今年が始まって、もう1週間が経ちました。ツイッターでもぼやきましたが、1週間という事は今年の52分の1が終わってしまった事を意味します。そろそろ来年の準備しなきゃなりませんよ。

 とか思ってると、昨年の支払調書が送られてきたりなんかしましてですね。
 まだ去年と地続きなんだと思い知らされてみたりもしています。

 俺の今年はどこだ!

 さて、2月の出演を幾つかご紹介するコーナーです。
 来て頂ければ嬉しい。来られない方はご祝儀気持だけでも気にして頂ければ幸いです。

 ●第57回安吾忌
 日時・2月17日18時30分~
 会場・如水会館
 会費・8000円
 申込・ango-ki@kub.biglobe.ne.jpにて1月末日まで受付
 演目・『専売特許』 弁士・片岡一郎

 安吾忌ですよ、あ ん ご き!
 ペンクラブの仕事といい、安吾忌といい、文学関係の仕事は本当に嬉しいのです。
 といっても坂口安吾に関しては、ワタクシまったく無知なのであります。
 当日は安吾カルトクイズもありますが、私は答えられません。問題の読み上げ位はお手伝いしようかしら……。
 安吾は映画も良く見ていたそうで、いわゆる短編喜劇も立派な芸術として、ことにチャップリン等を愛していたそうです。それにちなんでの作品チョイス。
 安吾が笑ったかもしれぬ作品を説明します。さて、あなたは笑えるか?


第3回恵比寿映像祭
 日時・2月18~27日(片岡出演は23日19時~)
 会場・東京都写真美術館 全フロア / 恵比寿ガーデンプレイス センター広場ほか
 料金・入場無料*ただし定員制の上映プログラム、イヴェント等については有料(公式サイトにてご確認下さい)
 演目・『限りなき舗道』 弁士・片岡一郎、演奏・柳下美恵

 成瀬は『君と分かれて』しか説明した事がないので、これは楽しみ。
 楽しみといえば、このイベントは私がなによりも楽しみにしているのです。
 なぜかといえば、私を2007年、2009年と2回もクロアチアに呼んでくれたTanja VRVILOさんが「クロアチア 反映画、もしくは制度からはみだした映画 フィルム・ミューテーションズ」と題して来日講演をするのです。しかも私が紹介した訳ではなく、たまたまです。なんという偶然でしょうか。
 さらには「忘れられた映画の再発見 神戸映画資料館セレクション」なんて企画もあったりして、これは素晴らしいの一言に尽きるのです。
 『限りなき舗道』はサイレント上映と、片岡(弁士)&柳下(生演奏)上映と、鈴木治行氏による電子音楽による上映の3バージョンで御覧いただけます。見比べてみるのも一興でしょう。折角こういう上映形態をとっていただけるのですから、活弁否定派の方々が「やはりベンシは不要である」と言い易いように演ってやろうと思っています。

 
 ●第631回無声映画鑑賞会 [時代劇バラエティー 復元初公開作品と共に!]
 日時・2月25日18時30分~
 会場・門仲天井ホール
 料金・前売/1500円、当日/1800円
 申込&問合・katsuben@matsudafilm.com
 演目・『中山七里』弁士・澤登翠
    『小楠公とその母』(伍東宏郎の解説版)
    『與四郎大事を口外す』弁士・片岡一郎
  
 定例会ですね。定例過ぎて倦怠期の夫婦みたいな関係性になりつつあります。
 私が担当するのは『與四郎大事を口外す』です。4分で終わります。
 来てくれとは、言い辛い……。
 とはいえ、どれも貴重な作品です。お時間あれば是非。


 そして繰り返しますが、3月はオーストラリアツアーですよん。
スポンサーサイト
|01/08| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/462-ff12e1fa
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)