ようやく情報公開だよホホイのホイ。
 上映作品や何を担当するかはそれなりに前に決まっていたので、早く皆様に情報をと思っておりましたが、本日神保町シアターさんにチラシが届き、正式に告知開始であります。ウェブサイトの更新も間もなくだそうですので、例によって僕以外の出演情報はそちらでご確認ください。
 他の奴らの告知なんかできるかい、ってんじゃないんですよ。あまりにも情報が多すぎてミスしそうだからさ。それだからですよ。うん。実際、自分の出演じゃないけど、これは見なければってプログラムが幾つもありますよ。
 それはそうと、神保町シアターで絶賛上映中のゴジラ特集、楽しいよ。

 では早速参りましょう。

●GW特別興行 巨匠たちのサイレント映画時代Ⅳ
日時/4月26日12時~
演目/『路上の霊魂』(16mm・24fps)
ピアノ/小林弘人
会場/神保町シアター
料金/1500円(全席自由・当日のみ)

 映画史をやれば絶対に避けて通れない『路上の霊魂』で御座いますよ。日本映画が映画らしくなるために避けて通れない作品でもあり、フィルムセンター所蔵第一号の作品でもあります。徳川夢声先生の録音も(全部では無いですが)残っておりまして、気合が否応なく高まるというものです。今回初演、そしてピアノは初共演の小林弘人さんです。
 有難い事に、本特集トップバッターを務めさせて頂きます。誰だ、前座なんていう奴は。

●GW特別興行 巨匠たちのサイレント映画時代Ⅳ
日時/4月27日12時~
演目/『瀧の白糸』(35mm・24fps)
ピアノ/天池穂高
会場/神保町シアター
料金/1500円(全席自由・当日のみ)

 ようやく『瀧の白糸』最長版を国内で出来ます。初演は豪国のフィルムアーカイブでした。そういえばオーストラリアで最長版(フィルムセンター復元版)の『瀧の白糸』を演るのも大変な苦労があったんですよ……。それは何かの機会にお話しします。ピアノは前回『浮草物語』『朗かに歩め』でご一緒し、客席及び関係淑女諸君の紅涙を絞った天池穂高さんですよよよ。

●GW特別興行 巨匠たちのサイレント映画時代Ⅳ
日時/5月1日19時30分~
演目/『警察官』(35mm・24fps)
ピアノ/小林弘人
会場/神保町シアター
料金/1500円(全席自由・当日のみ)

 神保町シアターサイレント特集で不動の人気を誇る作品と言えば『警察官』でありまして、今回は私が説明を担当させて頂く運びとなりました。同館で『警察官』に弁士が付くのは初めてですし、そもそも私も初めて演ります。ピアノは『路上の霊魂』に引き続き小林弘人さんです。そういえば小林さんが弁士と一緒にやるのは今回が初めてだと伺っております。また本特集ではトーキーも交えて「生誕110年 小杉勇」と題した小特集も御座います。俳優でもあり、監督でもあった小杉勇のミリキをこの機会に存分に楽しんで頂きたいものです。

 本特集にはピアニスト・柳下美恵さん、神崎えりさん、そして弁士・坂本頼光さんも出演いたします。

 チラシも素敵です。

巨匠たちのサイレント映画時代4

 チラシ案最終候補まで残って採用されなかった分も御座いまして、これはこれで中々よろしいのです。でもまあ、この写真は見慣れてるからな。

 巨匠たちのサイレント映画時代4(没)

 GWは神保町シアターと新文芸坐で決まりだね。

●キネカ大森30周年記念大感謝祭 特別企画
日時/4月12日14時30分
演目/『雄呂血』(35mm・24fps)
弁士/片岡一郎
三味線/宮澤やすみ
パーカッション/田中まさよし
会場/キネカ大森
料金/1500円

キネカ大森『雄呂血』

●検証日本映画 Vol.12 小津安二郎 ”小津”という唯一無二の芸術
日時/4月25日13時20分~
演目/『落第はしたけれど』
会場/新文芸坐
料金/1300円(三本立)
チケット販売は当日のみ


●検証日本映画 Vol.12 小津安二郎 ”小津”という唯一無二の芸術
日時/5月2日12時25分~、19時~
演目/『その夜の妻』
会場/新文芸坐
料金/1300円(二本立)
チケット販売は当日のみ


検証日本映画 Vol.12 小津安二郎 ”小津”という唯一無二の芸術

●大東京モダンミュージックの世界 ~浅草オペラから東京の戦前ジャズまで~
日時/5月6日13時~19時
内容/
「浅草六区に花咲いたエンターテインメントの胎動から戦前の日本におけるジャズソングまで、戦前洋楽史&芸能史をその足跡と音源資料そして実演による追体験として今甦る!」
★ぐらもくらぶCD「大東京ジャズ」「六区風景 想ひ出の浅草」発売記念★

出演/ 
大谷能生(音楽家「日本ジャズの誕生」青土社ほか)
毛利眞人(音楽ライター「ニッポン・スウィングタイム」講談社ほか)
保利透(ぐらもくらぶ主宰)

ゲスト/
岡田則夫(大衆芸能研究家「SPレコード蒐集奇談」ミュージックマガジン社ほか)
小針侑起(浅草オペラ研究家)
片岡一郎(活動写真弁士)
山田参助vo武村篤彦g)+香取光一郎acc
青木研(bjo)
渡邊恭一(ts・cl)

■第一部 13時00分~
「蓄音器で聴く戦前日本のジャズ世界」

■第二部 15時00分~
「浅草六区と浅草オペラ・戦前の大衆芸能」

■第三部 17時00分~
「若きジャズマンらによる戦前モダンミュージック座談会」

料金/1500円(入れ替え無し)
会場/江戸東京博物館ホール
主催&お問い合わせ/ぐらもくらぶ gramoclub78@gmail.com
オフィシャルサイト/「レコード狂の詩」

ぐらもくらぶ






スポンサーサイト
|04/03| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/760-03122c5a
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)