米国に居る間にしなければならない事のひとつにお買い物があります。ブランドのスーツとか時計とかには全く興味がありません。身の丈に合わない物を身につけていても勿体ないだけですしね。そういえばずっと前にもらったダンヒルの財布が、家のどこかに放ったらかしている筈だな。ダンヒルが高級なのか、それとも実はお安いブランドなのか分かりませんし、頂いた財布が言い物なのかも分かりません。もっといえば「馬鹿、ダンヒルなんて無ぇよ」って言われたら、僕は、そうなの?と思うに違いないのです。今後もブランド品には興味を持たないと思います。何かの拍子にお金持ちになったら分かりませんが。

 何を買うのかと申しますと、フィルムね。無声映画のフィルムね。
 落語家さんや講釈師さんは稽古をつけても貰って覚えたネタはその後基本的には自由にかけられますね。でも弁士はそこが違うんです。映画はあくまで映画なので、上映にお金や許可が必要な事も少なくありません。著作権が切れていても、映像を所蔵されている方や機関には相応に仁義を通さねばなりませんので、自分にピッタリくる作品に巡り合えたとして自由に上映は出来ないのです。
 映画をお金を出して借りねばならない状況には、安い仕事を受けられないという問題もあります。
ちょっとしたカフェでの仕事でギャラが二万円と言われたとしましょう。こちらとしては折角お声掛け頂いたんですから受けられるものなら受けたい。でも映画を仕事で借りると、まぁ二万じゃ収まりませんな。二万円の仕事を受けるために五万円払わないといけない、なんてジョークみたいな局面もあるのです。ましてやキャリアが十年以内だと、そんなに割のいい仕事なんて土台回って来ません。ただでさえ少ない収入は消え失せ、受けられる仕事も受けられない負の螺旋階段を力ずくで降りさせられる状態になってしまうのです。
 
 じゃあどうするか。

 僕の場合はフィルムを自分で手に入れようとしたのです。それ以外には自分でアニメを作ったら凄く評判になったS本君なんて人もいますね。でもアニメを作っている坂M君ですら、自分で自由に使えるフィルムを欲しています。
 弁士は映像ありきの仕事ですから映写が出来ない場所では仕事が出来ません。最低限スクリーンが張れて、映写機が設置できて、さらに客席おける場所でないと仕事が出来ませんでした。会場に広さ、高さが必要だったのです。ところが近年の目覚ましいビデオプロジェクターの進歩、映像ソフトの画質の向上によって十年前とは比べ物にならない次元で、簡単に上映が出来るようになった。小さい会場でも弁士の仕事が可能になった。

 僕らも芸人ですからね。取りこぼしたくないんですよ。でもカフェ上映の為に松竹さんや日活さんにお金を払っていたら前述の通り仕事にならない。

 でも

 自前のフィルムを持っていれば万事解決ですね。初期投資だけで、あとは自由に使える映画は、現代の弁士ならどうしたって欲しいものです。大きな仕事も、小さな仕事も受けられれば、こんなに素晴らしい事はありません。

 という訳でebayを始めました。ebayとは物凄く規模の大きいネットオークションです。世界規模に展開はされていますが出品・購入ともにアメリカが中心なのです。こっちにきたらフィルムを買うのは心に決めていました。日本のヤフオクでも時折無声映画のフィルムが出ますがコレクターが頑張り屋さんが多いのか短いアニメ作品に十万円が付いたりとか、ちょっと手が出せない取引が少なくありません。
 ebayはその点、お安いです。もちろんオークションなので高くなるときは吊り上りますが、無声映画のフィルムならそんなに高くならない。短編のコメディなら一万円以内で一本買えてしまいます。

 ebayのアカウント作って、それからpaypalのアカウントも作って、うんでもっていきなり高額取引は怖いので安い無声映画のDVDに入札したら即決で決まって泡食って、手続きは物凄く簡単で、出品者を一言も交わさずに支払いと送り先提示が出来てしまって……。
 あれよと言う間に米国ネットオークションデビューを果たしたのです。

 日本のヤフオクだと、相手とのメッセージを交換して、社交的な言葉を交わして、それから振込先を教えて貰ったりしてといったやり取りがまだ多いですが、こっちは実にドライです。登録だけ出来ていれば支払いは一瞬ですよ。おそらく日本人は取引相手の顔が見たい文化なんじゃないでしょうか。大事な話は直接会わないと進まない、なんて考えも日本では根強いですね。

 もしebayのやり方を調べていてここまで来てしまった方がいらっしゃったら、全く役に立たない記事を書いている事をお詫びします。懇切丁寧なガイドが日本語でもネット上にはありますので、そちらをご覧くださいませ。

 これからどんなフィルムが手に入るか、楽しみね。
スポンサーサイト
|11/03| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/613-b0f758e1
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)