昨日は京都国際映画祭の打ち合わせで大阪吉本興行本社に行って参りました。
 小一時間の打ち合わせの為に交通費つるっと出ちゃうんだもんね、そういう風になりたいと思ったよね。
 もちろん吉本興業だからって新幹線乗りって訳じゃないですけれど。
 あくまで必用な打ち合わせだからですね。社会ってそういうものね。

 さて、10月に入りました。坂本頼光さんとの二人会は明後日です。
 明日はリハと打ち合わせです。今日は台本書きです。
 毎年目の回る程忙しい10月です。ていうか、せめて忙しくあれ。

 本日の御知らせも10月の公演でーす。

●エンパクシネマ
日時/10月24日 開場18時、開演18時30分
演目/『チャップリンの消防夫(The Fireman)』『生さぬ仲』『雷門大火 血染の纏』
出演/映楽四重奏 [ 片岡一郎(弁士)、上屋安由美(ピアノ)、田中まさよし(太鼓)、宮澤やすみ(三味線) ]
会場/早稲田大学演劇博物館 野外特設会場
料金/無料(予約不要)

エンパクシネマちらし表

エンパクシネマちらし裏

 野外公演ですよ。この時期もう寒いんじゃねぇかとそればっかり心配しています。
 もし雨だった場合は屋内になるそうです。
 演目がもう凄いのよ。早稲田大学が所蔵する日活向島新派『生さぬ仲』と尾上松之助主演作『雷門大火 血染の纏』、そしてデジタル修復版『チャップリンの消防夫』の三本立て。実はこの三本、全て1916年の作品なんです。当時の日本映画界は「日本映画は遅れている。欧米の様な真に映画らしい映画を撮らねばならない」と息巻いていつつ、観客は弁士の声色や、女形俳優の演技を好んでみていた時期であります。そうした意味で本当に日本映画は遅れていたのか、それとも日本映画には別に進む道があったのかを検証する意味でも興味深い上映だろうと思うのです。

 早速ステージナタリーさんにご紹介を頂いております。
活弁士の語りと生演奏で彩る、無声映画の野外上映「エンパクシネマ」
 
 映画ナタリーじゃなくてステージナタリーなんだとか、活弁士かぁ……とか、映楽四重奏がパフォーマンスユニットと紹介sれていて何だかこそばゆかったりとか、まあ色々感想も御座いますが、非常にありがたい限り。
 こういうきっかけで無声映画に触れて頂ければ、それはとても嬉しい事で御座います。
 
 早稲田大学さんには「次は『うき世』を演らせてくれ」と頼んでおきました。
 今必死で『生さぬ仲』を読んでいる最中です。
 参加無料ですので、暖かい格好でお気軽にお越し下さいませ。

 そのほかの公演情報はこちらで御座いマース。

ぐらもくらぶvol.3 片岡一郎&坂本頼光・活動写真弁士ふたり会 ~フィルム発掘苦心談の巻~
日時/10月3日19時開場、19時30分開演
出演/片岡一郎、坂本頼光
会場/荻窪ベルベットサン
料金/3000円(1ドリンク付き)
予約/予約フォームより

2017年10月3日 ぐらもくらぶvol.3 片岡一郎&坂本頼光・活動写真弁士ふたり会 ~フィルム発掘苦心談の巻~


●高峰秀子86年ぶりに甦る幻の無声映画―全国初上映会開催
日時/10月9日13時30分開場 14時開演
プログラム/第一部 小豆島町長 塩田幸雄挨拶
小豆島町長と高峰秀子養女 斎藤明美氏対談
第二部 『私のパパさんママが好き』
第三部 松山善三・高峰秀子養女 斎藤明美氏講演「亡き父と母を語る」
終演後に斎藤明美氏による松山善三・高峰秀子関連書籍のサイン即売会
出演/斎藤明美(高峰秀子養女)、塩田幸雄(小豆島町町長)、片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/道の駅 小豆島オリーブ公園 サン・オリーブ1階 オリーブホール
料金/無料
参加希望者はメールまたはファックスにて要申込み

高峰秀子86年ぶりに甦る幻の無声映画―全国初上映会開催 表

高峰秀子86年ぶりに甦る幻の無声映画―全国初上映会開催 裏


●シネマの冒険 闇と音楽2017
日時/10月17日19時~
演目/『慈悲心鳥』(ピアノ演奏のみ)、『東京行進曲』『ふるさとの歌』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/東京国立近代美術館フィルムセンター
料金/一般1,050円/高校・大学生・シニア840円/小・中学生600円/障害者(付添者は原則1名まで)は無料/キャンパスメンバーズ料金あり(教員500円、学生400円)

闇と音楽2017 表

闇と音楽2017 裏



国産アニメーション100周年記念《スクリーンに蘇る!アニメーション傑作選》
日程/10月14日(土)・15日(日)・21日(土)・22日(日)14時~(片岡出演)・28日(土)・29日(日)
11月11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)
演目/『なまくら刀(塙凹内名刀之巻) 』『浦島太郎』『瘤取り』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/川崎市民ミュージアム 映像ホール
料金/一般 600円、大学・高校生・65歳以上 500円、小中学生 400円、未就学児、障害者手帳等をお持ちの方及びその介護者 無料
※定員270名(各回入れ替え制)、開場は15分前です。
※前売り券はありません。当日先着順での販売となります(満員の際は入場をお断りすることがあります)。

表

裏
スポンサーサイト
|10/01| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/948-ea7a68d9
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)