上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
 税関に行って参りました。
 日本から送った荷物が止められちゃったんですね。
 ドイツの税関は厳しいという人がいます。そうでもない、日本と同じくらいだという人もいます。
 どちらだかよく分りません。少なくとも輸入業に関わっていない日本人が日本の税関の厳しさを実感する事はあまりないでしょう。
 個人的な体験を申し上げると、昨年も今年も我が家の荷物はなにかしら税関で引っかかっているので、若干厳しいのかなという印象です。
 税関には去年も行ったんで慣れたもんですがね。税関に荷物を取りに来いって通知書を見せたら奥から送った段ボール箱を出してきましてね、開けて中を見せて、と。言われるままにダンボールを開けたら荷物の表面をチラッとみて、OKよって。簡単なもんですよ。ただし税関に荷物が回されると問題がひとつあります。本来なら宅配業者が我が家の玄関まで運んでくれるはずの荷物と税関から自力で持って帰らなければならないんですね。15kgありますからね、結構大変なんですわ。そんな簡単な見てるんだか見てないんだか分らない程度のチェックでOK出すなら税関に回さずに届けてよ、とか文句の一つも言いたくなりますが、没収も課税もされなかったんだから良しとするべきなんでしょう。
 余談ですが対応してくれた税関のスタッフさん、僕が皺ひとつ付けずに持参した通知書を一瞬でクシャってしてました。
 あなたたちのそういう大雑把さ、割と好きよ。

 以下数行定型の協賛お願い文
 今回の渡欧では企業メセナ協議会様より助成認定制度の認定を頂きました。これにより渡欧事業への寄付をする事で寄付者に税制上の優遇措置が得られるようになります。芸術家にも寄付者にもメリットを設け、芸術の振興を図るこの制度を知って頂くと共に、本事業への御支援をお願い致します。
 助勢認定制度についての詳しいご案内はこちら



 えー、本日の告知で御座います。
 ドイツにいるのに日本の公演の情報ばっかりあげてて大丈夫なんでしょうか私は、てな具合に心配になりますね。


●【六区に映画の灯を燈す】 ~三友館という映画館があった~
日時/9月6日18時~
演目と出演/
山城秀之山内菜々子 『キートンの文化生活一週間』
片岡一郎 『喧嘩安兵衛』『東京行進曲』
ゲスト・林家正楽 『紙切りで綴る名優伝』
会場/浅草フランス座演芸場・東洋館
(元・浅草三友館) 浅草六区:浅草演芸ホール4F
料金/2000円(当日・ご予約共) 全席自由
予約・お問い合わせ/bokutoukinema@gmail.com

【六区に映画の灯を燈す】 ~三友館という映画館があった~

 現在の浅草東洋館はその昔フランス座というストリップ劇場だったことは広く知られています。そのフランス座で若き日のビートたけしがエレベーターボーイをしつつコントの修業に励み、井上ひさしが座付作者をしていました。しかしフランス座になる前には三友館なる映画館であったと知る人は今となっては殆どいません。驚溝口健二監督の処女作『愛に甦へる日』が封切りされたのが三友館ですから映画史にとっても大切な劇場と言えます。
 かつて映画は浅草で封切られ、そのフィルムが二番館、三番館と回り全国へと公開されていました。
 いわば浅草は映画興行の振出であり、往年の六区の賑わいは映画興行を抜きに考えられないものだったのです。
 でありながら2012年に浅草から映画館は姿を消し、名画座やシネコンの登場が噂されながらも実現に至らず今日に致ります。
 この会は浅草六区に小さいながらも映画の灯を再び燈そうとするものです。
 三友館でデビューを果たした溝口健二監督へ敬意を表し、まずは『東京行進曲』をトリネタにご機嫌を伺います。
 そして記念すべき第一回のゲストはご自身も大変な映画ファンでいらっしゃる林家正楽師匠。演目は『紙切りで綴る名優伝』。これは見たい。むしろ俺が客席から見たい。

 映画中心の方で正楽師匠の高座を御存知ない方は、まずこちらの動画をどうぞ。



 ご一緒できるのが本当に嬉しい師匠です。
 継続的にやっていきたい会ですので、御支援をお願いしつつ、スタート記念の満席を願う次第。
 立て続けに以下のような公演も御座いますよ。


●Sound of silence~中国無声映画と音楽の会~
日時/9月7日15時~、17時~、19時~  9月8日15時~、17時~、19時~
演目と演者/
15:00-『漁光曲』×曹羊 『八百屋の恋』×張宣蘇
17:00-『西廂記』×孫大威 『盤絲洞』×陳睦璉
19:00-『紅い剣士』×大友良英

2015年9月8日(火)
15:00-『女神』×顔峻
17:00-『桃花泣血記』×Lars Akerlund
19:00-『おもちゃ』×片岡一郎(弁士)上屋安由美(ピアノ)藤高理恵子(筑前琵琶)
会場/ザムザ阿佐ヶ谷
料金/一般1,200円/シニア・学生1,000円/一日券3,000円 
※当日券のみ、各日14:30より販売開始。(全席自由・各回入替制)

SOUND OF SILENCE~中国無声映画と音楽の会~ 裏



SOUND OF SILENCE~中国無声映画と音楽の会~ 表


 今回の渡欧はアーツカウンシル東京様の助成、企業メセナ協議会様の助成認定を頂いております。

メセナ&アーツカウンシル
スポンサーサイト
|08/13| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/831-055804cb
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。