ブログ拍手とか言うのがついてるでしょ?ここ。HPにはWEB拍手とかいうのもありますわな。これって何だか世間の人は知ってるものなんでしょうか?私は最近まで知らなんだ。

 要はあれですね、見た人が好意的な意思表示を手軽にする為のツールって事ですね。違いますか?そうだと思ってるのですが。

 で、このブログ拍手が気になるのです。トラックバックは何にも気にしてません。コメントもお好きにどうぞなのです。でもブログ拍手は欲しいのです。なぜか?きっと拍手という言葉故なのですね。私は拍手を気にする芸人です。喋り終わった後に拍手があると心底ホッとします。気が小さいのですね。だから知人の舞台や何かを観に行った時、いえ知人に限らず、拍手は一所懸命してしまいます。たとえその舞台が詰まらなくても。

 あ、あなたの舞台ではないですよ。

 明日は我が身ですからねぇ。拍手をしておけば自分にも拍手が来る様な気がして、ええ。

 ところでブログ拍手の反応を見てると突然昔の文章に拍手が来る事があります。きっと検索か何かで来た人なのでしょう。で、折角だから自分も過去の文章を読み返す事もあります。数ヶ月前の内容は最近よりもイガイガしてます。逆に言えば此の所のオイラは穏やかなのです。良くないっスね。アタシは愚痴を垂れてるくらいが丁度いい。

 拙ブログは愚痴ばかりと某氏に言われた事があります。それは見せるべきではないって事です。でもね、愚痴は大事なんですよ。誰でも心の中に不満や不安を抱えてるでしょ?それらの不満不安は多くの場合は不明確なものなのです。何だか知らないけれどイライラするとか、将来に対しての不安とかです。これらを愚痴にしてやる、つまり自分の力で言語化してやると不満不安が実体化してきます。得体の知れない不安の正体が掴めればシメたものです。あとは対策を考えていけば良い。

 一般に悪いイメージばかりがある愚痴ですが、人が生きる為に愚痴は忘却とならぶ極めて重要な機能なのです。

 ま、もっとも愚痴で終わっちゃいけませんし、ましてやそれを衆目に晒す意味などないのです。ではなぜ意味がないと知りつつやっているかといえば、たまに居るんです、愚痴の上手い人が、面白い人が。過去何人か見ていますが、彼らの愚痴は一種エンタテインメントと化しています。具体例がぱっと出る訳ではないのですが、貴重な能力と言えましょう。

 サウイウモノニワタシハナリタヒ
スポンサーサイト
|10/13| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/193-2d92b361
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)