ついにやってきました。
 デビューの日です。米国デビューです。もっというなら全米デビューです。

 当初はね、14日のMichigan Theaterがデビューの予定でした。しかし、その前にやっちゃおうということになりました。なぜやっちゃうかというと、14日以降のプロモーションですね。これから毎週金曜日にAnn Arborにおいて小津作品を説明するという荒行がまっていますが、まだこの特集をしらない人が多い。ならば興味を持ちそうな生徒さんがいる授業に押しかけて、お邪魔させて頂いて短編を上映、宣伝しちゃおうじゃないかという次第です。
 結果、僕の9月のスケジュールは割とお忙しい事になったのです。ちなみに演目は日本でさんざん演った『喧嘩安兵衛』です。7分の時代劇はこういう活動にはうってつけですね。アリガタヤ。

 どんなスケジュールかを書いてみましょう。別段忙しい自慢がしたいんじゃなくて、ちょっと整理したいのね。

Thu Sep 6 11:30am Film Adaptation Class
Mon Sep 10 10:10am Japanese Civilization Class
Thu Sep 11 1:10pm SAC 236 Intro to film
8:10pm Fascism Screening
Wed Sep 12 4:10pm Animation Class
Thu Sep 13 10:10am Intensive Japanese I Class
Tue Sep 18 4:10pm Film History Class

 まだ増える気配です。
 この文章を書いているのは9月11日です。今のところおおむね好評です。まあ珍しいからねぇ……。さっきはとうとう英語で前説もカマしましたよ。30秒くらいだけど。でも良いのウケたから。アメリカ人は笑いの沸点が低いから好き。もしミシガン界隈にいる方、お待ちしていますわ。

 とにかく9月6日、アタシャ米国で弁士をやりましたよ。嬉しかった。
 そしてなんと、夜にはラジオに出演しちゃったのさ。
 Markus先生がね「僕は通訳はしないよ、サポートはするけど。だから頑張れ」と(笑)。どんな虎の穴か!

和服 de  れいでぃお


 最終的には英語にならない英語をヘドモド喋って、大体はMarkus先生は話してくれたんですがね。いや、ハードルが高すぎですわラジオは。でも楽しかったけどね。にしても不思議なラジオ局でした。日本でいうところの地域FMになるんですが、実に自由なんです。コンセプトは、ほかのラジオ局では流さない音楽を積極的に流す、事にあるんだそうで、僕らが出る前にも赤ん坊の泣き声がずっと流れている音楽が放送されていました。その次の番組で弁士が喋るんだから、こりゃカオスです。なにより放送ブースがドア開けっ放し。放送中に廊下の話し声が聞こえてくる。
 ラジオチューナーでは一番左のチャンネルです。それだからかどうか知りませんが、左寄りの思想が強いラジオ局だそうです。FM833は最左翼ラジオなのだ、というわけ。

開け放たれた扉(放送中)


 ちょっぴり驚きましたですね。

 この写真はMarkus先生のご子息が放送中に撮ってくれました。自由なラジオだ……。
スポンサーサイト
|09/06| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/534-7fd9cf89
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)