上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
 セミナー二日目です。
 正直、朝から晩まで研究発表を聴いていただけなのであんまり書くことが無いんです。
 詳述すれば大変な分量になるし、そもそも話の内容をきちんと聞き取れているわけでもないしね。
 本日はプログラムを転載します。

セミナー3

セミナー4


 ちょっと分かりにくいかもしれないので解説しますと、一日が三つのフレームに分かれています。さらにフレームの中に幾つかのパネルが御座います。参加者はパンフレットを見ながら聴きたい研究発表の会場へ足を運ぶ仕組みなのですね。という事は、どんなに熱心な方でも全ての研究発表を聞く事は出来ない仕組みになっているのです。
 不親切な気もします。でも自然と密度が高まります。何となく全部聞くのではなく、自分の聞きたい発表を選んで足を運ぶ。うむむ、勉強とはこういうものだなぁ。

 以前も書いたかもしれませんが、こちらの授業や研究発表では質疑応答に十分な時間をとります。日本では「質問のある方?」と声をかけられても誰からも質問が出ずに終了という流れもありますが、こちらではそれは基本的にありません。最初の一人が手を挙げるのには若干時間がかかる事がありますが、誰かが口火を切ればあとは芋づる式に質問が出てきます。研究発表は自分で用意した内容を話せば良いのですが、質疑応答はどんな角度から攻め込まれるか分かりませんから、こちらの方がスリリングだったりなんて場合もしばしば。

 質問と言えば学校の授業等で先生が「何か質問は?」と聞いた場合、日本の先生は一分待つんだそうです。対してアメリカは十秒と待たないとか。自分の意見を言う訓練が早い段階でなされるわけですね。だからって日本にそのまま取り入れても上手くいくってモンでもないでしょうが。
スポンサーサイト
|09/28| 活動コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/559-cbd11438
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。