旅じゃないじゃん、と早くも評判のアメリカ旅日記4日目です。
 旅かどうかは別の問題として、どんどん現実において行かれています。どうやったら実時間に追いつけるか、そのことばかりを考えて暮らしています。嘘だけどな。

 そういえば昔、顔のある林檎がなにかというと「嘘だけどな」っていう漫画がありまして、ちょっと好きでした。たしか『極楽りんご』とかいうタイトルだったと思います。

 とにかくですね、現実に追いつくためには、一日あたりの記述を減らすしかないのですよ。なんで一日当たりで8枚分とか書いてんの、俺?みたいな感じです。

 さらに余談ですが、僕もそうですし、大抵の物書きは書く分量を原稿用紙換算で●枚と数えますが、ゲーム等のシナリオライターさんは●バイトで数えます。合理的っちゃ合理的ですね。

 だからこういうのがイカンと言うておろうに。

 えと、4日目です。(新井素子風に)
 1日にアメリカに到着して、買い物ばかりしておりましたが、この日、ようやく学校にやってきましたよ。ゆにばぁしてぃ おぶ みしがん に。
 最初の感想は

 リスがいる

リス、利子ではない


 でした。
 Markus先生に言わせると、すぐに見慣れて気にならなくなるそうですが、気になってしょがないのよ。それにね僕は日本で30年以上暮らしてますが、いまだに雀を見ると「あ、雀だ」とか思っちゃう男なのでそう簡単にはリスに慣れない自信がありますね。とにかくどこ見てもリスがいます。可愛いです。触れませんが。

 今回、僕がお世話になるのはミシガン大学のScreen Arts & Culturesという部門です。連れて行かれて驚きましたね。なんと俺のオフィスがある!これにはリスもびっくり!なんかね、勘違いしそうですよ。今後日本の大学は三顧の礼を持って俺様を迎えるべきではないかと思いそうですよ。日本の大学がダメなら、せめて日本大学は俺様を丁重に持成すべきですね。
 日大っていえばさ、卒業生名簿ってあるじゃない?あれの申し込み用紙にね、卒業する時に就職先に「活動写真弁士」って書いたのさ。出来上がってきた名簿を見たら俺の職業欄が空欄でやんの。日本大学芸術学部は活動写真弁士を仕事と認めなかった!これ、他学部の人に話すとバカ受けネタです。だから今後、講師で行ってあげても良いよ。の口をお願いします。

 ミシガン大学の写真を撮ろうと思ったのですが、広大すぎてどこを撮ってよいものやら見当がつきません。あとミシガン大学はFree WiFiがガンガン飛んでます。日本も何とかしようよ。外国人にとってFree WiFiがあるかないかは本当に大事な問題よ。東京にオリンピック呼びたいんじゃないのか。

 良い事ばかりの様に書いてますが、本日のメインはガイダンスなんです。留学生とか、僕みたいな立場の人間を一カ所に集めて、これからミシガン大学を生活の中心に据えて生きていく人達に心得を説く時間があるんですね。身分証の使い方とか、健康保険の制度とか。
 これ、勿論英語です。
 そりゃね、留学生の方々は試験に受かるだけの英語力があるからさ、スタッフの方が何を言っているか分かるでしょうよ。こっちは立場こそ優遇されていますが、英語は難民ですよ、漂流民ですよ。15少年漂流記ですよ。
何言ってるか、ほとんど分からない状態で2時間半。
 ただし悔しいのがさ、スタッフの方が時々ジョークを挟むんだけどね、それは分かるのさ。冗談聞いて、ははは、なんて笑って、なのに肝心の保険についてよく分からない。あと保険料を滞納すると30$の罰金だという事だけは分かる。つまり分かるのはジョークと罰金の金額だけ。

 ちゃうんや、僕が知りたいのはそこやない。
 まあね、何とかなるでしょう。

 試練のガイダンスのあとは映画ご専門の先生方と中華料理でご会食です。超豪華メンバーの中に私がいます。なので僕も豪華な人間なんだと思い込む事で、何とか意識を保とうとした、という事だけは覚えてます。偉い先生って言ってもね、基本映画史をやる人間はオタク気質ですからね、最後には「僕はハイジが好きだ」とか言い出すのさ。凄いな、日本のアニメ。
スポンサーサイト
|09/04| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/532-e3ee3b9b
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)