このところ更新を頑張っている当ブログです。
 なんとなくアメリカに行ったら向こうの生活をレポートできればいいな、と思っているのです。告知ブログじゃない、普通の?ブログみたいなのをやってもいいかなと。思ってるだけですけれどね。多分出来ないんですけどね。

 さて本日の話題で御座います。大西赤人さん責任編集の季刊誌「メタポゾン」第6号に先日のドイツ公演のレポートを書かせて頂きましたよ。

季刊 メタポゾン 第6号

 個性のある雑誌・文芸誌が減る一方の現在、わざわざ創刊されたのが「メタポゾン」でありますが、あえて逆風に立ち向かう悲愴は感じさせない軽やかな紙面が毎回実に楽しいのが本誌なんんですね。今回も「特集 長谷川集平」に始まり、大西巨人の「未発表評論」あり、西原理恵子「サ・イ・バ・ラの季節」あり、北大路公子の「均された世界」あり、出河雅彦の「『薬害』HIV感染問題を問い直す」あり、のぞゑのぶひさの「尾崎翠の世界 木犀」あり、さらに多数の魅力的な読み物がありまして、そのなかに私の「弁士、独逸へ行く」がある訳です。

 どうだい?欲しくなってきたんじゃないかい?
 「メタポゾン」の取り扱い書店は全国の紀伊國屋、ジュンク堂、丸善、リブロ各店、模索舎(新宿)ほか多数。各種ネット書店でも販売中なのですよ。店頭にない場合も、注文により、取り寄せが可能です。
 詳細は株式会社メタポゾンWeb siteにてご確認下さいませ。

スポンサーサイト
|07/01| 活動コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/510-7d0a4429
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)