あと一週間で「映画探偵の映画たち」です。
 日本に居ないので、正直どの程度名画座ファン、クラシック映画ファンの皆様の間で話題になっているのか、期待度がどれ程なのかは分らないのですが、十分に考え抜かれたプログラムである事はお察しいただけると思います。
 
 今回、地味に凄いのはわずか2分ではありますが立命館アートリサーチセンター所蔵の『エトナスタジオ』です。なぜといって、これまで立命館が一般的な映画館に上映用として素材を貸し出した実績はなく、今回の上映によって今後の道が拓けたと言う重要な意味をもつ企画だからなのです。さらに一緒に上映される『鐡の爪 花嫁掠奪篇 完結篇』はマツダ映画社になんとネガフィルムが保存されていた映画です。私、当時フィルムセンターで働いていたTさんがマツダ映画社にチェックに来られた時に立ち会いました。中身はもう全篇ツッコミ所みたいな映画です。

 なんてそれぞれの見何処、面白処を語っているとキリのない特集です。
 
映画探偵の映画1


 チラシの表紙は『一殺多生剣』の市川右太衛門です。
 微妙な画質の粗さが、また良い味を出しているじゃありませんか。

映画探偵の映画2

 みなさまどうぞ年末~年始~バレンタインはラピュタ阿佐ヶ谷へ。


 そして他の講演でも皆様をお待ちしております。


●Benshi voorstelling: Orochi
日時/12月16日20時~
演目/『雄呂血』
出演/片岡一郎、Jacques Motmans(ピアノ)
会場/Cinema ZED
料金/一般7,5€

 Cinema Zed 12月16日


●無声期の映画館と音楽――日活関連楽譜資料「ヒラノ・コレクション」から考える
日時/2016年1月9日(土)11時~18時30分
プログラム/
第1部 「ヒラノ・コレクション」研究報告(11:00~13:00)
 発表:白井史人、柴田康太郎、紙屋牧子(研究分担者)
 コメント:上田学(日本学術振興会)

第2部 現代の無声映画上映と資料の活用(14:00~16:00)
 佐崎順昭,、岡田秀則(東京国立近代美術館フィルムセンター)
 羽鳥隆英(京都大学・神戸映画保存ネットワーク)
 柳下美恵(無声映画伴奏者)

第3部 参考上映 上映作品・出演者についてはコチラ(17:00~18:30)
『忠臣蔵』(監督:池田富保、日活、1926年、約66分、DVD上映)
作品提供:おもちゃ映画ミュージアム 
 作品紹介: 太田米男(おもちゃ映画ミュージアム)
 弁士: 片岡一郎(活動写真弁士)
 演奏・構成: 湯浅ジョウイチ鈴木真紀子(楽団カラード・モノトーン)、丹原要(ピアニスト) 
会場/早稲田大学 早稲田キャンパス 小野記念講堂
料金/入場無料・予約不要


無声期の映画館と音楽――日活関連楽譜資料「ヒラノ・コレクション」から考える


●活動写真巡業隊 欧州凱旋公演
日時/2016年1月15日19時30分
演目/欧州公演報告トーク&実演(上映アリ)
出演/片岡一郎、上屋安由美、田中まさよし宮澤やすみ
会場/カレーレストラン PAPERA
料金/要1オーダー(演者への投げ銭歓迎)
予約・問合/syoseibusi@yahoo.co.jp

1月15日 活動写真巡業隊 欧州凱旋公演


●映画誕生120年企画 活動写真弁士と生演奏による無声映画上映会
日時/2016年1月17日14時
演目/『乙女シリーズその一 花物語 福壽草』、ミニ講座「練馬と映画の歴史」
出演/片岡一郎、映楽団-Filmusik-<上屋安由美(ピアノ)市川仁志(オーボエ)益子侑(ヴァイオリン)田中まさよし(パーカッション)>
会場/大泉学園ゆめりあホール
料金/1,000円(友の会会員900円/2枚まで)※全席自由


(最終稿)1月17日 映画誕生120年企画 活動写真弁士と生演奏による無声映画上映会1


(最終稿)1月17日 映画誕生120年企画 活動写真弁士と生演奏による無声映画上映会2


キャプチャ ねりまとえいが


●「映画探偵の映画たち ─失われ探し当てられた名作・怪作・珍作」
日時/2016年1月16日(土)
演目/『何が彼女をそうさせたか』
出演/片岡一郎 ※音楽はフィルムへのアフターレコーディング版
会場/ラピュタ阿佐ヶ谷
料金/一般…1,200円 シニア・学生…1,000円 会員…800円 ※水曜サービスデー…1,000円均一

●「映画探偵の映画たち ─失われ探し当てられた名作・怪作・珍作」
日時/2016年1月21日(木)
演目/『何が彼女をそうさせたか』
出演/片岡一郎、上屋安由美(キーボード)
会場/ラピュタ阿佐ヶ谷
料金/一般…1,200円 シニア・学生…1,000円 会員…800円 ※水曜サービスデー…1,000円均一

●「映画探偵の映画たち ─失われ探し当てられた名作・怪作・珍作」
日時/2016年2月14日(日)
演目/『海援隊快擧』『天保泥絵草紙』
出演/坂本頼光宮澤やすみ(三味線)
会場/ラピュタ阿佐ヶ谷
料金/一般…1,200円 シニア・学生…1,000円 会員…800円 ※水曜サービスデー…1,000円均一


映画探偵の映画1

映画探偵の映画2




 現在、ラジオCMでもナレーションを担当しております。
 
 ●森ビル R-CM 「こんな人がいるんです―コンシェルジュ」篇
 ●森ビル R-CM 「こんな人がいるんです―設計」篇
放送曲/J-WAVE
番組名/『BEAT PLANET』内、森ビル提供『HILLS AGENCY』にて 
日時/月曜~金曜 12時15分~12時45分
出演/片岡一郎(語り)、上屋安由美(ピアノ・コンシェルジュ篇)、田中まさよし(パーカッション・設計篇)

 日欧における活動写真文化の普及活動はアーツカウンシル東京さんの助成、企業メセナ協議会さんの認定を受けて行っております。
メセナ&アーツカウンシル

スポンサーサイト
|12/13| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/860-7e71e728
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)