練馬放送さんに取材をして頂きました。
 練馬放送さんは以前、僕が石神井ふるさと文化館で『緑の騎手』を説明した時にも取材をして頂きましたので、今回は二度目。そして一琴師匠が「柳家一琴のねりらくご」という番組を持っていらっしゃる放送局さんでもあります。

 僕は戸籍は杉並なんですが、物心ついた時には練馬にいましたし、小中高は言うに及ばす大学も日本大学芸術学部だったので、んでもってお世話になっている声優事務所のイエローテイルも江古田なので、基本的に人生の大部分を練馬で済ましちゃってる人間なんですね。だから練馬で話題になるのは嬉しいのです。

 理想の仕事はね、大泉学園のゆめりあホールで会をやって終電を気にせずに打ち上げ。
 
 にしても凄い時代ですよ。アメリカに居ながら練馬放送さんのインタビューで練馬についてお話しする。それをアメリカで聴けちゃう。以前オーストラリアに行く直前に現地のラジオ局からの取材を日本で受けた事がありました。あれは国際電話でしたね。今回はIP電話だったようです。

 お話のテーマはアメリカとクロアチアのクリスマス、外から見た練馬の魅力について、でした。

 僕は海外公演をコンスタントにやらせて頂いているので、国際派弁士なんて言って頂く事もありますが、実際は僕が国際派なんではなく、国と国との距離が無くなってきているんでしょうね。だから僕みたいなのでも呼んで頂ける。凄い時代ですよ、あらためて。

 いつか宇宙で弁士をやる人が出てくるんでしょうかね。
 そんな時代がくるとして、そこまでは生きられないだろうなァ。
 でもさ、月に『月世界旅行』を写したりしてさ、それを宇宙船の中から見たら楽しいだろうな。そんなシチュエーションで弁士をやってみたいな。

 夢見がちなお年頃なんだ、僕。

 月は無理でも、帰国たら練馬でまた仕事がしたいです。

練馬放送
 
 画像は練馬放送公式オリジナルキャラの、なみねちゃんとヘルツ君です。
 結構可愛いと思う。

スポンサーサイト
|12/21| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/664-e729dd25
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)