真面目に書きませう。たまには。いやさ、いつも真面目なのですよ。
 
 ちょいと偉い人と会いました。大きな事務所の人ね。でもって例によって「何をやってるんだ」「弁士です」みたいな会話をしたのです。その人の見解としては活弁に目を付けたのは面白いと、ただ落語家か講釈師になって余技として活弁はすべきである、ってんですよ。何故かといえば活弁は二度三度と観に行く気にはならんちゅうんですね。でも落語は下らないと思うけど又観たい聴きたいと思うんだと。そういうことですわ。その方は良いお年で徳川夢声も知ってるし、夢声の活弁も聴いたことがあるんだそうです。今、アタシらが弁士の仕事を頂いているのは珍しいからで、あと5年もすれば仕事はなくなるのだそうです。

 納得がゆかぬ。

 いや、抵抗はしましたし、多少は意見を変えさせましたがね。しかし現実問題として芸能界にしてみりゃ活弁なんざ古臭くてどうにもならんものなのでしょう。前提としてそういう認識だということが物凄く良く解った一時でした。  ただね、思うのです。無声映画は古い映画であるという意見、これは支配的です。だから現代に於いて弁士は古いものが逆に新鮮だというロジックで活弁と無声映画の魅力を語ります。それはつまり、現代では失われてしまったものに対する認識に近いのです。古いものがかえって新しい、それは間違ってない。でもそんなキャッチコピーが何だか古臭いような気がしていたのです。レトロブームで繰り返し喧伝されてきた「古き良き」という言葉、あれと何ら変わる事のない手垢にまみれた言葉にずっと聞こえていたのです。状況を説明するために一つの言葉を多用すると、その言葉は急速に色褪せて行きます。いちいち例を挙げるまでもなかろうかと思いますが、それでもあえて挙げるならば「カリスマ」「セレブ」といった言葉達です。これらの言葉は酷使されたが為に冗談でしか使いようがなくなっています。我々を取り巻く「古くて新しい」魅力というのは、もはや魅力的な言葉では無くなっているのでです。

 ある方が「無声映画を評して昔も今も人間は変わっていないという論理で古典映画を論じるのは今更である」といった論旨の文章を書いておりました。どなだったかは失念してしまいましたが、解り次第直すとして、注目に値するのはその方の文章の続きでした。「古典映画を観るときに我々はたった80年前の事がこんなにも分からない、という点に着目すべきである」と論じられていたのです。この意見が全面的に正しいのではないのです。書かれた御本人も理屈の上での問題として、その文章を発表したのだと思います。しかしながらその文章は「無声映画や活弁なんて古臭い」と思っている人が沢山居る中で「古いものが新しい」と言っても意味がないのではないか、むしろ違った魅力を語るべきなのではないかと考える契機にはなったのです。

 では、無声映画・活弁の魅力を何とするか。これが難問で、偉そうなことを書いたって答えを提示できやしないのですが、それでも一応の発想は持つことが出来ました。あえてお知らせする事でも無いのですが、こんなアタシの文章にお付き合い下さっている方が何人かいらっしゃるようなので、その方々のご批判を頂き、自身が恥を晒す事でもう一段階考える為にそれを書きます。先に言い訳しておきますが、これとて新しいロジックではありません。ただ「古くて新しい」よりはマシでありますし、少なくとも考えている事を発表する意思表示として書くのであります。

 いかんね、だんだん話が大仰になってきた…。

 つまりですな無声映画というのは古い映画なのでは無く、若い映画だと思うのはどうだろうか、ってことが言いたかったのです。

 というのも無声映画ってやっぱり関わっている人がみんな若いのです。歴史も若いのです。何もかもが若いのに後の巨匠たちの老成した姿で捉えるから必要以上に歴史の重みを感じてしまうんではないか。そうこの頃は考えているのです。○○監督の作品に語りを付けるなんてズウズウしいと思われようと何だろうと弁士は語るべきであり、音楽家は音楽を付けるべきなのです。シェイクスピアだってモーツァルトだって個々のクオリティはともかく様々なアレンジをなされて現代に繰り返し甦っているではないですか。なのに無声映画は未だに新しい手が入ることが何だかケシカラン事のように思われているのが問題の一つなのでしょう。

 いいんですよ、ベテランの声優、売れてるタレントがどんどん無声映画を語れば、ミュージシャンがどんどん音楽を付ければ、ミュージシャンだったら弾き語りが出来る人なんか幾らでもいるでしょう。どんどんやったほうがいいのかも知れません。ようは本業の弁士がそれに負けない何かを持っていればいいのです。

 嗚呼、又話題が専門的になってしまった。誰に向けて書いているのかと言えば自分に向けてなのです。でも活弁やら無声映画にちったぁ興味があれば言ってる事は理解ってもらえる内容だとも思います。そんな人が増えるとよいね。
スポンサーサイト
|06/30| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/123-d40bbd32
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)