結局目覚ましも何も無く寝てしまったオイラですが、何と皆様驚くなかれ、朝の7時半には目を覚ましたのであります。睡眠時間約6時間、ほぼベストと言っても過言ではありません。なぜこのように素晴らしい結果となったかと考察しまするに、普段の不規則不摂生な生活と日本・クロアチア間の時差が何やらこう、上手い事に…。

 ほんとに時差は感じませんでした。逆に言えば日常生活の中ですら7時間の時差を感じながら生きているっちゅう事です、僕は。

 何にしても清々しい朝であります。
朝の景色


朝の景色2

 ホテルの部屋から外を撮ってみました。

 打ち合わせまでは時間があるので町中を散策することにします。ちなみにこの段階でご飯をどうしたらいいのか解りませんでした。いやはや。
メインスクリーン

 これがモトブン映画祭メインスクリーンですな。周りの建物との対比で何となく大きさが解るかしらん?

プログラム

町中にはプログラムも随所に張り出されております。見てみるとちゃんと『狂った一頁』も入ってます。あったりまえですが。説明をクドクドするのも面倒なので何点か写真をど~ぞ。

モトブン 景色1

モトヴン 景色2


モトヴン 景色3


モトヴン 景色4


モトヴン 景色5

 つくづく古い町並みなのです。何もかもが石造りで重厚、路地裏なぞは若干沖縄に近いかもしれません。町は狭いです。のんびり歩いて30分もあれば見て廻れる程度の広さであります。

 そんなこんなで11時、打ち合わせ時間です。ターニャが着ましたよ、マルコも来ました。そして映画祭のプレスの方も来ました。取材だそうです。

 取材はいいんですが皆日本語が解りません。会話が上手い事いきません。困りましたね、ありゃ。そしたらね、ターニャが凄い方法を考えました。クロアチア日本大使館に連絡してインタビューを通訳させるという画期的な方法です。まず質問をターニャが携帯で大使館の方に話します。そしてその携帯を私が受け取り答える。もう一度携帯をターニャに渡して、最後にターニャがプレスのアンちゃんに伝えるという…。ああ、俺は海外に来たんだな、と思いましたね。ありがとう日本大使館。

 そんなこんなでクロアチアの皆さんに私の言語不自由を露呈していると、今回のピアニスト、先日日本で共演させて頂き、今回の映画祭にも「弁士を呼ぼう」と働きかけてくれたゲルハルト・グルーバーの到着と相成ったのであります。グルーバーINモトヴン

 グルーバーです。身体もデカけりゃ懐もデカい素敵な方です。

 グルーバー、ターニャ、オイラの三人で『狂った一頁』の情報交換となったのですが、これが楽しい時間でありましたね。グルーバーはドイツ語で書かれた分厚い『狂った一頁』に関する本を持ってきていました。この本が読めるのはグルーバーだけです。アタシは衣笠監督の自伝を持っていきました。日本語です、読めるのはアタシだけです。三人の会話は英語オンリーです。そのもどかしさときたら、ね、解りますかしら。アタシがたどたどしい英語で『狂った一頁』について話すとグルーバーが自分の本をひっくり返して「ホラ、ここに書いてある」と見せてくれます。しかし、書いてある内容は私もターニャも読めんのです。コミュニケーションが上手く取れない方が親密になる好例でありました。

 ここで又しても私はトラブルに見舞われました、というか気付きました。

 お金が無い。

 盗まれたのではゴザイマセン。モトヴンは観光地の癖に現地通貨しか使えない店が多いのです。カードも駄目なのです。事前に見たガイドブックでは日本円の両替もクロアチアはOKだと書いてあったのですが、それは首都ザグレブの話なんですね。田舎町のモトヴンはそんなメンド臭い事はしないの。お金は現地通貨クーナだけ。そこいくと日本は凄いです。凄い田舎のお土産屋でもカードが何種類も使えたりしますから。しかし無いものは無いのです。折角の海外、これからの数日、文無しで生きてみようと思ったのでした、僕は。

 顔合わせも完了し、明日は本番です。ホテルの食事券も貰いました。これで本番を迎えるのみかと思いきや、グルーバーが言うのです「明日の昼間は遊びに行こう」ってね。

 だから金が…。

 続く。
スポンサーサイト
|07/23| 活弁コメント(0)TB(1)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/159-6969edd4
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
トラックバック
145人、サモボル、ヴェリカ・ゴリツ 首都の旅[2007/10/21 13:41]