FC2ブログ
 昨日は代官山でアーロン・ジェロー先生、菊地成孔さんとの企画第二弾でした。
 映像トラブルもあったりとかして楽しかったね(違)。

 菊地さんの選曲はあえて映画の間を外すやり方で、あのやり方に拒絶反応を示す無声映画ファンも数多くいるのではないでしょうか。しかしながら、共演してみると分かるのですが、菊地さんはちゃんと映画を分かった上で意図的に外してくるので音楽と映画が非常に面白い化学反応を示すのです。そこに語りでどう入るか、実にスリリングな楽しい仕事です。
 次回は8月13日。菊池、ジェロー、片岡企画全三回の最終回です。
 是是非代官山までお越しくださいませ。

 さて、菊地さんの様な第一線の音楽家と仕事をするのも楽しいですが、アタクシ根っからの演芸ファンですので、そちら方面の方と仕事をするのもべら棒に嬉しいのです。本日の告知は演芸方面です。

●一太郎 11年目の幕開け ワン!ワン!ワン!
日時/6月30日13時~(16時終演予定)
出演/東家一太郎、東家美(曲師)、片岡一郎、猪馬ぽん太(司会・漫談)、徳丸三凱亭 関村具由 席亭(相撲甚句)、 化けもの人形師 北葛飾狸狐(空間演出)
会場/浅草 木馬亭
料金/前売り・ご予約3000円 当日3500円 (全席自由席)
    チケット限定130席 お早めにお申し込み頂ければ幸いです
予約・お問い合わせ/TEL 090-9298-0391
FAX 03-6677-1996
メール a1roukyokushi@gmail.com
予約フォームも御座います。こちら

一太郎 11年目の幕開け ワン!ワン!ワン! 表

一太郎 11年目の幕開け ワン!ワン!ワン! 裏

 東家一太郎さんは浪曲師になる前は無声映画鑑賞会に頻繁に来て下さるお客様でした。それがある日、「この度、東家浦太郎に入門しました」とご報告を頂いて(門前仲町の会場でした)面食らったのを覚えております。こういう仕事をしていると時折そういう出来事が起こります。ある日突然お客様がプロになる。そしていつの間にか知名度で追い抜かれる立派な芸人になる。

 一太郎さんとはここ数年、何かでご一緒したいねと折に触れて話しておりまして、今回ついに実現した訳です。
 今度は私が主体の会に出て頂かねばなりますまい。
 にしても良いですね、僕をゲストに呼んだ理由が「一」太郎が「十一」年目の会だからゲストは「一」郎が良かろうという理由だそうです。うん、僕そういうの大好きよ。
 演目は僕がマキノの『雷電 涙の土俵入り』を説明し、一太郎さんが『雷電 小田原情け相撲』を語ります。「雷電」のリレー、果たして上手くいきますかどうか。私以外のゲストも豪華な一太郎さんの会、どうぞ振るってお運びくださいませ。

 そして私の勉強会とか一門会も控えております。
 今月末は大変だ。

●第七回 片岡一郎の活動写真勉強会
日時/6月24日19時~
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ) 
ゲスト/川上史津子(女優・歌人)
会場/喫茶・茶会記
料金/3000円(1D付)
ご予約・お問い合わせ/syoseibusi@yahoo.co.jp(片岡)

第七回勉強会表

第七回勉強会裏


●【告知】第719回 無声映画鑑賞会 [明治維新150年記念 ニッポンの夜明け、澤登一門の夜明け]
日時/6月28日18時30分~
出演/澤登翠、片岡一郎、山城秀之山内菜々子
会場/日暮里サニーホール・コンサートサロン
料金/一般2000円 学生1600円 前売、電話&E-mail予約1500円 子供(中学生以下)1000円
予約・お問い合わせ/無声映画鑑賞会事務局
電話 03-3605-9981 (受付時間 平日の午前10時~午後6時)
FAX 03-3605-9982
E-mail: katsuben@matsudafilm.com
※E-mail予約の場合は、「○月○日無声映画鑑賞会前売予約」、枚数、代表者のお名前を明記して、メールをお送り下さい。
E-mailにて御予約いただいた方には[予約確認]のメールをお送りしています。

第719回 無声映画鑑賞会

 片岡一郎ドキュメンタリーもYouYTubeで公開中。



スポンサーサイト
|06/12| 活弁コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/tb.php/984-a548ebc0
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)