これより2週間、『瀧の白糸』と旅をします。
師匠の台本通りに演れば、字幕と合うのに、あえて完全に自分で書いた台本で臨みます。

「弁士は自分で台本を書く」という矜持に乗っ取っての行動ではありますが、現地の方には迷惑この上ない、かもしれない行動。

でも大事なのだ。芸が、その芸である為に揺るがしてはいけない部分なのだ。

はたして吉と出るか、凶と出るか。

報告は2週間後。
スポンサーサイト
|03/01| 活動コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/468-5620c8fc
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)