上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
 寒いです。
 家から出たくないです。
 でも出ると楽しいです。
 雪が綺麗でね。結晶が大きいんですよ。小学校の頃に黒い紙の上に雪が落ちてくるのを待って結晶をみたりしたじゃないですか。そんな事しなくても見えるのね。うん、とても美しい。日本人はなぜ桜が好きかと問われれば、はかないものに美を感じるからと答えるのが一般的ではないかと思います。その意味では雪の結晶は、よりはかない。鑑賞している間もなく消えてしまうで愛でる所までなかなかいかないのでしょう。桜がちょうどよろしいのでしょうね。
 
 そんな雪月花に思いを馳せつつ、今日はマルチャンのカップ焼きそばを食べました(ひどい)。

 良いんですよマルチャンのカップ焼きそば。こっちのレトルト食品はとにかく食えたもんじゃありません。アメリカに来て食い物を捨てたのは興味本位で買ったレトルト食品を試した時だけです。残すことはありますよ、でも捨てる事はない。自分の人生でも食い物を捨てるなんて酷い行いとした経験は思いつきません。でも、あれは食い物じゃなかった。

 マルチャンは偉大です。ちゃんと食べ物でした。日本人だから慣れている味ってだけじゃないと思うんだ。根本的に食料としての完成度が違うと思うんだ。しかもカップ焼きそばは93¢で安いんだ。

 日本のレトルト食品がどうしてアメリカで主流にならないのか不思議です。
 商売下手なのかね。

 日本のカップ焼きそばといえば、お湯を入れて数分待ったらお湯を捨てる湯切り形式が典型的ですが、こっちのはお湯を少なめに入れてレンジで加熱するやり方です。するとお湯が麺に吸われる&蒸発する、で丁度いい量になっているではありませんか。
 なかなかよく出来ていますよ。

 どこへ行っても一定の味が食べられるレトルト食品は、あまり健康的ではないけれど、やっぱり大した発明品です。だたし不味いレトルト食品はどうやっても美味しく食べられませんけれど。

レトルト
帰国までに食べる事があるとは思えないレトルト食品
スポンサーサイト
|01/03| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/627-d30c4451
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。