もうどうしようかと思う忙しさ。台本の準備に追われております。
 今週は金曜日にミシガンで『東京の合唱』を演って、土曜日にシカゴで『御誂治郎吉格子』を演ります。『東京の合唱』は今回初演、『御誂治郎吉格子』はずっと前(2004年)に飛騨高山で説明して、それからずっとかける機会が無くて、一昨年に赤坂で音和座さんと初共演の際に久々だったのですが、これは諸般の事情により師匠の台本そのままに、一切の変更なくやって個人的には不完全燃焼で、今年のお正月に神保町シアターで再演するってんで一から台本を書き直した作品です。なので師匠のバージョンの文字起しも含めれば、これまでに三回も台本を書いている作品なのですが、なんとした事でしょうかアメリカでもやる事になってしまって、しかも当初は上映候補に挙がって無かったので台本を持ってきいない。

 すわ書き直しかとオノノイていたのですが、天の助けがありました。
 『御誂治郎吉格子』は今年の五月、ドイツでも演った作品です。ドイツではドイツ語字幕をつけるとというので、事前に僕の台本のデータを送ったのです。もしかしたら……とPCを引っ掻き回しますがデータは無い。そんなに上手くいかないよね、台本書くべと思って筆箱を開けるとUSBメモリーが。

 そうなのよ、この中に入ってたの台本データ。
 上映の度に台本は洗い直します。つねに新しい台本で本番に臨みます。なんて言えたらカッコ良いんですが、現実問題としてなかなかそこまでやってられません。それに前回書いた自分の台本がそれなりに気に入っております。一から台本を書き直すと、そうさね12時間くらいはどうしたって必要ですしね。そんなこんなで台本を書くモチベーションが上がらずにいたので、データがあって助かったのでした。

 これで『東京の合唱』に専念できます。毎週やっているSilent Ozuも『東京の合唱』『非常線の女』『浮草物語』の三本を残すのみとなって、初演は『東京の合唱』だけ。ようやく、ようやく荒行の日々から解放される。やれ嬉し、やれ有難や、ドンツクドンツクと太鼓叩いて踊りながら喜んだので御座いました。

 それはそれとして銀行からデビットカードがまだ届きません。
 それなのにアカウントを作った銀行から無差別DMで「今ウチの銀行でアカウントを作ると、なんと○○$が貰えちゃう」って案内が届きました。作ってるっちゅーねん。
 もっともこれは銀行のせいでは無いようなんですね。宅配業者が持ち帰ってるようなんですね。なぜかというと、こっちではポストの中に名前を受取人の名前を貼っておくのが普通なのですが、ここで宛名と受取人が一致しないと大切っぽい郵便物は入れてくれない。当たり前っちゃ当たり前ですが、持って帰った事や、こういう物が送られてきたという通知は一切なし。なのでこっちは届いてないのか、持って帰られたのか、そもそも発送されていないのか分からない。
 いやね、ポストの中に名前を貼っておくなんて知らなかったからさ。海外生活のガイドみたいな本にも書いてなかったからさ、誰も教えてくれなかったからさ・・・・僕がイカンですね。良く見たらポストの中には前の住人の名前が書いてある・・・・僕がイカンですね。そりゃ届かないよ。

 みなさんもお気を付け下さいまし。
 ポストには名前を書きましょう。

 写真は牢獄にとらわれた重罪人バージョンのデトロイト空港のお土産屋さんのキティちゃん。
デトロイト空港のキティちゃん


スポンサーサイト
|10/23| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/598-ee2bf26b
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)