風が凄いのです。
 窓に叩きつけるような風が吹いています。何かと思ったらハリケーンのサンディの風なのだと。ニューヨークで猛威を振るっているハリケーンの風がここまで届く……。しかもかなりの風力です。空を見上げたら鳥が真横に向かって飛んでました。どんなに羽ばたいても、自分の進みたい方向に行かないんですね。自然の力をまざまざと見せつけられる思いです。しかも寒い。外に出ると秒単位で体温を奪われていくのが分かります。

 災害って非日常じゃないですか。だから何となく現実感が無い。でも強靭な力で日常を食い破るから否応なく現実だと認めざるを得なくなる訳です。ところが自分はまだ米国について二ヵ月で、日常というには若干浮ついた生活をしています。日常がまだ非日常的と言えば良いのか。
 結果として非日常の中にハリケーンという非日常が割り込んできている構造ですから、こちらとしては物語の中にでも居るような心持がするんですね。幸いにして近しい人で怪我をした人もいないし。

 なんというか、不思議な感覚です。

 本日は天候こそ荒れていますが、スケジュール面では久しぶりに時間があるので学校の図書館に行きました。ミシガン大学の図書館は日本語の資料も沢山あり、無声映画のDVDも大量に所蔵していますし、さらには著作権切れの映画に関してはオンラインで、誰でも見られるサービスも展開しており、弁士にとっても誠にありがたい環境です。実に図書館こそが大学の価値を分けると言っても過言ではありますまい。

 電子書籍の時代になったら、大学図書館も含め、図書館の在り方はどう変化するんでしょうね。権利切れの文献は良いとして、新刊の扱いとか。

 なんてつらつら考えておりました。

 今日のキティちゃんはヘッドフォン。耳の位置が違うのに。
キティ ヘッドフォン
スポンサーサイト
|10/29| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/606-efea1e5d
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)