7月1日付けでお世話になっている志らく一門の志らべさん、らく次さん、らくBさんが二ツ目に昇進となったそうです。らくBさんはらく里になったという事で色々お目出度い月になる模様。遅ればせながらおめでとう御座います。

 立川流は談志師匠の基準が昇進の条件で、他の団体に比べると前座期間の長い方が多いのが一つの特徴に思えます。外部の勝手な目線ではありますけれど。対して弁士の業界には階級制度がありません。どんな空っ下手でも態度さえでかけりゃ一人前の扱いが受けられます。なので昇進にくろうされている方々を見ると「大変だなあ」と思うのですが、昇進が決まったのを見ると「羨ましいなあ」と思うのです。何とも身勝手な感覚ですね。

 どちらがいいかは一概に言えないのですが、ともあれ弁士も業界ルールが必要な段階に差し掛かってきている気がします。今後、職業弁士がどの程度増えるかは解りませんが、弁士を演りたい人は増えていくでしょう。役者、芸人、声優、アマチュア等々ね。プロってなんだという事を明確にしておかないとイカン気がしているのです。自分の腕に自信がない訳ではないですが、必要のない揉め事でイライラするのはもう嫌なのです。

 ああ、二ツ目昇進お祝いメッセージをさらっと書くつもりが、またイタン事書いてしまった。ホントは羽賀研二の事とか一寸書いて本題に入るつもりでしたのに。いえね、彼が好きとか嫌いとか良いとか悪いとかは関係なくて、昔出した写真集のペアヌードって言葉は秀逸だと思ってたのです。見事に内容を表してますよ、これは。ヘアヌードよりもよっぽど解り易い。他にやり手がいなかったから定着しませんでしたが、あと何組か出したら一般化したんではないかと思いますよ、ペアヌード。  さて本題。本題?ま、いいか。

 田中麗奈の映画にはアレな作品が少なくない嘆きを前回は赤裸々に語ったのですが、彼女の映画のもう一つの特徴として実験的な作品が多いと点が挙げられます。といっても三作品ですけども。『ざわざわ下北沢』はオール下北ロケで下北沢の劇場で公開という地域密着型映画でした。『好き』は劇場公開をせずに(プレミア上映はありました)ネット配給制の映画でした。映じない物を映画と言うのかは微妙な所ですが、それは余談。『玩具修理者』は渋谷のツタヤの最上階でスタバと提携してコーヒーを飲みながら気軽に映画を楽しもうという意図のもとに特設会場が設置され上映されました。

 映画上映が画一的になっている現在、これだけの試みに参加しているのは注目すべき点であります。きっと事務所が積極的なのでしょう。惜しむらくは、どれも興行としては上手くいかなかった(であろう)事です。『ざわざわ下北沢』は地域密着であった為、興行が限定されてしまうので大当たりは望めなくなってしまいました。『好き』はやや時期尚早だった感があります。劇場公開はしないというのはフィルムに焼く必要がない、劇場を確保しなくても良い為に相当のコストの削減が出来るのはずですが、だからってネット配給で映画を観たいかと言えば別問題だったのでしょう。どうも田中麗奈ファンのお祭りで終わってしまった感があります。『玩具修理者』は劇場としてツタヤの最上階が機能してませんでした。完全に暗くならないし、階下の雑音はずっと聞こえてくるしで、それなら家でDVD観るよって話でして。おおよそ映画を観る環境ではありませんでした。

 問題点ばかり並べてますが、そうした見る前から問題点が透けているような企画にホイホイ付き合うのもファンの喜びでありましょう。それに新しい試みをするにあたって、メインキャストに選ばれるのは大変な事です。それだけで凄いのです。やはり停滞はいけませんよ。

 えー、例によって話題がそれますが『玩具修理者』もクトゥルー物です。たしかヨグ=ソトースが出てきます。美輪明宏の声で。美輪さん自体は邪神というより妖怪ですが。大きなお世話ですな。

 一般には全くマイナーなクトゥルー神話ですが、映画や小説にはどうした訳か頻出します。こんな事を書くとマニアに見えるやもしれませんが、どうしてどうして、すンごい方が多いからクトゥルーも田中麗奈も。アタシなんぞは薄口醤油ですよ。
 
 残念な事に映画のクトゥルー物は殆ど駄目です。『ネクロノミカン』『ダゴン』『マウス・オブ・マッドネス』、ね、駄目でしょ?『死霊のはらわた』もそうなのですが、生来ホラー映画が苦手なアタシは観てません。では小説はと申しますと、こちらはとんでもない数なので追いきれません。追ってる人、居ますけどね。でも普通無理で御座んす。日本で書かれた物は玉石混交。私的見解ですが『妖神グルメ』『ラプラスの魔』はアリ、『アルハザードの遺産』はナシ。設定どうこうではなく、小説としての完成度の問題ですが。アタシが日本で書かれたクトゥルー小説で一番好きなのは『崑央の女王』なのであります。

 ホンジツタイトルニイツワリアリ。
スポンサーサイト
|07/06| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/128-8028e416
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)