図書館でDVDの貸し出しが出来ました。おめでとう俺。
 先日来、図書館と一言で言っていますが、ミシガン大学には何カ所もライブラリーが御座います。DVDを大量に所蔵しているのは私がお世話になっているScreen art & Culture の資料室で御座います。ここには大変な量のDVDとそして様々な作品のシナリオが保管されています。シナリオを積極的に収集しているのには訳があります。ミシガンはハリウッドのような映画造りの本場ではありません。そこで映画のいろはを学ぶに為に必要なものは何かと考えた結果、積極的にシナリオ等の資料を収集しようという事になったのです。だからこそ活動弁士も呼ぼうじゃないかと話がまとまるのですね。有難い事です。さらには法学科向けの図書館やら、在校生向け図書館、院生用図書館も御座います。しかも重要なのは院生用図書館であっても入館は誰でも自由に出来るという事なんですね。ミシガン大学の知は地域の誰にでも開かれている。これは大事。しかもミシガン大学の図書館は世界でも有数の所蔵量を誇る図書館です。寺山修司全集なんか平気な顔しておいてます。手塚治虫もあります。三遊亭円朝集なんてのも置いてありますし、ゆまに書房の初期映画資料集成もばっちり揃ってる。

 ここで暮らせます、僕。

 かくしてミシガン大学の図書館が自分のものになった上に、素敵な事が今日は御座いました。

 お給料が出た!

 四か月分まとめて!!

 金持ちだよ。宵越しの銭は持たねぇなんつっても、どうやったって使えませんよ(大げさ)。実はアメリカに来てから、お金はずっとMarkus先生から借りていたのです。もちろん絶対に返せるお金ですからお互いに平穏なお付き合いですが、とはいえやっぱりね、日に日に借金がかさんでいくのはどうもね。それが返せる。目出度い。目出鯛。

 と思ったのもつかの間で、小切手だよ。この大金が紙切れ一枚だよ。異国で小切手、どう扱って良いか分かんねぇよ。それに万が一無くしちゃったらと思うと不安で仕方ないよ。早いとこお金にしちゃいたいよ。
 志ん生師匠の『火焔太鼓』で「手前落としたって金を落としっこありません」という台詞がありますが、今日の私はまさにその心境です。小切手を突っ込んだ鞄を抱えるようにして家路につくのでした。

 借金返済への道は遠い。
スポンサーサイト
|09/18| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/547-fcd7d9a4
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)