前向きなる文章にすべしと未来(29日)の自分が言っております。なのでしてみましょう。やって出来ない事もあンめぇ。

えー、オホン。口調を改めます。本日は晴天なり晴天なり。よし、では…。

この日は、お世話になっている柳下美恵さんの日本映画ペンクラブ奨励賞の受賞記念イベントでした。会場はいちかわ西洋館倶楽部、大正時代に建設され現在では有形指定文化財にも指定されている、雰囲気のあるとても素敵な空間で、活動写真がとても引き立つんです。館主の渡辺さんは柳下さんの今回の受賞をうけて今日のイベントを御提案下さったそうです。こうして活動写真に理解を示して下さる方が増えてきているような気がしています。私も活動写真の輪を広げていける様に一歩づつでも進んで行こうと思いました。

もちろん当日は内容盛り沢山で、皆さん盛り上がりました。まずは主役の柳下さんによるピアノ演奏、続いてピアノ柳下美恵、弁士澤登翠でドイツ表現主義作品『ゲニーネ』の上演、さらに森谷・田中両先生にお言葉を頂いて乾杯でした。この後、私が僭越ながら書生節を披露させていただいたのですが、未熟さを痛感しました。でも良いお客様に恵まれて明るく楽しい雰囲気で歌う事ができました。続いてヴェクサシオンさんの映像と朗読・演奏、そして活動倶楽部の神林さん秘蔵の貴重なガルボの映像を見て、最後に柳下さんのピアノと桜井さんの朗読というプログラムでした。

これだけの内容がすぐに集まってしまうのも、やはり柳下さんのお人柄とこれまでの地道な活動があるからに違いありません。また私自身もこの日は色々な出会いがあり、とても刺激になりました。

弁士と無声映画伴奏者、お互いにいい影響を与え合えるような状況にしていけたら、と思いました。その為には自分をもっと磨かなければなりませんね。頑張ります。

お恥ずかしいのですが、当日の私の写真を載せます。なにしろ前む記ですから。

 書生節inいちかわ西洋館

スポンサーサイト
|05/26| 活動コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/101-92114570
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)