ニッポンコネクション二日目です。
 昨日は熊切監督の『私の男』を拝見しました。モロ師岡さんがとても良かった。
 今回は映画を一杯見る予定なのですが、実際はかなり帰国後の仕事に追い詰められていて、どこまで映画祭が堪能できるかは疑問です。現在進行疑問形な感じです。でもニッポンコネクションはプロモーションの場でもあるので、ホテルに引きこもっていると意味が無いんですよね。なるべく多くの方々と交流しないといけません。しかし台本が……。

 だって朝六時に起きてメールとか送ったりしてるのよ。
 ドイツに来た次の日の朝によ。 
 どんなエリートサラリーマンよ。

 海外に来ると皆さまが「時差は大丈夫?」と聞いてくださいますが、僕は日本で物凄く不規則な生活なので基本的に地球のどこに行っても時差はありません。あるのは常に眠い、そしていきなり激流のような睡魔が襲ってくる軽めの睡眠障害であります。

 はい、では告知です。

●あるぽらんキネマ劇場Vol.53
日時/6月28日15時~
演目/『ちゃんばら時代』
出演/片岡一郎、五十嵐正史(ギター) ※ゲストあり
会場/あるぽらん’89
料金/2000円(1ドリンク付)
ご予約・お問い合わせ/電話:03-3330-8341(PM6:30以降) メール:aruporan@nifty.com
協力/おもちゃ映画ミュージアム

 いつもは物語としてまとまった作品をやりますが、今回は玩具映画です。物語を堪能して頂くのは極めて難しいですが、そのかわり日本の無声映画の濃い部分を凝縮した50分間をノンストップでご堪能頂きます。
 ご存じない方の為に説明しますと、おもちゃ映画とは劇場で公開された映画を家庭用に再編集したり、あるいは切り売りしたもので、1~3分程度のものが殆どです。当然映画の全体像は分りませんが、現在ではおもちゃ映画でしか見る事の出来ない作品が多数あり、失われた日本映画の断片として非常に貴重な意味をもつフィルム群なのです。というと勉強っぽく感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな事はないんですね。なにしろ家庭用に売られたフィルムですから一番盛り上がる所が集まっている。見ているだけで十分楽しいのです。この機会におもちゃ映画の世界に飛び込んでみてくださいませ。
 今回の素材は先日オープンしたおもちゃ映画ミュージアムさんからお借りします。公式サイトにはオープン記念のお祝いメッセージが多数寄せられておりまして、私も恥ずかしながらコメントを致しました。時間のある時にご覧頂ければ幸いです。私の他に無声映画関係者では師匠・澤登翠、サイレント映画ピアニスト・柳下美恵、弁士・山崎バニラといった方々(敬称略)がコメントされております。
 実に素敵なミュージアムですので、京都へお越しの際は是非覗いてみてください。今ならオープン記念のお土産も貰えます。

 まだチラシが出来ていないので『ちゃんばら時代』にも収められている『恋の簪』のメンコの画像をご覧頂きましょう。
 これはこれで割と貴重なのよ。

恋の簪


 ニッポンコネクションで『警察官』を説明するのは明日です。
 いまから日本を出ても間に合いますよ。

●Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE!
日時/6月4日12時~
出演/片岡一郎(映画説明)、Günter A. Buchwald(演奏)
演目/『警察官』
会場/Cinema in the German Film Museum(ドイツ・フランクフルト)
協力/東京国立近代美術館フィルムセンター

ニッポンコネクション『警察官』



●Nippon Connection NO SILENCE, PLEASE!
日時/6月6日14時~
出演/片岡一郎(映画説明)、Günter A. Buchwald(演奏)
演目/『雄呂血』
会場/Naxoshalle Kino(ドイツ・フランクフルト)
料金/7,5€
協力/国際交流基金

ニッポンコネクション『雄呂血』



●BENSHI-WORKSHOP – BRINGING SILENT FILMS TO SPEAK
日時/6月7日15時~
講師/片岡一郎
会場/Mousonturm Studio 3(ドイツ・フランクフルト)

ニッポンコネクション ワークショップ


●記憶の場:昭和の大礼と映画都市京都
日時/6月14日14時~18時
出演/片岡一郎、柳下美恵(サイレント映画ピアニスト)、冨田美香(講演・立命館大学)、高木博志(コメンテーター・京都大学人文科学研究所)、小川佐和子(司会・京都大学人文科学研究所)
内容/第一部(14:00~15:30) 講師:冨田美香/高木博志
第二部(15:30~17:00) 無声映画上映会『崇禅寺馬場』『三朝小唄』 片岡一郎、柳下美恵
会場/京都大学時計台記念館国際交流ホールIII
料金/無料・申込み不要

人文研レクチャー表   人文研レクチャー裏



●代官山地下特撰劇場
日時/6月25日20時~(開場19時)
出演/片岡一郎、坂本頼光若林美保
演目/『監督と女優』他(片岡)、『サザザさん』他(坂本)、『裏下多漏(うらしもたろう)』(若林)
会場/山羊に、聞く?(代官山)
料金/前売・2500円 当日・3000円
予約/山羊に、聞く?予約フォームより → こちら

代官山地下特撰劇場1   代官山地下特撰劇場2


●N響マロさんと片岡弁士の白熱競演 「無声映画はおもしろい!」
日時/7月27日19時~20時30分
出演/片岡一郎、篠崎史紀(NHK交響楽団コンサートマスター)
演目/『チャップリンの冒険』他
会場/NHK文化センター青山教室
料金/5940円(会員)、6804円(一般)
申込み/NHKカルチャーWebサイトより

無声映画はおもしろい



●代官山映画研究会 vol.01
日時/7月28日19時~(18時開場)
演目/『浮草物語』
出演/新垣隆、片岡一郎、アーロン・ジェロー
会場/晴れたら空に豆まいて(代官山)
料金/前売り3,500円、当日4,000円+1D(600円)
予約/晴れたら空に豆まいて予約フォーム

新垣隆
スポンサーサイト
|06/03| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/822-c0385d9e
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)