久しぶりに他人に対して「くたばれ!」と思ったりしてますね。そんな事、書かなきゃいいのにネ。

 そういや先日の報道で、ハッスルが酒井法子に熱視線を投げかけているというのがありました。それに対し「不謹慎である」との意見も多数だそう。でもね、アタシャ芸人だからね素直に企画した奴に馬鹿だねぇお前さんは、という言葉を送りたいね。不謹慎結構じゃないですか。実現するしないは別にして企画に携わる人間がそういう事を考えられなくなったらイカンと思うのよ。薬物の害を訴えた無声映画ってないかしらね?

 そもそも謝罪会見の視聴率が43,3%だったんでしょ?人の人生の暗がりを高みの見物決め込んで、あぁだこぉだ言う方が遥かにフキンシンであろうに。不謹慎でないとすりゃ下品だね。プロレスに出る位、なんだってのさ。

 罪を犯した者はお金を稼いではいけない、人前に出てはいけない、みたいな事をネット上だと平然と主張する人が多いのが怖いですね。あのさ、その昔は村八分ってあったでしょ?あれは差別の構造として捉えられがちだけど、二分は付き合うって事なの。生存権を認めてるの。現代は罪人に「生きるな」と言えてしまう人が多いような気がするね。

 実は今日書きたかったのはこんな事ではないのです。

 どなたにも人生に大きな影響を与えられた人がいると思いますが。私にとっては高校の先輩で通称HさんことB.Mさんが、その人に当たります。

 どう影響を与えたかというと、立川談志を俺に教えたのがその人なんですね。あれさえなけりゃ、適当に演劇部で演劇やって、でも趣味は趣味として、夢は夢として芸人になぞならずに極普通のサラリーマンかなにかになって、程ほどの暮らしをして、安月給を奥さんに怒られながら、自分の娘にどうしても敬語以外で会話の出来ない、そんなオイラになっていたと思うのです。

 上記のifはF氏の仮定を採用してみました。

 なので私にとってB.Mさんは全くの恩人でありながら、最大の仇でもあるのです。そりゃ現状に不満はありますよ。くたばれ!って思いますよ。でも幸せも感じてるんだ。それは先輩のお蔭でして、不満は先輩のせいではないんだ。だから先輩にご恩返しをしたかったのです。それが昨夜叶いました。自己満足だけれども、でも多分喜んで貰えたと思うのです。

 だって、そのブツを渡した時に表情が動いたんだ。

 という事情がありまして、今日は実は比較的心穏やかなのです。

 おっと藝能往來もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
|10/08| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/371-8fd20de4
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)