今後の資料の為に海外公演の記録をまとめておくべきだとちょいちょい言われるので、えいやっとまとめました。
 まだ日程とイベント名、会場程度のデータですが、これから随時上映作品、共演ピアニストなどの情報を追加してゆく予定です。これ以外にも大学の日本語や映画史の授業でお喋りしたり実演したりは結構してますが、流石に日程が特定できませんです。

 公演で行った事のある国はクロアチア、ドイツ、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イタリア、オーストリア、チェコ、ウクライナ、イギリス、スイス、ポーランド、オランダ、ベルギー、フランスの15語ヵ国です。(2016年8月現在)


2007年
7月 
24日 Motovun Film Festival (クロアチア/モトヴン)

2008年
4月 
4日  Nippon Connection2008(ドイツ・フランクフルト/Goethe-Universität)

2009年
12月 
12日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)

2011年
3月 
オーストラリア無声映画ツアー
3日 Adelaide Film Festival2011(アデレード/Cinema Piccadilly)
5日 オーストラリア映像センター公演(メルボルン/Australian Center for The Moving Image)
6日 シドニー・オペラハウス公演(シドニー/Sydney Opera House)
10~11日 ナショナルフィルム&サウンドアーカイブ公演(キャンベラ/The National Film and Sound Archive)
   
8月  
16~18日 Internationale Stummfilmtage Bonn(ドイツ・ボン/Universität Bonn )

2012年
5月 
音和座&片岡一郎ドイツツアー
5日 Nippon Connection2012(フランクフルト/Goethe-Universität)
8日 楽団と活動写真弁士による無声映画上映会(ボン/Universität Bonn)

9月~ ミシガン大学芸術家滞在プログラムにより渡米(2013年3月まで)
14、21、28日 Silent Ozu(ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)

10月  
5、12、19、26日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
11日 インディアナ大学公演(インディアナ/Indiana University)
17日 カンザス大学公演(カンザス/Helen Foresman Spencer Museum)
21日 スミソニアン博物館公演(ワシントンD.C./Freer Gallery of Art and Arthur M. Sackler Gallery)
27日 シカゴ大学公演(イリノイ/University of Chicago)

11月 
2、9日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
16日 クリーブランド・シネマテーク公演(オハイオ/Cleveland Cinematheque)
18、19日 ハーバード大学公演(マサチューセッツ/Harvard Film Archive)
20日 ボストン大学公演(マサチューセッツ/Boston University)

12月 
クロアチアツアー
16日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)
18日 Film Mutations (クロアチア・リエカ/Art Kino Croatia)

2013年
1月
11日 デトロイト博物館公演(ミシガン/Detroit Institute of Arts)
18日 アリゾナ大学公演(アリゾナ/University of Arizona)
28~30日 ウェスタンオンタリオ大学公演(カナダ・ロンドン/University of Western Ontario)

2月
23日 Kataoka Ichiro's Sayonara Performance (ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)
25日 PASSING FANCY featuring live benshi ICHIRO KATAOKA(ニューヨーク/Film Forum)
26日 The films of Kenji Mizoguchi(ニューヨーク/Bard College)

3月
24日 Association for Asian Studies(カリフォルニア/Manchester Grand Hyatt San Diego)

10月~ボン大学の招聘によりドイツ滞在(12月29日まで)
10日 Le Giornate del Cinema Muto 2013(イタリア・ポルデノーネ/Teatro Verdi)
19日 春風亭一之輔欧州公演(ドイツ・デュッセルドルフ・Hotel Nikko Düsseldorf)

11月
7日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(オーストリア・リンツ/Mlandes Museum)
8日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(チェコ共和国/Kavárna Pontes)
29日  Film als Aufführungskunst (ドイツ・ケルン/Japanisches Kulturinstitut Köln)

12月
5日  Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/Kino Tuškanac)
9日  日本学特別講義 (ドイツ・ボン/Universität Bonn)
15日 Froschkönig上映会(ドイツ・ベルリン/Froschkönig)      
17日 BENSHI(ドイツ・ベルリン/Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin)

2014年
6月
27日 Німі ночі(ウクライナ/オデッサ)

9月
3日 Zeitsprung Kino Tokyo 1914(ドイツ・ベルリン/Kino Babylon)
6日 The East Asian Dimension of the First World War(ドイツ・ボーフム/the Municipal Archive Bochum)
28日 The Sound of Silent Film : A Two-Part Benshi Event(アメリカ・ニューヨーク州/ハミルトンカレッジ)

10月
7日 Le Giornte Del Cinema Muto(イタリア・ポルデノーネ/テアトロ ヴェルディ)
21日 Classic Japanese Cinema with Benshi performance by Ichiro Kataoka(イギリス・マンチェスター/マンチェスター大学)

11月
22日 KATSUBEN Der japanische Stummfilm(ドイツ・ケルン/天理文化工房)
23日 Stummfilm mit Musikbegleitung(ドイツ・フライブルグ/Kommunales Kino)
30日 Film mutations(クロアチア・ザグレブ/ザグレブ現代美術館)

12月
1~7日 Benshi erzählt(オーストリア・ウィーン/Metro Kinokulturhaus)
10日 Kabuki in the Silent Movies of Japan(スイス・チューリッヒ/Universität Zürich)
18日 Kurama Tengu(ドイツ・ボン/ボン大学講堂)

2015年
4月
24日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)
25日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)

6月
4日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
6日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
7日 Nippon Connection BENSHI-WORKSHOP – BRINGING SILENT FILMS TO SPEAK(ドイツ/フランクフルト)
スポンサーサイト
|01/01| 活弁コメント(0)TB(0)
 近しい方には申上げていますが、今年は日本に居ります。
 例年の夏あたりから海外に住む放浪生活にひと段落つけております。
 なぜといって日本国内の仕事をしっかりやりたいからなんです。
 なのに、仕事の問い合わせが多いの、海外から。
 いま自分でオブラートに包みましたよね。
 日本国内の仕事が少ないの。ここ五年間海外展開中心だったから国内手薄間出てるよね。
 もし海外に行かないで国内営業頑張ってたらと思わないでもないですが、それはそれとして。

 先日お仕事の依頼が来ました。海外から。
 Japanese Avant-garde and Experimental Film Festivalってんですがね、日本のアバンギャルド映画祭ですね。
 そこで『狂った一頁』をやるから来てくれないかと。
 ついては音楽も日本の音楽を付けたいと。
 実際、無声映画に音を付けるだけなら日本からミュージシャン呼ぶ必要はないんですよ。あちらにはNeil Brandをはじめとして凄腕の方々が多くいますから。そんな状況下でも日本から弁士と楽士を招聘して『狂った一頁』を上映したいなんて嬉しいじゃないですか。しかも日本ではフィルムセンターが所蔵している『狂った一頁』は権利等の事情で中々外部上映が出来ないので、今回はジョージ・イーストマン・ハウスからレンタルをしての上映なんだそうです。
 つまり『狂った一頁』という大正15年の日本映画をアメリカからフィルムを借りて、弁士を楽士を日本から呼んで、英国で上映しようとしているんです。

 ただしお金がない。

 本当はねこういう企画に日本からお金がすぐにでる仕組みがあると良いと思うんですよ。
 確実に評価される企画に対して中々お金が出ないで実現しないなんて勿体ないじゃないですか。
 とまあ、そんな愚痴を言っても始まりません。
 そこで映画祭が資金調達の為にクラウドファンディングを実施しました。
 それがこのページで御座います。

 A Page of Madness screening with benshi narration

狂った一頁 クラウドファンディング

 個人的にはクラウドファンディングってあんまり好きな手法じゃないので、自分からやることはない気がしていますが、これは成立してほしい企画なので大いに応援する所存です。
 実際問題としてこのクラウドファンディングが成立しなくても僕はロンドンに行けるの。すでの公式サイトにも弁士が付くって書いてあるし。ただし、現時点での映画祭の資金だけだとさらに楽団を呼んで宿泊もさせてギャラを払うなんて、とても出来ないので心ある映画ファンの皆様にすがろうと言う訳。
 現時点で一緒にロンドンに行くのは私の信頼する仲間である上屋安由美、宮澤やすみ、田中まさよしの御三方です。
 この四人でポルデノーネにも行き、歌舞伎座にも出ておりますし、先日は御成座再稼働三周年を祝福して参りました。
 勿論、この三人以外にも素敵な方々とお仕事をしているワタクシで御座いますが、『狂った一頁』は何と言っても和洋合奏で上映をしたい。その為には私も含めた映楽四重奏がやっぱり一番良いだろうという結論です。勿論ねお金があれば琵琶も呼びたい、ヴァイオリンにも同行してい貰いたいと欲は尽きませんが、資金調達で悩んでいるのにメンバー増やそうとしても仕方ないのですね。 
 このクラウドファンディングは5ポンドから200ポンドまでの枠で寄付が可能です。
 先程も申し上げましたが日本では『狂った一頁』が中々上映できません。
 しかし海外では盛んに上映されています。実を言うと来年別の国でも『狂った一頁』の説明をする依頼が来ています。
 そして先達てはアメリカで『狂った一頁』のBlu-rayが発売されました。
 こんなんで良いのか? 『狂った一頁』は日本映画なのに。
 こうなったら海外での上映実績をドンドンふやして、なし崩し(にはならない気もしますけど)で日本でも上映の機会を増やしてゆこうじゃありませんか。その一歩ともなるこの企画に是非お力添えを賜りたいと、そういう訳で御座います。

 日本のアバンギャルド映画祭

 
|07/23| 活弁コメント(0)TB(0)
 北海道に来ております。函館です。
 函館のとある財団法人が、毎年この時期に海外からの留学生を招いて日本語研修および日本文化に親しんでもらう活動を続けているのです。私は2015年に一度ご依頼を頂いて、今回が二度目で御座います。さっき早速海鮮丼を食べて参りました。ビヴァ海の幸。

 この留学生交流イベント、ご依頼を頂けるのは嬉しいのですが、ひとつ困った事がありまして、講座を英語で話さなけりゃならんのですよ。思えば4年ほど前、40になるまでにイベントのQ&Aで、全て英語の受け答えが出来るのを目的に英語の勉強をしようと思い立ったものですが、40を目前に控えた今、全く目標達成の目処が立っておりません。ドイツ語もしかり。
 我ながら本当に怠惰だなあと思う次第。

 ところで今日、財団の方に伺ったのですが、ここ数年日本に研修に来る学生さんの興味の対象が変化しつつあるというのです。
 かつては日本の何に興味を持っていたかというと第一は経済だったとか。それがいつしか漫画・アニメに変化し、現在では仏教などの文化に関心を持って日本に来る学生さんが増えているそうな。
 確かにね、ここ数年の日本をみて経済に興味を持つとは思えませんですな。一方で漫画・アニメが興味の第一でない事実も非常に面白い傾向です。はてさてクールジャパンは何処へ行く。仏教とか仏像とかを推した方が良いかもしれんのですな。

 さて、本日の告知でゴワス。

●秋田の名匠・辻吉郎監督作品『槍供養』公開90年記念上映
日時/7月16日16時~
演目/『槍供養』『血煙荒神山』『モダン怪談100,000,000円』『石川五右ヱ門の法事』
出演/映楽四重奏 -The Filmquartet-:片岡一郎(活動写真弁士)、田中まさよし(太鼓・秋田県上小阿仁村出身)、宮澤やすみ(三味線)、上屋安由美(ピアノ)
会場/上小阿仁村生涯学習センター
料金/無料
共催/上小阿仁村村役場
企画協力/御成座、絵夢人倶楽部、映画保存協会、京都文化博物館
助成/秋田県文化振興基金助成事業

秋田の名匠・辻吉郎監督作品『槍供養』公開90年記念上映 表

秋田の名匠・辻吉郎監督作品『槍供養』公開90年記念上映 裏

秋田県文化振興基金助成事業ロゴ


●秋田の名匠・辻吉郎監督作品『槍供養』公開90年記念上映
日時/7月16日16時~
演目/『槍供養』『血煙荒神山』『モダン怪談100,000,000円』『石川五右ヱ門の法事』
出演/映楽四重奏 -The Filmquartet-:片岡一郎(活動写真弁士)、田中まさよし(太鼓・秋田県上小阿仁村出身)、宮澤やすみ(三味線)、上屋安由美(ピアノ)
会場/御成座(祝! 再稼働3周年)
料金/無料
企画協力/御成座、絵夢人倶楽部、映画保存協会、京都文化博物館
助成/秋田県文化振興基金助成事業

秋田の名匠・辻吉郎監督作品『槍供養』公開90年記念上映 表

秋田の名匠・辻吉郎監督作品『槍供養』公開90年記念上映 裏

秋田県文化振興基金助成事業ロゴ

 秋田で御座いますよ。
 秋田でやるからには秋田出身の監督の作品を取り上げたいじゃないですか。
 そんな訳で辻吉郎監督と斎藤寅次郎監督の作品を2か所でやろうって企画です。
 ちゃんと助成金も取りました。これで大きく儲かりもしないけど、赤字も御座いません。
 なにしろ四人のチームですから交通費宿泊費だけでも結構かかるんすよ。我々が日本全国津々浦々どこにいっても集客が問題ない程の著名人なら助成金何てとらなくても良いんですが、理想は理想、現実は現実。ともあれ、御成座で何かやりたいですねと何となく話が始まって2年以上の時を経てようやく実現です。いやはや長かった。
 そもそも私が御成座を初めて知ったのは再稼働前ですから。かつて弁士として活躍し、その後70~80年代にかけて大館を中心に再度、弁士の活動をされていた鳥潟幸蔵先生について調べに行ったのはかれこれ10年近く前になるでしょうか。その時に地元の映画サークルである絵夢人倶楽部さんに御成座を教えて頂いたのが関心の始まりでした。あの時は映画館として稼働しておらず、まさかこうやって実際に上映が出来る日が来ようとは思いもよらぬ事で、なんだか感慨もひとしおなのでありますよ。

 そんな御成座を紹介して下さった絵夢人倶楽部の越前貞久さんにも、この2日間の公演では弁士として出演して頂きます。
 実は先ほど名前を出した鳥潟さんは絵夢人倶楽部の吉田さんのフィルムコレクションを中心に秋田各地を回っておられたのです。そして絵夢人倶楽部さんは近年、無声映画の上映に力を入れており、越前さんは自主上映の中で何度も弁士をされているのです。やや強引な言い方をすれば越前さんは鳥潟先生の後を継ぐ秋田弁士文化の継承者とも言えるのです。

 今回の企画にあたっては、我々が単に秋田に行って無声映画を上映するのではなく、秋田でしか出来ない、秋田でやる意義のある上映会である点を強く意識しました。秋田出身の監督作品、秋田の絵夢人倶楽部、もちろん太鼓の田中まさよしさんが上小阿仁村出身であるのも重要な要素です。そうした要素を幾つもつむいで良い上映会に出来たらと思っております。

 余談ですが、秋田の弁士というとプロレタリア文学の起点とも言える雑誌『種撒く人』発刊同人の一人が今野賢三という弁士なのです。秋田弁士事情、調べれば調べる程面白いです。

 どうぞ皆様、お運びくださいませませ。



|06/21| 活弁コメント(0)TB(0)
 え? また海外?
 てな声も聞こえてきそうな月曜の夕方で御座います。
 ええ、又なんですわ。
 お陰様で最近は海外から突然のメールを頂いて「良かったらウチに来てくれない?」みたいにご提案頂くんです。
 なのに国内からの問い合わせはあんまりないぞ、なぜだ?
 今度はタイです。タイランドです。
 しかも私が昨年発見した『ペギイのお手柄(Our Pet)』の海外初上映&京都国際映画祭や歌舞伎座でも上映した『忠臣蔵』(1926年版)の海外初上映、さらにさらに『ロイドの人気者(The Freshman)』の片岡一郎初演と初物尽くしで御座います。

 スケジュールも結構な物でして6月10日深夜の便で日本出発、11日早朝にバンコク到着、夕方に1回目の本番、それから14日まで毎日本番、15日に半日遊んで16日早朝に日本帰国、16日の夜に渋谷で映楽四重奏ヨーロッパツアー凱旋公演と訳の分からない感じです。
 日本のタイは結構気軽に移動できるので、皆さんもいらしたらいいと思いますよ。
 皆でタイカレー食べようぜ。そしてその流れで渋谷の公演も見ようぜ。

 タイって日本の映画と密接な関係性がありましてね、タイで初めて映画館を建てたのは日本人なんですよ。
 その為にタイでは映画のことをある時期までナン・イープンと呼んでいたんだそうです。
 色々インターネットを駆使して翻訳するとナン・イープンはน่าน ญี่ปุ่นと表記するようですが、この表記で画像検索すると結構エグイ画像が出てくるのでお勧めしません。
 ナンの原義は「皮」で転じてスクリーンの事、イープンは「日本の」という意味ですから直訳すれば「日本の皮」がナン・イープンですね。つまり日本人がスクリーンを張って見せた興行がナン・イープンという訳でしょう。そのせいでしょうかタイにも日本ほどではないにしても弁士の様な存在が、現在でも無声映画のDVDなどにはタイ語のナレーションが付くんだそうです。
 
 ホントかよ、と思っていたのですが、発見してしまったんですね、タイ語弁士版チャップリンを。
 一見の、いや一聴の価値ありですのでリンクを貼っておきますね。



 海外で僕が弁士をやっているのも、こうやってアメリカやヨーロッパの方々は聴いてくれているんだろうな。
 非常に面白いです。

 そんな訳でタイ国際映画祭の私の出演スケジュールをドドンとご紹介します。

●กำหนดการเทศกาลภาพยนตร์เงียบ ประเทศไทย ครั้งที่ 4
The 4th Silent Film Festival in Thailand’s Schedule

日時/6月11日14時30分~
演目/Conversation with Ichiro Kataoka, The Benshi
出演/片岡一郎
会場/โรงภาพยนตร์ลิโด / Lido Theatre

日時/6月11日17時00分~
演目/『ペギイのお手柄(Our Pet)』『忠臣蔵(1926年版)』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/โรงภาพยนตร์ลิโด / Lido Theatre

日時/6月12日18時15分~
演目/『ロイドの人気者(The Freshman)』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/โรงภาพยนตร์ลิโด / Lido Theatre

日時/6月13日20時15分~
演目/『ペギイのお手柄(Our Pet)』『忠臣蔵(1926年版)』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/โรงภาพยนตร์ลิโด / Lido Theatre

日時/6月14日18時15分~
演目/『ロイドの人気者(The Freshman)』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/โรงภาพยนตร์ลิโด / Lido Theatre

The 4th Silent film festival in Thailand


The 4th silent film festival in tahiland schedule

 タイは映画の上映前に必ず国王賛歌が流れて、観客は起立して聞く決まりになっているのだそうです。
 同行の上屋嬢が上映前に王室賛歌を演奏する事になっておりまして、これもちょっとした楽しみですね。

 にしても我ながら良く働きますね。
 そのご褒美にどうか渋谷の凱旋公演に来て下さいましよ。

 再度、情報掲載しますので、どうか、ほんとうによろしくお願いします。

●カツベン映画ナイト!in カルカル
日時/2017年 6月16日 (金)  OPEN 18:30 START 19:30 END 21:30(予定)
演目/『日の丸太郎 武者修行の巻』『敵違い』『月世界旅行』『東京行進曲』『血煙荒神山』
出演/映楽四重奏 -The Filmquartet-
片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、宮澤やすみ(三味線、歌)、田中まさよし(太鼓、パーカッション)
会場/東京カルチャーカルチャー
料金/前売りチャージ券3,000円 当日チャージ券3,500円(要1オーダー制・アルコール550円~、ソフトドリンク430円~など)
予約/前売りチャージ券の発売は、5月5日(金)朝10時よりイープラスで発売!

カツベン映画ナイトinカルカル









|06/05| 活弁コメント(0)TB(0)
 一部の皆様にはお伝えしておりますけれども、かなり予約がアレな事態になっております。
 カツベン映画ナイト in カルカルです。
 私は当日の朝に羽田に到着します。
 この仕事の為にタイから帰ってくるのであります。
 そんな熱意も汲んで頂いて御来場賜れれば幸いなので御座います。

 ちなみにこの仕事が無かったら、いつタイから帰国するかといえば同じ日の夕方です。
 同じじゃねぇか。

 そんなこんなで今更のチラシ公開です。

カツベン映画ナイトinカルカル

 ひとつよろろろろしくお願い致します。

●第三回 片岡一郎の活動写真勉強会
日時/5月29日19時~
演目/当日発表
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/綜合藝術茶房 喫茶茶会記
料金/2000円(1ドリンク込み)
予約/syoseibusi@yahoo.co.jp (片岡)

第三回 片岡一郎の活動写真勉強会


●松村牧亜 一時帰国記念上映会
日時/6月2日19時~
演目/『出来ごころ』他
出演/松村牧亜(ピアノ)、片岡一郎(活動弁士)、山城秀之(活動弁士)
会場/両国門天ホール
料金/前売り:2500円、当日:3000円
予約/syoseibusi@yahoo.co.jp (片岡)

Document-page-001_20170525171336468.jpg


●カツベン映画ナイト!in カルカル
日時/2017年 6月16日 (金)  OPEN 18:30 START 19:30 END 21:30(予定)
演目/『日の丸太郎 武者修行の巻』『敵違い』『月世界旅行』『東京行進曲』『血煙荒神山』
出演/映楽四重奏 -The Filmquartet-
片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、宮澤やすみ(三味線、歌)、田中まさよし(太鼓、パーカッション)
会場/東京カルチャーカルチャー
料金/前売りチャージ券3,000円 当日チャージ券3,500円(要1オーダー制・アルコール550円~、ソフトドリンク430円~など)
予約/前売りチャージ券の発売は、5月5日(金)朝10時よりイープラスで発売!

カツベン映画ナイトinカルカル

 



|05/28| 活弁コメント(0)TB(0)