上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
 今年は2016年です。
 こういう時代になると仕事の問い合わせはメールが多いのですが、近頃は「〇日は空いていますか?」ではなくて「〇日は日本にいますか?」と聞かれる事が殆どです。それだけ僕が海外にいるイメージが出来上がりつつあるという事でしょうか。それはそれで当初の計画通りなのですが、一方でそれって問い合わせを頂く前に「どうせ片岡は日本にいないから」みたいにして流れた企画があるんじゃないかという不安もムクムクしています。

 大事な事なので声を大にして申し上げますが、僕は日本にいます。
 
 どうぞよろしくお願い致します。

 さて、本日の告知は映画では無くて幻灯ですよ。

●1950年代幻灯上映会
日時/2016年4月26日14時~
出演/片岡一郎、鷲谷花(成城大学非常勤講師)、紙屋牧子(東京国立近代美術館フィルムセンター客員研究員)
上映作品/『ゆるがぬ平和を―8.6 原水爆禁止世界大会記録―』(1955年)、『せんぷりせんじが笑った!』(1956年)、『ピカドン 広島原爆物語』(制作年不肖)
会場/原爆の図丸木美術館
料金/一般1000円 ・ 18歳以下500円 (入館料別途)
入館料/:一般 900 円、 18 歳以下または中高生 600 円、 小学生 400 円、 チラシを持参の方は入館料 100 円割引
協力 / 神戸映画資料館

4月23日 1950年代幻灯上映会

 幻灯を演るのはいつぶりでしょうか。三年は経ってるかな。
 幻灯の説明は好きな仕事です。決して派手な内容ではないのですが、なんとも言えず楽しいのです。
 一方で幻灯は本来アマチュアが語るメディアであったろうという思いもありまして、私が演るべきなのかと迷ったりもします。
 これはなにも「プロの俺様がやるようなもんじゃないんだ」と言いたいのではなく、アマチュアだからこそ輝くメディアなのではないかと思うからなのです。
 なら辞退しろよって話なんですが、やっぱり好きなのでやります。
 今回は丸木美術館でのイベントですので、作品も原爆がらみの物が中心です。
 原爆物といえば弁士にとっては徳川夢声先生の『連鎖反応』が御座います。いつか『連鎖反応』の朗読をやってみたいと思っています。今回の幻灯も夢声先生を意識しながらリハに挑んでみたのですが、いやー難しいね。それから『せんぷりせんじが笑った!』ですが、フィルムでの上映かつ生の語りは関東では戦後初だろうとの事で御座います。気合がはいろうってもんですね。
 ちなみにですが丸木美術館、遠いです。最寄駅が全然最寄ってません。
 もし行ってやろうかなと思う方は交通の便をしっかりお調べの上お越し下さいませ。
 この機会を逃すと次にいつ見られるか、聞けるか分らない演目が並んでおります。
 よろしくお願い致します。


 そしてお客様にいらして頂けるのか不安になってきた勉強会はじめ、いくつも公演が御座いますよ。

若林美保主演短編映画 「産声」上映イベント
日時/4月17日13時~
内容/
・平田ゆう監督作品「産声」上映
・キャスト、スタッフによるトークショー
・Li2MiHOLiCによる映画のエンディング曲「環界」お披露目ライブ

出演/:若林美保
倖田李梨
平田ゆう(監督)
中村夏子(音楽)
三代目葵マリー
他、産声に関わったスタッフ、キャストの方々
司会進行:片岡一郎(活動写真弁士)
会場/新宿百人町ネイキッドロフト
料金/前売2500円 当日3000円(飲食別)

※入場優先順位は前売チケット→入場順となります。
予約はお店のweb、電話等でお願いいたします。
※上映イベント終了後16:30よりframeにてオフ会を予定しています。(オフ会限定メニューあり。チャージ2000円)

4月17日 『産声』上映イベント



●第六届北京国际电影节
日時/4月21日20時45分~
演目/『小玩意』
出演/片岡一郎、藤高理恵子(筑前琵琶)、上屋安由美(作曲・ピアノ)
会場/中国电影资料馆

4月21日 北京国际电影节


● 第一回 片岡一郎の活動写真勉強会
日時/5月1日19時~
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/綜合藝術茶房  喫茶茶会記
料金/2000円(1ドリンク付)
協力/デジタル・ミーム
お問い合わせ/syoseibusi@yahoo.co.jp (片岡)

5月1日 第一回 片岡一郎の活動写真勉強会
スポンサーサイト
|04/15| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/870-a4cf6779
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。