FC2ブログ
 今後の資料の為に海外公演の記録をまとめておくべきだとちょいちょい言われるので、えいやっとまとめました。
 まだ日程とイベント名、会場程度のデータですが、これから随時上映作品、共演ピアニストなどの情報を追加してゆく予定です。これ以外にも大学の日本語や映画史の授業でお喋りしたり実演したりは結構してますが、流石に日程が特定できませんです。

 公演で行った事のある国はクロアチア、ドイツ、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イタリア、オーストリア、チェコ、ウクライナ、イギリス、スイス、ポーランド、オランダ、ベルギー、フランスの15語ヵ国です。(2016年8月現在)


2007年
7月 
24日 Motovun Film Festival (クロアチア/モトヴン)

2008年
4月 
4日  Nippon Connection2008(ドイツ・フランクフルト/Goethe-Universität)

2009年
12月 
12日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)

2011年
3月 
オーストラリア無声映画ツアー
3日 Adelaide Film Festival2011(アデレード/Cinema Piccadilly)
5日 オーストラリア映像センター公演(メルボルン/Australian Center for The Moving Image)
6日 シドニー・オペラハウス公演(シドニー/Sydney Opera House)
10~11日 ナショナルフィルム&サウンドアーカイブ公演(キャンベラ/The National Film and Sound Archive)
   
8月  
16~18日 Internationale Stummfilmtage Bonn(ドイツ・ボン/Universität Bonn )

2012年
5月 
音和座&片岡一郎ドイツツアー
5日 Nippon Connection2012(フランクフルト/Goethe-Universität)
8日 楽団と活動写真弁士による無声映画上映会(ボン/Universität Bonn)

9月~ ミシガン大学芸術家滞在プログラムにより渡米(2013年3月まで)
14、21、28日 Silent Ozu(ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)

10月  
5、12、19、26日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
11日 インディアナ大学公演(インディアナ/Indiana University)
17日 カンザス大学公演(カンザス/Helen Foresman Spencer Museum)
21日 スミソニアン博物館公演(ワシントンD.C./Freer Gallery of Art and Arthur M. Sackler Gallery)
27日 シカゴ大学公演(イリノイ/University of Chicago)

11月 
2、9日 Silent Ozu(ミシガン/University of Michigan)
16日 クリーブランド・シネマテーク公演(オハイオ/Cleveland Cinematheque)
18、19日 ハーバード大学公演(マサチューセッツ/Harvard Film Archive)
20日 ボストン大学公演(マサチューセッツ/Boston University)

12月 
クロアチアツアー
16日 Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/MUSEUM OF CONTEMPORARY ART)
18日 Film Mutations (クロアチア・リエカ/Art Kino Croatia)

2013年
1月
11日 デトロイト博物館公演(ミシガン/Detroit Institute of Arts)
18日 アリゾナ大学公演(アリゾナ/University of Arizona)
28~30日 ウェスタンオンタリオ大学公演(カナダ・ロンドン/University of Western Ontario)

2月
23日 Kataoka Ichiro's Sayonara Performance (ミシガン/Michigan Theater & University of Michigan)
25日 PASSING FANCY featuring live benshi ICHIRO KATAOKA(ニューヨーク/Film Forum)
26日 The films of Kenji Mizoguchi(ニューヨーク/Bard College)

3月
24日 Association for Asian Studies(カリフォルニア/Manchester Grand Hyatt San Diego)

10月~ボン大学の招聘によりドイツ滞在(12月29日まで)
10日 Le Giornate del Cinema Muto 2013(イタリア・ポルデノーネ/Teatro Verdi)
19日 春風亭一之輔欧州公演(ドイツ・デュッセルドルフ・Hotel Nikko Düsseldorf)

11月
7日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(オーストリア・リンツ/Mlandes Museum)
8日 East meets West/Stummfilmkunst aus Japan und Österreich(チェコ共和国/Kavárna Pontes)
29日  Film als Aufführungskunst (ドイツ・ケルン/Japanisches Kulturinstitut Köln)

12月
5日  Film Mutations (クロアチア・ザグレブ/Kino Tuškanac)
9日  日本学特別講義 (ドイツ・ボン/Universität Bonn)
15日 Froschkönig上映会(ドイツ・ベルリン/Froschkönig)      
17日 BENSHI(ドイツ・ベルリン/Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin)

2014年
6月
27日 Німі ночі(ウクライナ/オデッサ)

9月
3日 Zeitsprung Kino Tokyo 1914(ドイツ・ベルリン/Kino Babylon)
6日 The East Asian Dimension of the First World War(ドイツ・ボーフム/the Municipal Archive Bochum)
28日 The Sound of Silent Film : A Two-Part Benshi Event(アメリカ・ニューヨーク州/ハミルトンカレッジ)

10月
7日 Le Giornte Del Cinema Muto(イタリア・ポルデノーネ/テアトロ ヴェルディ)
21日 Classic Japanese Cinema with Benshi performance by Ichiro Kataoka(イギリス・マンチェスター/マンチェスター大学)

11月
22日 KATSUBEN Der japanische Stummfilm(ドイツ・ケルン/天理文化工房)
23日 Stummfilm mit Musikbegleitung(ドイツ・フライブルグ/Kommunales Kino)
30日 Film mutations(クロアチア・ザグレブ/ザグレブ現代美術館)

12月
1~7日 Benshi erzählt(オーストリア・ウィーン/Metro Kinokulturhaus)
10日 Kabuki in the Silent Movies of Japan(スイス・チューリッヒ/Universität Zürich)
18日 Kurama Tengu(ドイツ・ボン/ボン大学講堂)

2015年
4月
24日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)
25日 12. Święto Niemego Kina(ポーランド/ワルシャワ)

6月
4日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
6日 Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE! (ドイツ/フランクフルト)
7日 Nippon Connection BENSHI-WORKSHOP – BRINGING SILENT FILMS TO SPEAK(ドイツ/フランクフルト)
スポンサーサイト



|01/01| 活弁コメント(0)TB(0)
 最近首が痛いので御座います。
 凝りすぎですな。
 マッサージ器を使うと一時的にほぐれるんですが、翌日には同じところが痛くなっちゃう。
 肩凝りとは長い付き合いですが、今回のはちょっとしつこい。

 それはさておき、ちょっとづつ仕事が帰って参りました。
 来年のお仕事も入っております。
 何とか生きていけるかな。

 なんにしても、ひとつひとつの仕事を丁寧にしていかなければならないと、改めて思ったことはこの混乱の一年の収穫かもしれません。

 丁寧にやっていこうと思ったら、一ヶ月で三本のネタおろしです。
 丁寧に、かつスピーディにがんばりませう

カナザワ映画祭2020
日時/2020年11月14時20分~(知られぬ人)、15時30分~(天罰) ※28日23時までアーカイブあり
演目/知られぬ人、天罰
出演/片岡一郎、湯浅ジョウイチ(ギター)
会場/オンライン開催
料金/2800円
チケット販売/イープラス

 以前から演りたいと思っていたロン・チェイニーの二本立て、どちらも初演で御座います。
 『天罰』に至っては、個人的にフィルムを持っていながら、なんとなく先延ばしにしていたものを配信いたします。
 演奏は御存知、湯浅ジョウイチさんです。
 オンラインで是非是非、お楽しみくださいませ。
 
 『活動写真弁史』もよろしくね。

 春日太一さん&坂本頼光さんとのトークイベント、国立映画アーカイブ、年末演芸会への出演も御座います。
 そちらもどうぞ。

●無声映画&活動写真弁士の楽しみ方講座vol.2
日時/2020年11月7日 開場19時00分、開演19時30分
出演/春日太一、片岡一郎、坂本頼光
会場/ネイキッドロフト
料金/配信視聴:2500円(アーカイブで11月21日(土)23:59まで視聴可能)、入場鑑賞:2000円(要1オーダー)
ご予約/チケット予約フォームにて

サイレントシネマ・デイズ2020
日時/11月1~15日(片岡出演は13日19時~)
演目/ヘルズ・ヒンジズ
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/国立映画アーカイブ 長瀬記念ホールOZU
料金/一般1,050円/高校・大学生・シニア840円/小・中学生600円
チケット販売/チケットぴあ[Pコード:551-192]

サイレントシネマ・デイズ2020-1

サイレントシネマ・デイズ2020-2

極付演芸大忠臣蔵2020
日時/2020年12月20日11時~
出演者と演目
春風亭一朝(主任):『中村仲蔵』
片岡一郎:『映画説明』
仲入り
天中軒雲月:『忠僕直助』後半 曲師:沢村さくら
立川かしめ:舞踊『俵星玄蕃』
一龍齋貞山:義士銘々伝『千葉の槍』
仲入り
寶井琴柳:義士銘々伝『三村の薪割』
桂吉坊:『蔵丁稚』
真山隼人:『冥途の早駕籠』 曲師:沢村さくら
会場/お江戸日本橋亭
料金/前売:¥5,000 当日:\5,500
主催/有限会社宮岡博英事務所
ご予約/チケットぴあ
お問い合わせ/046 876 9227、hana-ni-awan@oct.email.ne.jp(宮岡博英事務所)

極付演芸大忠臣蔵2020
|11/04| 活弁コメント(0)TB(0)
 11月で御座います。
 今年も残すところあと二ヶ月。
 しかしながらずっと家にいたので、正直まだ気持ちは夏前なのですが、気温はしっかり秋~冬。

 こんな一年てあるもんなんだと実感した次第。
 そして拙著活動写真弁史も出ました!! なんだか、アマゾンでの取り扱いに時間がかかっているので、本屋さんでのご注文がお早く入手の方法のようですよ。間違っても一万円以上で出品しているアマゾンマーケットプレイスからはお買いになりませんように。

 その刊行を記念しつつ、前回好評だった「無声映画&活動写真弁士の楽しみ方講座」のVol.2を行います。
 詳細は以下の通り。

●無声映画&活動写真弁士の楽しみ方講座vol.2
日時/2020年11月7日 開場19時00分、開演19時30分
出演/春日太一、片岡一郎、坂本頼光
会場/ネイキッドロフト
料金/配信視聴:2500円(アーカイブで11月21日(土)23:59まで視聴可能)、入場鑑賞:2000円(要1オーダー)
ご予約/チケット予約フォームにて

 前回の配信を御覧になった方には説明不要かと思いますが、基本的には三人で気楽に話しながら無声映画を活動写真弁士の魅力について迫る企画です。難しい予備知識は不要でお楽しみいただけるか、あるいはそんじょそこらの予備知識では全く太刀打ちできないディープトークになるかの二つにひとつなので、どちらに転ぶにしろ「自分は活動写真弁士について知らないからな」という気後れは無用です。これだけ情報が錯綜している現代において、みんながフラットに知識を吸収できる未踏の大地はそうそうありません。
 そして今回は若干では御座いますが、ご来場もOKと致しました。
 直接質問をしたい、目の前で動く弁士を観察したいという方々、是非お運びくださいませ。
 新宿の片隅でお待ちしておりますよ。
 
|11/03| 活弁コメント(0)TB(0)
 SNS上では連日拙著の宣伝をしていながら、こちらではまだ告知をしていないのに気づきました。
 明日あたり、後進しようかと思うのであります。

 まずはこちらのお知らせをば。

サイレントシネマ・デイズ2020
日時/11月1~15日(片岡出演は13日19時~)
演目/ヘルズ・ヒンジズ
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/国立映画アーカイブ 長瀬記念ホールOZU
料金/一般1,050円/高校・大学生・シニア840円/小・中学生600円
チケット販売/チケットぴあ[Pコード:551-192]

サイレントシネマ・デイズ2020-1

サイレントシネマ・デイズ2020-2

 私の出演分も含め、全9作品の無声映画が上映されます。
 私は出演だけではなく、観客としても伺う予定ですので、会場で見かけたらお気軽にお声がけ下さいませ。 
 にしても、めったに上映の機会のない素晴らしいプログラムです。
 
 片岡出演回の演奏は上屋安由美さん、単独で演奏をされるのは神﨑えりさん、柳下美恵さん、天池穂高さん、小林弘人さん(ピアノ・出演順)、田ノ岡三郎さん(アコーディオン)という充実の布陣です。是非。
|10/13| 活弁コメント(0)TB(0)
 仕事は徐々に戻りつつあります。
 しかしまだ完全では李jません。そもそも今年は『カツベン!』の余波でパーッと儲けるつもりだったので、予定が外れて困ってシマウマで御座いますよ。

 そんな訳で、せめて映画で病気に打ち勝つべえと、今年の澤登翠一門会の作品選定を致しました。
 当初は別の作品を候補に入れていたのですが、色々ありまして今回告知のプログラムに落ち着いたわけです。
 変更はあったものの、なかなか面白いプログラムになったのではないかと思います。
 ではひとつよろしくお願いいたします。

第747回無声映画鑑賞会 [コロナに負けるな!病気に勝つ無声映画たち 澤登翠一門会]
日時/2020年10月20日18時30分~(18時開場)
弁士と演目/澤登翠『モデルの生涯』、片岡一郎『地蔵教由来』、山城秀之『弱虫天国』、山内菜々子『チャップリンの霊泉』
伴奏/湯浅ジョウイチ(ギター)
会場/江東区深川江戸資料館・小劇場
料金/一般2000円、学生1600円、前売・電話&E-mail予約1500円、子供(中学生以下)1000円
予約・問い合わせ/無声映画鑑賞会事務局
電話 03-3605-9981 (受付時間 平日の午前10時~午後6時)
FAX 03-3605-9982
E-mail: katsuben@matsudafilm.com
※E-mail予約の場合は、「○月○日無声映画鑑賞会前売予約」、枚数、代表者のお名前を明記して、メールをお送り下さい。
E-mailにて御予約いただいた方には[予約確認]のメールをお送りしています。

2020年10月20日 第747回無声映画鑑賞会 [澤登翠一門会]

 コロナに負けるな、という事で、何らかの形で主人公が病気などに打ち勝つ物語を揃えて見ました。
 中々レアな作品が多いのも特徴です。特に私の説明する『地蔵教由来』は上映されるのがおそらく半世紀ぶりというハイパーレア作品です。これを逃すと、次にみられるのはまた半世紀後かもしれない……そんなことは御座いませんが、めったに見られない作品なのは確かです。是非是非、ご来場くださいませ。


|10/12| 活弁コメント(0)TB(0)