カナザワ映画祭 in 新文芸坐 ~大怪談大会~


活弁でGO! ~笑いと言葉で魅せるサイレントコンビ芸 /笑いで蘇る京都ニュース~
日時/8月9日 開場18時30分、開演19時
出演/MC:学天即
    お~い!久馬(ザ・プラン9)、スーパーマラドーナ金属バットツートライブ大森くみこ
企画・出演:/立川直樹/片岡一郎
演奏:/鳥飼りょう天宮遥
会場/ポストよしもと
料金/2000円


●第8回 片岡一郎の活動写真勉強会
日時/8月25日19時~
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ) 
ゲスト/劇団KEYBOARD
会場/喫茶・茶会記
料金/3000円(1D付)
ご予約・お問い合わせ/syoseibusi@yahoo. co.jp(片岡)
|08/07| 活弁コメント(0)TB(0)
 すみません、明後日です、その二。
 いけませんね、こういうこっちゃ。

活弁でGO! ~笑いと言葉で魅せるサイレントコンビ芸 /笑いで蘇る京都ニュース~
日時/8月9日 開場18時30分、開演19時
出演/MC:学天即
    お~い!久馬(ザ・プラン9)、スーパーマラドーナ金属バットツートライブ大森くみこ
企画・出演:/立川直樹/片岡一郎
演奏:/鳥飼りょう天宮遥
会場/ポストよしもと
料金/2000円

 心ある無声映画ファンから眉を顰められながら続いております「活弁でGO!」も回を重ねております。
 吉本興業×活弁の未来はどこだ? 
 そして昼に『クトゥルフの呼び声』を演って、夜はこれって俺は何なんだ。
 という訳で東西両方でお待ちしております。


カナザワ映画祭 in 新文芸坐 ~大怪談大会~ クトゥルー怪談
日時/8月9日13時30分~
出演/片岡一郎
演目/クトゥルーの呼び声
会場/新文芸坐
料金/前売 1400円  当日 1600円
主催:一般社団法人 映画の会

2019,08,09 カナザワ映画祭 in 新文芸坐 ~大怪談大会~


●第8回 片岡一郎の活動写真勉強会
日時/8月25日19時~
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ) 
ゲスト/劇団KEYBOARD
会場/喫茶・茶会記
料金/3000円(1D付)
ご予約・お問い合わせ/syoseibusi@yahoo. co.jp(片岡)
|08/07| 活弁コメント(0)TB(0)
 すみません、明後日です、その一。
 片目が見えない子なので許して。

カナザワ映画祭 in 新文芸坐 ~大怪談大会~ クトゥルー怪談
日時/8月9日13時30分~
出演/片岡一郎
演目/クトゥルーの呼び声
会場/新文芸坐
料金/前売 1400円  当日 1600円
主催:一般社団法人 映画の会

2019,08,09 カナザワ映画祭 in 新文芸坐 ~大怪談大会~

 アタクシは高校時代ずっとラブクラフト作品を読んでおりまして、弁士になってからラブクラフト作品は無声映画と親和性高いんじゃないかと思ってたんですが、世の中には同じような事考える人がいるもんですね。2005年に無声映画で『クトゥルーの呼び声』を採っちゃった人が居たという。その存在を知ってから「いつかやりたい」って方々で言っていたらうまい具合にカナザワ映画祭さんに僕の叫びが届いたという次第。
 そんなに怖くないので、ホラーが苦手な方もいらして下さいませ。
 ちなみに『クトゥルーの呼び声』の弁士付き上映は世界初です。これを見逃す手は御座いませんぜ。

 そして久しぶりの勉強会もどうぞよろしくお願いいたします。

●第8回 片岡一郎の活動写真勉強会
日時/8月25日19時~
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ) 
ゲスト/劇団KEYBOARD
会場/喫茶・茶会記
料金/3000円(1D付)
ご予約・お問い合わせ/syoseibusi@yahoo. co.jp(片岡)

|08/07| 活弁コメント(0)TB(0)
 片目が見えないのよ~。
 という訳で、SNSではお知らせ済ですが、網膜剥離男になってしまいました。
 もうね、突然。
 あれ、今夜は飛蚊症が激しいなと思った次の日の昼には左目の視界は完全に濁って何も見えない状態になり、休日診療をやっている病院→眼底カメラのある病院→大学病院と転々としている四日間で視界の九割がブラックアウト、からの即日入院、翌日手術。
 
 今はもう退院しております。

 周囲は「僕もなったけど治りました。安心して」や「私は治りませんでした。油断しないで下さい」まで様々なアドバイスをくれております。どうすりゃええっちゅんねん。 
 しかしまあ、人間になぜ目が二つもあるかというと、それは片方見えなくなっても困らない様になんですかね。
 両方見えなくなることも勿論あるでしょうし、何事もなく生涯を終えられる方、あるいは生まれつき見えない方もいらっしゃるわけですが、そういった様々な事情はあるにしても、やっぱりスペアの意味合いは強いのかなと思った次第です。
 願わくば再び両目で世界が見られますように。
 次の検診は六日で御座います。

 で、勉強会やります。
 告知をしようと思った矢先に入院だったのでこんなにズレ込んじゃって、困ってしまシマウマで御座います。
 きっと入院の話を赤裸々にすると思いますが、痛い話は極力避けますのでいらして頂けますと幸いです。
 そして今回はゲストもありよ。

●第8回 片岡一郎の活動写真勉強会
日時/8月25日19時~
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ) 
ゲスト/劇団KEYBOARD
会場/喫茶・茶会記
料金/3000円(1D付)
ご予約・お問い合わせ/syoseibusi@yahoo. co.jp(片岡)

 
 チラシ、御座いません。すみません。入院が悪いんでごわす。 
 劇団KEYBOARDさんは2018年3月に『これにて、』という弁士の物語を舞台でやって下さった劇団です。
 その時から、いずれ僕の会にゲストで出て弁士をやってね、とお願いしていたのですが、一年の時を経てようやく実現しました。なぜこんなにゲストにお呼びするのが遅くなったかと言うと、全て僕の怠惰が理由です。
 どうぞご容赦くださいませ。
 彼らが『これにて、』をやったのと、周防監督が『カツベン!』(その時はまだタイトル未定でした)の制作決定発表をしたのがほぼ同時期でして、僕はこの流れを見て、これから弁士が来ちゃうんじゃないかと大いに期待したのでした。そういえば『これにて、』にはひっそり周防監督もいらして下さっていたんですぜ。

 僕は何をやるか、現在一生懸命考え中です。
 退院祝いと言う事で、是非々々遊びに来てやってください。
 ゲストの具体的なメンバーは近日中に発表します。ええ必ず近日中に。

 
|08/04| 活弁コメント(0)TB(0)