上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
 髪が大分伸びて来ました。
 出発前に切ったものの、あれからもう一か月を超えまして、もう大分。

 正直、こちらで髪を切るのはちょっと怖気づきます。なぜといってあなた、私は日本でも店員さんに希望を伝えるのが苦手なんですよ。

「もみあげどうします?」とか聞かれても、どう答えていいか分からない。雑誌や何かをみて、こうなりたい・こうしてほしいというのも一切ない。つまり日本とかアメリカとか関係なく髪を切りに行くのがおっくうなのです。なのですが、切らないとそれはそれで大層髪が邪魔なのです。
 僕は小中学生の頃、いや高校時代も、もしかしたら大学時代、さてさてその後も結構長い間、髪は短く切りゃ良いもんだと思ってました。だって短ければ、その分次に切るまで間があるじゃないですか。だもんですからワタクシの髪型はいわゆるスポーツ刈りだったんですね。スポーツが苦手なくせに、髪型だけはずっとスポォツでした。
 ところがですな、固いのよ、アタシの髪。針金みたいなのよ。だから一番短い時期は良いんですが、ちょっと伸びてくると強烈な寝癖が付いちゃうんですね。ちょっとやそっとじゃ直らない。小学生の時なんて、後ろから見ても寝癖で片岡君だと分かる、なんて言われたもんです。それは別の問題もある気がしますが。
 ただ流石に人前に出る仕事で寝癖はあまり良くないので、床屋さんに相談したら、少し長めにしておけば良いんじゃないかと言われまして、それからは少し長めなんです。僕の髪型は基本的に床屋さんの言いなりなんです。

 ただし長いと問題もありまして、やたらと目にゴミが入りやすい。毛先に引っかかった埃が目に入っちゃう。アタシ、コンタクトレンズだから痛ぇのなんの……。

 とまあ、そんなもろもろの薄っぺらい事情も御座いましてこっちで髪をどこに切りに行くべきかを考えているのです。なんだかね、ネットで調べるとこっちの床屋さんは東洋人の、ことに針金系の髪質には慣れてないので扱いがイマイチだそうなんです。とりあえずバリカンで刈っちゃえみたいな床屋さんも結構いるらしくて、日本人は問答無用で角刈りにされる店もあるとかないとか。
 ちょっとね……角刈りはね……。
 そんな部分で悩みながら日々を送っております。今週は忙しくて台本にかかりっきりなのを良い事に、どの店に行くかという決断を先延ばしにしております。

 僕、夏休みの宿題は終わらせないで二学期を迎える派でした。
スポンサーサイト
|10/14| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/576-b0f3ff12
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。