この情報を扱いかねています。迷いも載せるのをモットーにしておるブログですので(言い訳)書いときます。
http://yubarifanta.com/archive.php?num=1992&langue=21010
 いえね、ゆうばり国際冒険・ファンタスティック映画祭'92の情報なのですよ。上映作品に阪妻の『血煙高田馬場』とありまして、ゲストに大野政夫と和洋合奏団が来てますから音声を消して活弁での上映をしたのでしょうけれど…。ちなみに、この形式は浜星波先生の吹き込みでビデオになっていますし、浜門下の井上陽一先生もこのスタイルで公演をされているはずです。

 そこまではいい。いいんです。しかし、ゲストに弁士らしき名前を探すと伍東宏郎の名前がある。はて?何者?二代目でしょうか?それとも三代目?こんな近年まで活動していた?田中映画社の人に聞けば何かわかるかしらねぇ。

 弁士の歴史を調べる時、往年の弁士と現在の我々の間に何人か現れては消えた泡沫(といっては失礼だけれど)弁士の存在はとても気になるのです。何しろ彼らの100%が売れなかった為に痕跡が殆ど残ってないのです。しかし、この伍東宏郎は、はたして正式な襲名なのか、それとも勝手に名乗っただけなのか。もっと言やぁまだ生きてるのか。

 私、実は弁士なんですって方、ここを見たら連絡下さいな。んな奴いねえとお思いですか?でも、こないだも香川で弁士やった人がいるみたいよ。http://muremure.blog35.fc2.com/blog-date-20070902.html
スポンサーサイト












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/170-6f1b48e3
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)