「貴殿のATMカードはdeactivatedした。再開を所望される場合は下記番号へへ電話されたし」と携帯にSMSが届いたんです。
 やれやれと思って電話すると、「貴様のカード番号をプッシュしやがれ」と。
 やれやれと思ってプッシュすると「その番号は知らないのですぅ、ごめんちゃい」と。

 結果としてこれはいわゆる詐欺メッセージだったんですがね、でもカードの番号だけでどうするのか未だによく分からないんですがね。なにしろどの銀行かも向こうは知らないですからね。でも全く情報が無いよりははるかに情報がある状態ですね。そもそもなんでこんな怪しい電話に対応してしまったかと言うとですね電話口の英語が聞き取れて調子こいちゃったちょうど、銀行からの連絡待ちだったからなんですよ。デビット―カードの問題がまだカタが付いてなくてですね、どうしたモンかなと思っていた所で奇跡のようなタイミングでこのSMSだったんですわ。それで番号を押してしまったと。
 なんの被害も無かったから良いんですけれどね。
 でも詐欺ってタイミングであっさり引っかかるって事ですね。例のオレオレ詐欺だって、誰もが「自分は大丈夫」と思っていて引っかかってしまうんですものね。詐欺にかかってしまう絶妙の瞬間があるんでしょうね。
 気を付けたいものですね。気を付けてもどうにもならないのを「絶妙の瞬間」と言うんでしょうけれど。

 さて、先日来、連絡を取っていた案件がようやく決定したのです。つまり久しぶりのクロアチア公演。そもそもは渡米に合わせてメールアドレスを変えたので知人には全員にアドレス変更のお知らせを送りました。返事をくれる方、くれない方、向こうも変わってて届かない方、意図的に無視してる方等々、対応は様々で面白かったのですが、そんな中でクロアチアのTajnaは「震災の後、気にしていた」と返信をくれ、とても嬉しかったのです。彼女とは震災直前の恵比寿映像祭で会って「またクロアチア行たーい」「OKよ」なんてお喋りをしてそれっきり連絡が途絶えてまして。そりゃ、気になるわな。申し訳ない。
 とにかくお互いの無事を確認できたと思ったら「ところで12月にザグレブで映画祭があるけれど来られる?」と。これが10月の頭頃だったでしょうか。それから演目選定とか、どうやって行くかとか相談をして、本日ついに確定が出たんですね。いや航空券そのものはすでに買ってしまったので僕が行くのは決まっていたのですが、作品の決定が出なかった。本日ようやく日本のフィルムセンターからOKが出て、これで僕がクロアチアに行って何をするかが決まったという次第。

 クロアチアは初めての海外公演の土地ですから想いもひとしお。そこで今年は大藤信郎の『天狗退治』(無声版)と『御誂治郎吉格子』の二本を説明出来るってんですから、これはゴキゲンになろうという物です。
 海外で生活をしている間に、さらに海外公演が出来るなんて巨匠のような生活じゃ御座いませんか。


アニメーションの先駆者 大藤信郎 孤高の天才 [DVD]アニメーションの先駆者 大藤信郎 孤高の天才 [DVD]
(2010/06/26)
アニメ

商品詳細を見る

『天狗退治』の無声版はこのDVDに収録されています。そしてこれを持っているミシガン大学に拍手

 しかしこの仕事、つくづくご縁のものだと思います。クロアチア人と二年に一回のペースでちゃんとお付き合いが続いている、これだけで人生楽しいなと思いますね。こういう縁を大事にしていれば、どうにかあと二十年くらいは生きていけるんではないかと思うのです。

 トーキー版はYouTubeに上がっています。クロアチアのTanjaも大好き大藤信郎の『天狗退治』をご覧くださいませ。

 
スポンサーサイト
|11/25| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/645-574636c7
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)