FC2ブログ
 タイトル長ぇな、長いっすよ。でもそうなんだから仕方ない。

 本来なら「当日の様子」かなんか言って写真もババンと載せるべきなのでしょうが、何にも撮ってません。きっと他の方が方がブログやら何やらで載っけてるでしょうから、そっちを見てください。というかロックンバナナのHPを見れば良いんですね。

 ん~書く事なくなっちまったい。

 再三に渡って書いておりますが昨年からロックンバナナさんの系列事務所イエローテイルさんに「声のみ預かり」という不思議なポジションで拾っていただきまして、たまにお仕事させていただいています。お蔭さまでPS2のソフトにも出るという人生の予定外のコースも踏ませていただき感謝しておる次第なのですが、そんなロックンバナナが会社創立20周年ということでパーティを開く事に決まったのが昨年末でした。考えてみりゃエライ乱暴なスケジュールですがそれで100人以上の人が集まるんだからこりゃ又エライ事です。

 そんな大事なパーティの開宴直前に『ロックンバナナ20年の軌跡』というスライドショーを上映することになり、アタクシ、事務所に名前を入れていただいて1年未満のアタクシがパーティの先陣を切って人前に出させていただく事自体ありがたいのであります。ヴィバァ特殊技能。
きっとオイラが逆の立場、というか昔からの所属だったら「何だあのヤロウは」とか思っていたでしょう。肝っ玉が小さいですからねオイラは。
 
 そのスライドですが『ロックンバナナ20年の軌跡』と言うくらいですから20年間を紹介しなければならんのですが、スライドショーの時間は正味6分ですので無理なのです。20年を6分て何分の一だ?と思い計算してみたら1752000分の1だそうです。笑っちゃうじゃありませんか。

 という訳で頭脳明晰な片岡さんはキチンと20年を語る事は早々に諦め、とっととお笑い路線に切り替えたのでありますよ。なのであの場の語りは基本的に私の責任です。映像編集は沢田社長御自らがして下さいましたが、それに適当な事をパァパァ喋ったのは私の責任なのです。試行錯誤していたであろう時代の会社の仕事に向かって「どこに向かっているのか?」と言ったのも、工藤さんを「人さらい」呼ばわりしたのも、バナナ君の次女を着エログラビア扱いにしたもの全て私の責任なのです。

 本心ではちっとも悪いと思ってませんが謝ります。

 ごめんなさい。

 もう良いね。

 パーティでは事務所の方から「初めて片岡さんの活弁聞きました」と何回も言われました。いや、うん、あれも真面目にやったんだけどさ…、でもまたちょっと違うかなって思うのよ。無声映画の時も来てね。

 あとは私がこちらにお世話になるきっかけとなったオーディションの取材をして下すった方なんかもいらしていて色々嬉しゅう御座いました。何かね世界が広がってゆくのが楽しいのです。

 世界が広がれば広がるほど、自分の居る世界が小さい事が分ります。どれだけ広げてもこの感覚は変わらないでしょう。それだけ自分の知らない世界があるという事です。何でも知っておいた方が良いというのはキレイ事です。知らなきゃ良かったと思う事が沢山あります。でも知って良かったと思える事も沢山あります。どこまで知らない世界に踏み込むか、これは大いなる問題ですな。
 
スポンサーサイト



|01/22| 活動コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/230-b2f36609
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)