部屋を引き払う日が近づいてきております。
 いま頭を抱えているのは、こちらで買いまくったフィルムの輸送方法ですね。何たって重いのよ、これが。
 ああどうしようなんて思いながら今日もまたフィルムを二本落札してしまいました。多分これがラストでしょう。でもサンディエゴに居る間に、どうしても欲しい作品が出品されれば買ってしまうかもしれません。この場合の欲しい作品とは商売になりそうな作品と言う意味です。自分の趣味としてはマニアックな、誰が見るんだよこれ、みたいなのに食指が動くのですが、日本に持ち込むだけでも税関で引っかかるかもしれず……。なら元を取れるものにしておかないといけません。

 さて本日作札致しました内の一本が『The Lost World』です。原作がコナン・ドイルの秘境探検もの。そして何より恐竜が出てくる!『ジュラシック・パーク2』ではないです。念のため。
 シカゴでSUEを見てから子供の頃の恐竜熱が再発してしまいまして、ブログでもしょっちゅう恐竜々々言ってますでしょ。僕の恐竜発言に関しては全く反応が無いんですけれどね。
 でも帰国したら恐竜の本を読むんだ、なんて思っていた所に『The Lost World』がお安く出品ですよ。これはなんとしても買わねばなりません。かくして本作はたったの$100で我が物となってしまったのです。

 映画としてもなかなか面白いんですよ。恐竜映画としても見られますし、コナン・ドイル作品としても、そして初期の特撮ものとしても。何体も出てくる恐竜は映画の製作年代故になめらかに動いたりはしません。かなりカクカクと動きます。でもそんな部分も味わいというか、可愛らしさというか、楽しい作品です。

 こんなのとか


ロスト・ワールド1

 こんなのとか

ロスト・ワールド2


 こんなのとか

ロスト・ワールド3


 こんなのが出てきます。

ロスト・ワールド4


 原作小説も日本語で簡単に手に入るのがポイント高いですね。


失われた世界 (講談社青い鳥文庫)失われた世界 (講談社青い鳥文庫)
(2004/05/15)
コナン・ドイル、菅 瞭三 他

商品詳細を見る


 僕が持ってるのはこの版ですが、創元SF文庫からも出てます、はい。
スポンサーサイト
|02/12| もやもやコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/670-711cad2e
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)