上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
 旅日記らしくなってまいりましたね。
 今日はカンザスに向かうのです。前回はタクシーでしたが、今回はバスで御座います。
 と、その前に急遽用事が……、朝イチでソーシャルセキュリティーナンバーを取りに行こうという事になりました。ようやく書類が揃ったのですね。受付事務所に行くと番号札を取って、呼び出されるまで待機、呼ばれたら職員に書類を渡して口頭で確認事項を伝えます。まったく日本のお役所と同じですね。目を引いたのは待合室で流されている解説ビデオでしょうか。モロにスタートレックがモチーフの宇宙人がここでどんな事が出来るかを解説してくれます。宇宙人は男女ペアなのですが、男性の方が伊武雅刀に毛をはやしてエンタープライズ号の制服を着せたような、どうにもこうにも味わい深い方で御座いまして、目が離せないのですね。
 あんまり待たされると空港へ行くバスが来てしまうのではないかと冷や冷やしておりましたが、それを上回るアメリカ雅刀の怪演に僕の心は鷲掴みで御座いました。ところでアメリカで企業PVやお役所のポスターを見ると高確率で東洋人が使われています。日本だとお役所のポスターにわざわざ白人を起用する事は少ないと思いますが、こっちでは東洋人が普通に使われている。そのくらい人種が入り乱れているんでしょう。もっとも日本では都知事選投票呼びかけのポスターにAKB48の娘さん方を使ったり、町おこしに萌えキャラをつかったりしますから、これはこれで別の入り乱れを感じますが。

 手続きそのものは10分程度で終了。二週間以内にソーシャルセキュリティーカードが届くはずだ、もし届かなければまた来るなり電話するなりしてくれ、という紙を貰って事務所を後に。ちなみにAnn ArborのSSN事務所では待ち番号発見器に「ここで番号札を鵜受け取って下さい」っぽい事が日本語でも書いてありました。これなら英語が苦手な方でも安心ねと思いきや、日本語のフォローがあるのはここだけです。小さな希望を与えてから突き落とすなんてなかなかやるじゃねえか、SSN事務所。

 そんな作業をこなしてから無事にバスに乗り込んで空港へ。

 今回は直行便だから楽ちんね。なんて思ってた訳ですよ。

 飛行機はほぼ時間通りにデトロイトを離れてカンザスへ。
 フライトはあっという間です。今回はカンザス大学の方が空港まで迎えに来てくれると言うのでお電話をしますと「あれ?もう着いたんですか?」と。「はい、予定より早く着いたみたいですね」と僕。
 実際到着は早かったのです。早すぎたと申し上げても良い。
 「じゃあすぐに空港に行きます。一時間くらいかかっちゃうけど大丈夫ですか?」
 おやおや、そんなに時間がかかるんざますか?でも待ちましょう。というのであっちへウロウロこっちへウロウロ。この時に様々な看板をしっかり見ていれば良かったのです。

 小一時間後に電話の着信。「着きました。どちらにいらっしゃいますか?」
 「手荷物受取におります」
 なんてやりとりをしますが、会えない。お迎えの方が影も形も見えない。しかもどうにも話が噛み合わない。お互いに電話を切ったりかけ直したりして会おうとしますが、やっぱり会えない。『愛染かつら』か俺は。なんて思っていたら、妙な文字を見つけたのです。

 C H I C A G O

 ここはシカゴだァァ!!!!
 節子、ここカンザスちゃう。

 フライト予定は確かに直行便でした。チェックインの時に発行されたチケットもそうでした。おそらくそれから出発の間に航路変更にでもなったんでしょう。しかも前回のインディアナ行きでしつこいほど来た確認の電話も来ない。でもシカゴだ。

シカゴのパンフ
空港内に設置されている観光ガイド群


 という訳で、もうカンザスに着いていなければならない僕はまだシカゴにいます。
 驚いちゃったね、これは驚いちゃったね。電話口でペコペコバッタよろしく頭を下げて飛行機の手配に向かいます。嗚呼、携帯電話があって良かった。そしてシカゴからカンザス行きの飛行機の空席もあり、何とか乗り込みます。

 待合所ではポケモンが放送されていました。ニャースの笑顔が今の僕にはキツイデス。

ニャース
シカゴに着いたのでニャース

 なんかね変だとは思ったのよ。でも直行便で降りたら到着だと思うじゃん?しかしこういうトラブルで動じなくなったなぁ、俺。初めての海外公演でクロアチアに行く時なんてミラノでの乗り換えでドキドキだったのに。

 午後三時にはついているはずのカンザスに到着したのは午後七時半で御座いました。
 到着日講演じゃなくて本当に良かった……。
 空港から大学やホテルのあるローレンスまでは車で約一時間。
 ごめんなさい、本当にごめんなさい。

 こんな僕に宿をあてがって下さって本当にありがとうございます。
 
 車の中で聞いた話ですが、カンザスはバーベキューにこだわりがあるんだそうです。アメリカにはバーベキュー大好き人が多くて量販店に行くとバーベキューコーナーがありますし、アメリカ生活ガイドブックなんかを読むと「アメリカ人と親睦を深めたいのならBBQパーティを企画しちゃおう」みたいな事が書いてあります。
 しかし!カンザスのバーベキューはそんじょそこらのバーベキューとは違うのだそうです。どう違うのかはカンザスのバーベキューパーティに参加した訳ではないので分かりませんが、とにかくカンザスっ子はバーベキューにこだわりを持っているそうです。関西人のお好み焼きみたいな意識なんでしょうかね。

 明日の本番に備えて寝なければなりません。観光をしている時間は無くなりました(自業自得)。
 
スポンサーサイト
|10/16| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/580-fd88df2b
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。