FC2ブログ
その1

 私は個人的に幾つかフィルムを所蔵しております。その中で一番商品になっているのが『太郎さんの汽車』で当時5万円程度で購入したフィルムですが、もう幾ら稼がせて頂いたか分かりません。私の虎の子です。他の奴らも使いますが、私のである事をたまには主張したいと思います。

 ↑のような事は本当はどうでも良いのです。これ以外にもフィルムがありまして、その事を書こうと思ったら何だかこうなってしまったのです。

 さて、そうしたフィルムで9,5mmフィルムも私の収集したに中は御座います。しかも、これが桐の箱入りでした。嬉しいね、こういうフィルムが大切にされていた歴史が見えるというのは。さらに言えば、この桐の箱、どう見てもフィルム保管用の誂えなのですよ。誂え、分かりますか?オーダーメイドですね。

 ところが、9,5mmはやっかいなフォーマットなので上映が中々難しいのです。テレシネは結構お金がかかるのです。そこで映画保存協会さんに持ち込みまして、有効活用の方法を探しているのですが、今回は映画保存協会会員の山梨牧子さんの御尽力でその内の一本『六甲登山』がテレシネされ、おまけにユーチューブにて公開されました。是非是非御覧下さいませ。

 片岡コレクション・9,5ミリフィルムです。記事も併せて読んでいただければ幸い至極。

 あ、ちなみにテレシネをしてくださった山梨牧子さんは10月3日の活弁+朗読で楽しむ編みメーションでもお世話になります。お世話になりっぱなしだな、俺。ついでにこのイベントはやたみほさんの個展の関連イベントです。


その2

 ウチの師匠は改めて申し上げるまでも無く澤登翠ですが、先だって新弟子が2人入りました。1人は私の大学の後輩で山内といいます。まだ若くて未来があるのに弁士になろうという可哀相な娘です。
 もう1人は、以前お仕事頂いた紙芝居屋の廣島屋さんです。山城君といいます。歳は私よりもずっと上です。奥さんがいるのに弁士になろうという可哀相なおぢさんです。皆さんも山内、山城をどこかで見かけたら石を投げてご祝儀をはずんでやって下さい。

 私が入門したのが2002年2月です。月日の経つのは早いものです。師匠にとって弟子は私が初めてで、ここまでの何年間、師匠とは何か、弟子とはなにかを模索しながら来た様な気がしています。それだけに幾つものトラブルもありましたし、あいつだけは生涯許さねぇ!と思う相手も出来ました。いつか、私がもっともっと弁士を続けて時が来たらあの事も、その事も全部ぶちまけてやると心に決めております。

 とにかくさ、そんな色んな事がありながら今日まで来て、新弟子が入った事はやはり嬉しい事ではあります。なんとか発展させていかなければなりませんね。
スポンサーサイト



|09/11| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/364-617293d3
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)