FC2ブログ
 まもなく帰国を致します。 
 明日、明後日と続けて公演が御座います。
 そして日本国内での某件の告知はまだ始まらねぇのかとヤキモキしております。
 あとは近日中に新たなプロジェクトのお知らせを致します。

 深夜なので箇条書きです。

 早々に告知を致しましょう。
 勉強会、第五回でーす。

●第五回 片岡一郎の滑動写真勉強会
日時/1月23日19時~
演目/当日のお楽しみ
出演/片岡一郎、藤高理恵子(筑前琵琶)
会場/喫茶茶会記
料金/2,000円(1ドリンク付き)
予約・問い合わせ/syoseibusi@yahoo.co.jp(片岡)

2018年1月告知

 チラシ画像に今後の告知内容も載っちゃってますが、とりあえず勉強会のお知らせをさせてください。
 今回は筑前琵琶の藤高理恵子さんをゲストにお迎え致します。
 藤高さんとは国内でも仕事してますし、ドイツとか中国とか、結構あっちこっちでお世話になっておりまして、しかも大変に良い飲み手なので御座います。彼女と居ると飲まなきゃいけないんだろうなって気になるという。そういう素敵な方で御座います。
 何という魅力の伝わりづらい紹介でしょうか。
 腕は大保証致します。当日は短編無声映画の楽士をして頂くほか、琵琶の演奏もお願いする予定でおりますので、ぜひぜひお運びくださいませ。
 ちなみに無声映画時代には、琵琶は三味線等に比べて格の高い楽器でしたので、活動写真館で琵琶が演奏されるのも少々特別な企画でした。そのため当時の告知を見ると「本日琵琶入り」なんて出てたりします。
 
 また明日も告知いたします。

 早稲田の上映もよろしくね。

●無声期の映画館における和洋合奏:楽譜資料「ヒラノ・コレクション」とSPレコード
日時/2018年1月13日13時30分~17時
演目/『忠次旅日記』(ブルーレイ上映)
出演/片岡一郎、湯浅ジョウイチ(指揮)、鈴木真紀子(フルート)、古橋ユキ(バイオリン)、川上統(チェロ)、丹原要(ピアノ)、宮澤やすみ(三味線)、堅田喜三代(鳴物)
会場/早稲田大学 小野記念講堂
料金/無料(予約不要)

プログラム詳細/
第1部 シンポジウム(13:30-15:00)
発表 日活直営館における時代劇伴奏と和洋合奏
  柴田康太郎(早稲田大学演劇博物館研究助手)
発表ヒラノ・コレクションからみる場面別表現と邦楽器
  白井史人(日本学術振興会特別研究員PD)
発表 無声期日本映画の「尖端」と映画館における語り・音楽
  紙屋牧子(東京国立近代美術館フィルムセンター特定研究員)
音源紹介『忠次旅日記』に関するSPレコード
  片岡一郎(活動写真弁士)
邦楽解説SPレコードにおける邦楽表現
  堅田喜三代(邦楽演奏家)
コメント   アーロン・ジェロー(イェール大学教授)

15:00 –15:15 休憩(15分)

第2部 参考上映『忠次旅日記』(15:15-17:30)
1927年、日活大将軍、111分、35mm、染色・無声・不完全  ※東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品
監督:伊藤大輔、出演:大河内傳次郎、中村英雄、澤蘭子、伏見直江



無声期の映画館における和洋合奏:楽譜資料「ヒラノ・コレクション」とSPレコード 表

無声期の映画館における和洋合奏:楽譜資料「ヒラノ・コレクション」とSPレコード 裏
スポンサーサイト



|12/18| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/957-033ba9dc
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)