公演のダブルヘッダーでした。(ダブルヘッダーってこの使い方で合ってる?)
 つまりかけもちでした。

 活動倶楽部では『好機逸すべからず』を根多おろし。
 死ぬまでにこの作品をあと何回やれるかというと良くて3回だろうと思うのです。

 弁士はどんな作品を手掛けるかで2パターンに分かれます。
 ひとつは、何度もかけられる汎用性の高い作品を集中的に手掛けるパターン。
 もうひとつが、とにかく色んな作品をやりたいパターン。

 前者は商売としては効率が良いんです。何度も同じ作品をやっていれば熟練度もあがるしね。
 でもアタクシは圧倒的に後者なんですね。願わくば全ての無声映画を1回はやりたいという、極めて効率が悪いやり方。前者が商売人タイプなら、後者はマニアタイプという事になりましょうか。でも商売の効率が良いのが、芸人としての正解ではない、というのも事実。ましてや活弁の場合は手掛けた作品の数に比例して映画に対する知識は増えますしね。

 んまあ、私は効率悪く生きるのが性質なので仕方ないんですが。
 共演は『怪賊退治』の説明を山城秀之君。音楽は2作品ともcoloridasさんの生演奏。
 とても良ぅ御座いました。


 そしてそして夜は戸野廣浩司記念劇場でチャリティー公演に参加。
 こちらもまたまた楽しかった!

 MARUさんプロデュース公演でしたが、演劇あり、マイムあり、歌あり、朗読あり、活弁ありのごった煮公演。中でも白眉は大衆演劇の愛望美さん、青山郁彦さんお二方の舞踊でありました。サービス精神たっぷりの青山さんの舞台、佇まいで引き込む愛さんの舞台。関西流と関東流というか、もうこれは贅沢な時間で御座いましたよ。

 チャリティー公演で大事な要素のひとつには出演者が楽しいでいるか、というのがあると思うんです。
 困っている人のために何かしてあげたい、これはとても高潔ですばらしい発想だと思いますが、長続きさせるのは大変です。自分がちょっと困れば、今は他人どころじゃないんだよ、テナ具合になっちまうから。しかしながら昨日の出演者は困っている人の為にとかじゃないんです。出演者だって困っている人達ばかり 何かしてあげたい、ではなく基本的には同じ立場の人達ばかり。ただ現状が違うだけだという感覚。だから楽屋が和やかだし、他の出演者の出し物を皆で見ている。

 良い公演でございました。
 でも疲れました。帰宅したら即寝で御座いました。
 身体は疲れますが、1日2公演やると精神的には充実します。
 どんどん数をこなしたいですな。
スポンサーサイト
|05/16| 活弁コメント(2)TB(0)
【】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/07 00:31* * [ EDIT]
【】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/01 07:58* * [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/476-291b0c9b
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)