●中村勲氏追悼上映会
日時・8月28日19時~
演目・『十字路』(昭和3年・衣笠映画聯盟)
弁士・片岡一郎
会場・スタジオワルハラ(奈良)
料金・無料

 先達てなら前衛映画祭で『狂った一頁』をさせて頂きました。その時に大変お世話になった中村さんが突然お亡くなりになってしまったとの報を受けたのはつい最近です。
 中村さんは、元ならシルクロード博プロデューサーという肩書きが最近は多かったようですが、それ以前にはNHKに籍を置き、松田春翠の取材もした事があるという方。そして衣笠邸から『狂った一頁』が発見された時にニュープリント作成と復活上映に関わった方なのです。なので画質は良くはありませんが個人的に『狂った一頁』や『十字路』の素材を持って居るという訳。

 なら前衛映画祭では闊達なお喋りを披露された中村さん、『狂った一頁』を観ている回数は100回じゃ効かないと仰っておりました。衣笠監督とも交流があり、そんな回数を観ている方の前で『狂った一頁』を説明するのは流石に緊張したのを覚えています。

 このブログで何度も触れていますが、世の中には弁士が嫌いな無声映画ファンが結構います。逆に言えば弁士は、彼らから嫌われるのも商売の内なのです。ましてや『狂った一頁』のようなアバンギャルド作品の説明をするのであれば「弁士不要」の声が出るのは致し方ないのです(当然反論はありますがね)。なので中村さんがそうなのではないかと思って怖かった部分もありました。

 『狂った一頁』の終演後、一直線に中村さんの所に行きました。そこでお褒めの言葉を頂けた嬉しさ…、なんと表現すればよいのか。

「正直、最初は弁士を付けるのが嫌だった。でもよくやってくれた。自分の解釈と、君の解釈と違う所は当然ある。でもそれでいい」

 と、声を掛けてくれたのです。そしてその後、片岡で『十字路』上映しようと仰って下さっていたのです。一生懸命務めさせて頂きます。
スポンサーサイト
|08/13| 活弁コメント(2)TB(0)
【大山崎東向日】
うわ、奈良で上映された『狂った一頁』って、個人所蔵のフィルムだったんですか! それはビックリ!
2010/08/13 22:55* URL* [ EDIT]
【片岡一郎】
> うわ、奈良で上映された『狂った一頁』って、個人所蔵のフィルムだったんですか! それはビックリ!

さすがにフィルムじゃありませんでしたけどね。テレシネ素材を貰ったとの事です。
2010/08/14 13:51* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/440-12be39ad
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)