ポルデノーネにおります。
 映画館で無声映画を見て、ホテルに戻って京都国際映画祭用に台本を書き、さらに告知到っていないあれやこれやの準備もしています。んもう、無声映画漬け。これで良いのか、俺の人生。
 お陰様でドイツ・デュッセルドルフ-イタリア・ポルデノーネ弾丸ツアーは無事に終了いたしました。
 デュッセルドルフ映画博物館での『御誂治郎吉格子』、ポルデノーネでの『忠次旅日記』ともに、そこそこ良く出来たのではないかと思っています。大勢の皆様に感謝しなければなりませんが、この無茶なスケジュールをこなしてくれた楽団の田中まさよしさん、宮澤やすみさん、上屋安由美さんには特にお礼をしたいと思います。多くの関係者が「今年の映画祭の中で『忠次旅日記』は間違いなくハイライトのひとつだ」と言ってくれているのが何よりもありがたい評価です。
 
 ちなみに現時点で見ている今年のポルデノーネ上映作品の中で何がベストかといえば、これはぶっちぎりでニール・ブランドさん演奏の『レ・ミゼラブル』です。上映時間397分という冗談みたいな時間をピアノ一本で彩り、世界各地で上映されているミュージカル版に勝るとも劣らない感動を与えてくれたニールの演奏、そして我々の心を捉えて離さない美麗な画質、さらに無声映画の魅力がこれでもかとばかりに詰まった演技・演出。圧巻でした。
 『忠次旅日記』は間違いなく名作です。我々日本チームは結構いい仕事をしたと思います。けれどニール演奏版『レ・ミゼラブル』にはとてもじゃないけど敵わない。こんなに気持ちよく負ければいっそ清々しい。この『レ・ミゼラブル』は日本でも上映したいなあ。オールナイト上映とかで打診してみようかしら。

 はい、そんなポルデノーネからの緊急告知です。

●映画探偵の映画-厳選超レア作ナイト
日時/10月27日開場18:30/開演19:00
演目/『僕らの弟』、『荒木又右衛門』、『荒木伊賀越三十六番斬り(荒木又右衛門)』、『一殺多生剣』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ・『僕らの弟』のみ演奏)
会場ザムザ/阿佐谷
料金/3,000円
お問い合わせ・ご予約/ラピュタ阿佐ヶ谷 TEL:03-3336-5440
協力/おもちゃ映画ミュージアム、牧由尚

映画探偵の映画
 
 告知遅ぇよ、って思いますよね。僕も思います。
 でも色々あんのよ、こっちにも。そのおかげで遂に奴が東京にやってきます。『一殺多生剣』です。
 先ごろ発見されて大きな話題になったものの、いかんせんプリントの状態があまりにも悪く、上映がなかなかできない作品です。しかし今回は『戦前日本SF映画創世記』で好評を博した高槻真樹さんの新著刊行記念としての上映が実現しました。「映画探偵の映画」なるタイトルからも分かるように、今回のテーマは映画を探し求める人々です。画質の良い物、全巻が完全に残っている物だけが映画発掘ではないのです。むしろそうでない物も積極的に上映をして、さらなる発掘を目指そうと試みるのがこの上映会の意義なのです。

 そして『一殺多生剣』ばかりに目が行きがちですが、他の上映作品も凄い。尾上松之助主演千本紀念作品の『荒木又右衛門』、悪麗之助の現存する唯一の監督作『『荒木伊賀越三十六番斬り(荒木又右衛門)』、さらに監督が春原政久、原作・脚本が依田義賢の無声映画『僕らの弟』をまとめて上映致します。なんというレア作品群。当日は会場がマニアで埋め尽くされるか、あるいはガラガラかのどらかなんじゃないかと思っております。
 
 ザムザ阿佐ヶ谷は先日中国無声映画でお世話になりましたが、間をおかずにレア作品で再度出演です。
 音楽は時代劇三本には既存の和洋合奏を付け、『僕らの弟』には中国無声映画『小玩意』で美しくも切ない音色を響かせ、またポルデノーネでは欧州とは全く違った切り口で演奏し無声映画伴奏界の第一人者達から称賛されたばかりかドナルド・ソーシンさんから「Zen(禅) pianist」と評された上屋安由美が再び皆様を魅了致します。
 
 告知が直前で恐縮ですが、万障お繰り合わせの上お運びくださるようお願い申し上げます。
 おそらく明日もなんらかの告知が出来る筈。


●京都国際映画祭2015
日時/10月15~18日(片岡出演は18日11時~)
演目/『忠臣蔵』(1926年・尾上松之助主演)
出演/片岡一郎、川嶋信子(薩摩琵琶)、太田米男(解説)、中島貞夫(舞台挨拶)、清水圭(MC)
会場/大江能楽堂
料金/自由席 - 前売500円/当日700円

京都国際映画祭2015


●日本映画最初のスター尾上松之助
日時/10月16日17時35分
演目/『中山安兵衛』『荒木又右衛門』『雷門大火 血染の纏』
出演/澤登翠(弁士)、柳下美恵(ピアノ)清水圭(MC)
会場/よしもと祇園花月

●家族で楽しもう!おもちゃ映画とちびっ子ギャング
日時/10月17日18時~
演目/『怒涛のおもちゃ映画特集 第2弾』『ちびっ子ギャング ドッグデイズ』『ちびっ子ギャング モンキー・ビジネス』『雷電』
出演/山崎バニラ(弁士)、太田米男(解説)、清水圭、月亭八光(舞台挨拶)
会場/よしもと祇園花月

●喜劇映画のルーツ ファッティとキートン
日時/10月18日13時25分~
演目/『コニー・アイランド』『特選ギャグ集 その1』『デブ君の給仕』
出演/大森くみこ(弁士)、藤代敦(キーボード)、新野敏也(解説)、おかずクラブ、太田米男(舞台挨拶)、清水圭(MC)
会場/大江能楽堂

 
 この日欧行ったり来たり生活はアーツカウンシル東京の助成、企業メセナ協議会の認定を遂行されています。
メセナ&アーツカウンシル
スポンサーサイト
|10/09| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/843-d10e6f24
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)