どこでどんな取材がくるか分からないものですね。
オーストラリア公演をどう宣伝した物か、考えていたときに、全く別の方面から取材申し込みがありまして。

で、トントンと紹介して頂いた訳で御座いますよ。
ホントウに有難い事です。

日経ビジネスassocie

いわゆるビジネス雑誌ですね。
私は時折ビジネス書やなんかも読んでみる事があるのです。「一流セールスマンの必勝○○術」みたいな奴。
それはそれで面白いですし、刺激にもなりますし、我々の業界に足りてない物を教えてくれたりもしますが、といって定期的にビジネス誌を読むなんて事は、流石にしてませんでした。

その私が取り上げて頂けるってンですから、不思議ですね。

最初はね、こうなってはいけない人生、みたいな感じで扱われるのかと思いましたよ。
嘘ですがね。

でも私がビジネス書を読んで得る所があるように、ビジネスマンも我々の存在を知って、考え方に触れれば何か役に立つ事があったりするのかもしれません。
そう思えば、こういう雑誌に取り上げて頂ける事こそ、何より喜ぶべきなのかもしれませんですね。

担当の記者さんは私の事をたまたま知ったそうです。つまりビジネスマンには活弁なんてまーったく知られてない、と思ってよろしい。それを悲嘆するか、開拓の余地とみるか、ここですよビジネスマン的発想は。まだまだやりようがあるのが我々の業界でしょう。ラー油だって発想を変えて売ったらバカ売れしたんだから。

ひとつ皆様の知恵をお借りしたい物です。
「日経ビジネスassocie」は昨日発売でした。まだまだ本屋さんで買えますゾ。
私の記事を読んで頂くのも嬉しいですが、このブログに辿り着くような方々なら、私と同じくビジネス誌はあんまり読まないって人が多いと思います。たまには「仕事に効くノート術」なんて特集を熟読してみるのも面白いかもしれません。世界は未知に溢れています。
スポンサーサイト
|02/16| 活動コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/465-14fd83f9
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)