『circle』

 以前、あるぽらんに出てもらった狛乃ハルコ嬢が作演出さらに出演もするという舞台があるっちゅう事で中野芸能小劇場へと足を運んだのでした。義理は果たさねばなるめぇ。新文芸座にも来てくれたしね、この娘。

出演・日和佐誠 喜久山晋介 紅梅 狛乃ハルコ
   (声の出演・藤咲ちま)

 この芝居のテーマは「オタクが好きだぁ~」ってことをオタクが演じるという事なのだとか何処かで聞きました。違うかもしんないけどね。

 出演は声優さん…なのかな?多分みんな声優さんです。イマイチ良く解ってないんですが、考えてみりゃ役者が何者かなんて二次的な事なので良いんですけどね。

 で、舞台の内容ですが舞台役者ではないし、舞台経験もそんなにない人達が寄ってたかって作り上げた舞台なので完成度としてはさしたる事はありません。それは事実なので書いときます。ただ、やりたい事は溢れてましたよ。ダダ漏れに。だからきっといいんです、それで。

 ダダ漏れにやりたい事が出てしまうのはプロではやりません。なぜかといえばプロは作品を商品にしなければならないからですね。しかして個人の欲求というのは万人には受け入れられませんから足したり引いたりしなきゃイカンのです。そうしてようやくお金が貰えるといってもいい。この舞台にはそうした足し引きが少ない。本人達はそれでも足し引きをしてるんだと思います。人前で演じると決めた以上は無意識の内にしますし、ましてやフィールドは違えどプロですから見せる事を意識するのは当然の帰結と言えます。

 それでも、この舞台はダダ漏れなのです。それは描かれている人物や世界が彼らにとってはリアルな物だからなのかもしれません。リアリティがあるんではなくてリアルなんです。凄い演出家や上手い脚本家が描けば彼らよりも遥かにリアリティのある舞台になったでしょう。世間の人がみて「ああ、オタクってこういう感じだよね」っていうような。でもそれは共同幻想に過ぎないことを本当は誰しもが解っているのです。世の中に氾濫している「これはこういうものだ」という思い込みの多くがある種の操作をされています。本当の姿というのは商品になりにくいですから巧妙に隠蔽されている。またしてしまう。

 この舞台の台本は作り物ではありますが、妙にナマナマしい箇所があったりするんです。意図しない処に現実が、彼らでなければ中々描き得ないリアルが顔を見せるのです。そうした意味においては非常に興味深い舞台であったと思います。

 プロとして生きていくとやりたい事をやれる機会が減ります。アタシだってそれなりに制約を感じながら活動してるんです。此処で書けない様な事が幾つもあって、その書けない様な事が本当は大事な事だったりするんです。

 『circle』はやりたい事がダダ漏れているんです。良い事じゃないですか。まぶしさすら感じますよ。

 褒めすぎか?かもしれない。

 全くの余談でありますが、座長をやった狛乃ハルコ嬢はちんまい娘でありまして、一緒にいると自分が援助交際のおぢちゃんになった気がするのです。嗚呼。
スポンサーサイト
|11/06| 舞台コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/209-dcc6411e
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)