連日、月末のご案内をしております。このブログを読んで下さっているのは主に日本で暮らしている方ですから、情報を上げてもあんまり集客には繋がらないんでしょうけれどね。でもこれもひとつの記録として。
 今日は2月26日の案内をしようかと思いましたが、それは明日にします。

 本日は仕事をしてきましたよ。だんだんと米国での仕事が減ってきて、というか減らしています。ビザや書類の関係ですね。アメリカに限った話ではありませんが外国人が働くのは大変なのです。どの国でも外貨獲得は大歓迎ですが、自分の国のお金が海外に出て行くのは嬉しくない。コインをいれるボックスみたいなのが置いてある空港もありますね。あれなんかも旅行客が使わない小銭を持って帰っちゃうくらいなら置いてってくれって事なんでしょうな。一人々々は微々たる額でも全体では馬鹿にならない額のお金が持ち帰られているんでしょう。

 さて今日のお仕事は久しぶりの収録のお仕事です。商品用ではなく、今後のプロモーション用に私の声と音楽を録音致しました。これがきっかけになって全米ツアーが……なんて都合よくはいかないでしょうが、どっかに繋がると良いな。

マイク


 弁士は通常椅子に座るか立っているか、いずれにしても客席と台本とスクリーンの三点に頭を向けたり背けたりしながら語るのですが、今日は台本を手に持って、マイクに向って立って、モニターを見ながら話すという、どちらかというとアテレコのような現場となりました。ようなというか、いつもは音楽と一緒に語る弁士が今日は音楽は後でミックスするというので無音での収録だったのを考えると丸きりアテレコだったかもしれません。

 弁士は基本的にライブです、アテレコはその名の通りレコーディングです。気を使う部分がちょいと違いますね。全体を意識するか、瞬間を意識するか。うーん、これだと表現が妥当じゃないかな。とにかく勝手が少し違うという事です。しかも収録現場には日本語が分かる人が居ませんから、ディレクションは自分でやらなきゃいけない。出来が悪くても自分が、これで良いやと思えるならそれでOK。こだわるならどこまでもこだわれる。でもこだわり過ぎるとキリが無いのよね。その辺の塩梅も難しい。

 まあまあまあ、という妥協点でOKを出さして頂きました。

 お仕事の後は、以前ブログで紹介したら大変なご好評を頂いたアナーバーのジャパニーズレストラン(韓国の方がやってるらしい)のTOTOROに行ってまいりました。TOTOROはお店の中にセル画が飾ってあったりTシャツが売っていたりしておりましてね、これはライセンスを取っている店なのか、それとも……なのかよく分かりません。ワタクシが食べたのはTon Katsu。アメリカはShusiは凄く美味しい場所はあんまりないみたいですが、お肉はそれなりに食べられるものが出てきます。そういえば先日行ったアリゾナでも豚カツを頂きました。アリゾナの和食屋さんでもTOTOROでもカツの肉が薄手で、その代わり二枚出てきました。そういう物なのかもしれません。

TOTORO
となりはハンバーガー屋さん


 一緒に食べに行ったFさんはTenpuraを頼んでました。彼、天ぷらをあらかた食べ終わったら、天つゆをご飯にかけて食べるという、なかなかのスタイルでしたよ。
スポンサーサイト
|02/10| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/662-36d8e423
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)