FC2ブログ
 しかたないんです。出演情報も書きます、今度。

 あ、でも(でもってこたない)先日取材をしていただきましたよ。「週刊・東京流行通訊」です。いわゆるメルマガってヤツですね。アジア圏に数万人の読者がいるそうです。是非とも中国からも呼んで欲しいですねぇ。お願いしますよ、アジアの皆さん。


 先日の公演ラッシュにお運び頂いた方ありがとう御座いました。新文芸坐と木馬亭と両方御来場頂いた方もいたようで。しかも木馬亭では声まで掛けて頂いて本当に感謝です。

 んまあいろいろと課題もありましたが、4日間全7ステージ楽しく過ごさせて頂きました。

 相変わらず伝統大道芸名人会の楽屋は先輩ばかりで緊張しましたがね。良い会なのにな。もっとお客が入らないといけない会ですよね。

 で、藝能往來も更新です。若林美保さんの第2回です。本文冒頭でも触れていますが、かつて徳川夢声先生とヒロセ元美さんの対談というのがありまして、弁士&ストリッパー対談の嚆矢である訳。そこに少しは近づけたかしら。可能な限り近づきたい物ですね。相手は話術の神様・徳川夢声ですから限界はありますがね。インタビューって難しいです。『問答有用』読まなきゃ。『AV女優』も再読しなきゃ。

 若林美保姐さんの回ではカメラマンの鈴木雅巳さんの全面協力によりステージ撮影も敢行しましたが、今回(第2回)の一番最後の写真が個人的には好きなのです。画面下段の若林姐さんと、上段の暗がりのコントラストが凄く良いです。週刊誌のストリップ紹介記事だったらこういう写真は採用されないでしょう。もっと被写体がアップになった、画面全体若林美保!みたいな写真が使われるはずなんです。でも、これは藝能往來だからさ、劇場というか空間も込みなのね。良いなぁ、くらがり。
 
 見たくなってきたでしょう?そんな方は藝能往來へ。

 まったく余談でありますが、若林美保さんはどういう訳か私の事を活動弁士さんと呼んでくださいます。
 活弁士ぢゃない!
 本当にありがたい事です。検索の果てにここに辿り着かれる若林美保ファンの方もいらっしゃるでしょう。なので申し上げます。私の肩書きは活動弁士もしくは活動写真弁士です。活弁士ぢゃねぇんです。でも、ちゃんと活動弁士さんと言ってくださる方って本当に少ないんです。
 ついでに若林さんてば、噺家さんという言葉も普通に使います。
 活動弁士とか噺家とか、その道の人みたいな言葉を自然に使うんですが、それは何故なんだろう。どこで習得したんだろう、と思いますね。本業が活弁士と名乗るこの時代に…。

 そんな若林美保さんへの取材記事が「ズバ王」という雑誌にも載っています。コンビニで売ってます(多分)。藝能往來と内容が被っている部分もありますので読み比べてみるのも一興かも知れません。

 巷では「こみけ」っていうのがやってるんですか?どうしても興味が湧かないものの一つです。原因は人ごみが嫌いってことなんだ。それだけなんだ。
スポンサーサイト



|08/15| 活動コメント(2)TB(0)
【薄紫ハッシー】
脱げる活動弁士ですよ(笑)(^.^)PHOTO-KE NO ZA 7/21 東京キネマ倶楽部
2009/08/15 18:48* URL* [ EDIT]
【片岡一郎】
薄紫ハッシー様
 脱げる活動弁士の回は御覧になっていただけましたか?
 あの時は私もご一緒させていただいたんですよ~。
 本当に器用な方です、姐さんは。
2009/08/16 13:27* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/360-3a7e4b87
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)