今朝起きたら銀行からメールが着てまして。引き落としが出来んかったぞ、と。
 慌てて調べてみたら、引き落とし用に使っている口座の残金が引き落とし額から400円足りなかったのでした。
 クレジットカード2枚使うようになってから2か月なので、ペースがつかめんですね。

 そして思ったよりフィルムの購入にお金注ぎこんじゃったなと気付くのですね。
 この間も面白いフィルム買っちゃってッさあ。某県某市のアマチュア作家が戦前に撮ったフィルムなんですよ。そして地元に問い合わせたらご遺族の所在も分かって。だけど御遺族は「〇〇が映画を撮っていたなんて聞いた事ありません」だそうで。フィルムから始まる家族の物語、みたいな感じになってて。いずれ、その土地で上映会が出来れば良いのだけども。

 その前に購入した『私のパパさんママが好き』は13日に内容確認に行きます。高峰秀子が映っているかいないかで価値が天と地ほども変わりますから、楽しみ半分、怖い半分で御座います。弁士としては高峰秀子が映っていようといまいと未発見のフィルムが出て来た事がまず愛おしいのですけれど。

 そんなこんなで、もはや弁士も社会貢献事業で御座いますよ。
 保護して頂きたい。
 銀行の引き落としで朝一に「うぎゃー」ってならなくて済む程度に保護して頂きたい。
 起きたの昼過ぎだけど。

 さて、本日の告知で御座います。

●松村牧亜 一時帰国記念上映会
日時/6月2日19時~
演目/『出来ごころ』他
出演/松村牧亜(ピアノ)、片岡一郎(活動弁士)、山城秀之(活動弁士)
会場/両国門天ホール
料金/前売り:2500円、当日:3000円
予約/syoseibusi@yahoo.co.jp (片岡)

 NYを中心に活躍をされている松村牧亜さんが一時帰国をなさいます。それなら是非とも、という訳で緊急上映会を行います。
 上映作品は『出来ごころ』です。
 松村&片岡コンビで上映の告知を出したところ、NYのフィルムフォーラムであっさり満席となり、NYの映画ファンに絶賛を浴びた公演を東京で再演しようという趣向です。先日のNY公演は決定が遅く紙媒体での宣伝が全くできず、Webと劇場内のポスターのみでのお知らせだったにもかかわらずドカンと来てしまい、関係者一同嬉しい悲鳴を上げたので御座います。今回もギリギリ感のある告知ですが。
 前座には澤登一門より山城秀之が出演します。実は山城君、6月末に初の海外公演が決まったのです。アイルランドで『雄呂血』、イギリスで『生れてはみたけれど』をそれぞれ(通しでは)初演するんですから、実にどうも恐ろしいプログラムを組んだもので。
 5月29日と6月2日はどちらも山城君に前座として出て貰い集客の足しに海外公演の準備をして頂きます。両方来ると、より楽しめる仕掛けもしています。
 
 そして私は私で6月にタイ無声映画祭参加が決まりました。
 世界をびゅんびゅん飛び回るメンバーでお届けする公演です。
 特に松村牧亜さんの演奏が日本で聞ける貴重な機会ですので、是非ともお越し下さいませ。

 私、自主公演はあんまりやらない方向でここ数年は活動してたんですが、5~6月は自主公演が多いなあ。 
 もちろん他の公演でもお待ちしておりますよ。

●宮澤やすみの小唄かふぇ VOL.20
日時/5月24日(水) 開場19時30分~、開演20時
演目/未定
出演/片岡一郎、宮澤やすみ(三味線)
会場/キイトス茶房
料金/2000円+別途1オーダー(500円〜)
予約/03-5206-6657(キイトス茶房)

5月24日 小唄かふぇ

●第三回 片岡一郎の活動写真勉強会
日時/5月29日19時~
演目/当日発表
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/綜合藝術茶房 喫茶茶会記
料金/2000円(1ドリンク込み)
予約/syoseibusi@yahoo.co.jp (片岡)

第三回 片岡一郎の活動写真勉強会

●カツベン映画ナイト!in カルカル
日時/2017年 6月16日 (金)  OPEN 18:30 START 19:30 END 21:30(予定)
演目/『日の丸太郎 武者修行の巻』『敵違い』『月世界旅行』『東京行進曲』『血煙荒神山』
出演/映楽四重奏 -The Filmquartet-
片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、宮澤やすみ(三味線、歌)、田中まさよし(太鼓、パーカッション)
会場/東京カルチャーカルチャー
料金/前売りチャージ券3,000円 当日チャージ券3,500円(要1オーダー制・アルコール550円~、ソフトドリンク430円~など)
予約/前売りチャージ券の発売は、5月5日(金)朝10時よりイープラスで発売!

カルカル

 
|05/10| 活弁コメント(0)TB(0)
 色々と滞っております。
 表に出せる話題も、出せない話題も滞っております。
 にしても帰国直後は仕事少ねぇなあ。これが帰国を待望されている著名人だったりしたら帰国前から公演予定がビッシリだったりするんでしょうけど、生憎とそこまでの著名人でもなければ、いまさら海外からの帰国を珍しがってもらえる状況でもなくなりましたからね。それはそれで、頻繁に海外で活動している証左ではあるので、凄い事なんでしょうけれど、自分のことって凄い事でも凄いとは思えないですものね。

 現状報告と致しましては、6月、8月と海外公演です。
 またかよ。
 いやいや違うんです。今回はアジア。亜細亜。Asia。
 これまで欧米中心でアジアでは中国でしかやったことのない私ですが、これからはアジアも席巻してゆく勢いです。
 我が国ニッポンもアジア展開を重要な事業として位置付けておりますからね。長い物には巻かれ時流に乗らねばなりません。まだいつどこでやるか公表できる段階ではないのですが、キンキンにお知らせいたします。ケロンパではなく。

 あとはですね、フィルムを落札しました。
 またかよ。
 いやいや違うんです。今回は貴重なフィルムなんです。
 『私のパパさんママが好き』っていう作品で、ロストフィルムとされてきた作品なんです。そして出演者には高峰秀子が居るんです。
 また映像を確認していないので、高峰秀子さん出演シーンが落札したフィルムに含まれているか分りません。あるかないかでフィルムの価値がドカンと変わります。近日中にテレシネしますので、出てたらご報告します。報告しなかったらそっとしておいてください。

 他にも水面下では色々動いております。
 水面下では意味が無いので皆さんの目に触れるところまで頑張って浮上させねばなりませんね。
 
 さ、そういう訳で今日の告知です。

●カツベン映画ナイト!in カルカル
日時/2017年 6月16日 (金)  OPEN 18:30 START 19:30 END 21:30(予定)
演目/『日の丸太郎 武者修行の巻』『敵違い』『月世界旅行』『東京行進曲』『血煙荒神山』
出演/映楽四重奏 -The Filmquartet-
片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、宮澤やすみ(三味線、歌)、田中まさよし(太鼓、パーカッション)
会場/東京カルチャーカルチャー
料金/前売りチャージ券3,000円 当日チャージ券3,500円(要1オーダー制・アルコール550円~、ソフトドリンク430円~など)
予約/前売りチャージ券の発売は、5月5日(金)朝10時よりイープラスで発売!

カルカル
 
 開催地、シブヤですよ。渋い谷と書いて渋谷。
 道頓堀劇場がある渋谷。
 会場の東京カルチャーカルチャーを検索してみてくださいよ。キャッチコピーが「ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店」てんですよ。ここの食事を食べれば電脳世界にダイブ出来て、草薙素子よろしく「ネットは広大だわ」とか言えるのかと思ったらそうじゃないみたいです。もう21世紀なのに。さらに東京カルチャーカルチャーを画像検索すると、ここで俺が何かやっても良いのかしらって気になるんですよ。イケてるっていうのか、ナウいっていうのか、モダンっていうのか、今様っていうのか何だか分りませんが、まあ無声映画を好むお客さんは足を踏み入れた事がないよねっていう雰囲気。僕が代官山で定期的に会をやっていた時にも散々「代官山は敷居が高い」と言われましたが、こちらはさらに高い。もはや敷居というか軽く要塞。踏み込もうとすると迎撃されちゃう感じ。死して屍拾うもの無しな予感。
 そういう場所でやります。
 会場の批判をしてるんじゃないんです。たんにビビってるだけなんです。松田聖子ばりにビビっと。もう結婚しちゃう勢いで。

 メンバーは一緒にヨーロッパツアーをやったり歌舞伎座に出たりした仲間です。
 これまで特に名無しで活動してきましたけど、そろそろ呼び方を決めておくべえ、てな具合に一同で協議の結果決定しました。

 映楽四重奏 -The Filmquartet-

 です。ぱんぱかぱーーん。
 「えいがくしじゅうそう」と読みます。
 呼ばれれば日本国内はもとより、世界の果てでも、なんなら宇宙にだって行くつもりでおります。
 宇宙に行ったら、あっというまに三味線と太鼓の革が破けそうだけど。

 演目はそれぞれ楽しい作品なんですが、密かな目玉は『日の丸太郎 武者修行の巻』で御座いまして、現在市販されているDVDはマツダ映画社さんが所蔵しているフィルムをデジタル化したものです。今回上映するのはそれよりも尺が長い、私の知る限りでは最長版です。最長版だからって筋が変わったりはしませんが、貴重なバージョンであるのは間違いありません。
 その他もあちらこちらから掻き集めた執念の結晶の様なプログラムです。

 映楽四重奏 -The Filmquartet-は既に来年のドイツ公演も決まっております。これから各所に相談して第三次ヨーロッパツアーに引き上げますので、御支援をお願い致します。
 なにはともあれ、6月16日、東京カルチャーカルチャーにお越し下さいませ。
 メンバー一同、お待ちしております。

 そしてその前にある小唄かふぇと私の勉強会もどうぞよろしくお願い致します。

●宮澤やすみの小唄かふぇ VOL.20
日時/5月24日(水) 開場19時30分~、開演20時
演目/未定
出演/片岡一郎、宮澤やすみ(三味線)
会場/キイトス茶房
料金/2000円+別途1オーダー(500円〜)
予約/03-5206-6657(キイトス茶房)

5月24日 小唄かふぇ

●第三回 片岡一郎の活動写真勉強会
日時/5月29日19時~
演目/当日発表
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/綜合藝術茶房 喫茶茶会記
料金/2000円(1ドリンク込み)
予約/syoseibusi@yahoo.co.jp (片岡)

第三回 片岡一郎の活動写真勉強会
|05/02| 活弁コメント(0)TB(0)
 明日の今頃はドイツからアメリカに行く仕度の最終準備でそわそわしている片岡です。
 17日からのアメリカ公演で今回の欧米ツアーがひと段落です。
 何とか生きてます。
 最近の懸念と言えば、自分が写っている写真を見ると、まるっきり父親の顔をしている事でしょうか。
 生き方は正反対なのに見た目はグングン似てくる。
 遺伝子って凄いわあ。

 日本の情勢は混乱するばかりで、まあどの政治家さんが偉くなって、どの政党が政権をとっても文化事業は疎かにされそうな世の中なので、もうポイズンと言う余裕もない訳です。反町さんもグレートなティーチャーから、四代目の相棒という、もはやそれは相棒なのか、ただの子分じゃねえのか的なポジションですから言いたい事も言えない訳で、これはもう仕方のない事ではあります。

 とりあえず国際交流基金の助成を受けられる条件に「日本の他の政府機関、特殊法人、独立行政法人から助成を受けている事業については、本プログラムで助成を受けることはできません」とかいう変更を加えた奴、ホント出てこい。
 日本はどうしてもアートの分野で助成金を貰う事にネガティブな印象を持たれる事がありますが、公的な助成がなければベルリンフィルだって成立しない訳ですから、そんなに恥じるこたぁないんです。んまあ、独自の財源で成立しなきゃベルリンフィルだろうが、歌舞伎だろうが意味が無いと仰るのでしたら、それはそれで真実ではありますが。

 そんなこんなで間もなく帰国しますが、ここ数日嬉しい報せがいくつも届いております。
 
 まずはNYのFilm Forumでの『出来ごころ』が完売とのこと。もはや関係者席も作れないMax Outだそうで、感激であります。
 松村牧亜さんとは四年前にも同会場で『出来ごころ』を演ったのです。その時は当日早目に行けば入れました。今回は四年前と同じ作品、しかも値上げにもかかわらずの完売。
 今回の欧米滞在公演は完売、満席が例年に増して多いのが嬉しゅう御座います。
 フィルムムーゼウム(デュッセルドルフ)、EYEフィルムインスティテュート(アムステルダム)、ハーバードフィルムアーカイブ(ケンブリッジ)等々。多少は毎年々々国外を放浪した成果が出てるのかなと思うので御座いますよ。

 んでもって、M白大学のS口さんが昨年卒業制作で撮ってくれた僕のドキュメンタリーが卒業審査会で最優秀制作賞を取ったとの連絡を頂きました。ついったやへいすぶっくでは「最優秀賞をとった」とか書きましたが、文面を読み返してみたら「最優秀制作賞」なので厳密には違うかも知れません。とにかく何かの最優秀です。私自身の人生で最優秀だったことがあるのかと思い返してみたんですが……
 
 ねえな。

 という訳で、めでたい事であります。
 いまどき弁士なんて生き方を選ぶだけで世間から見たら珍獣なんだから、どんどんみんなのドキュメンタリーも撮ると良いですね。
 生物は基本的に自分の種を存続させるのが最大の目的のはずなんですが、ベンシは並の絶滅危惧種よりも個体数が少ないのになおも潰し合うバトルロワイヤル状態で、全くもってサル目ヒト科ヒト属メイガ族ベンシ亜種の業の深さは計り知れんものが御座いますな。

 はい、今回の告知です。

●第三回 片岡一郎の活動写真勉強会
日時/5月29日19時~
演目/当日発表
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)
会場/綜合藝術茶房 喫茶茶会記
料金/2000円(1ドリンク込み)
予約/syoseibusi@yahoo.co.jp (片岡)

第三回 片岡一郎の活動写真勉強会

 これからしばらく国内営業頑張ります。
 どうぞよろしくお願いしますでっす。

 勉強会以外の公演でもお待ちしておりますよ。

春のぐらもくらぶ『映画』祭り2017
人気活動写真弁士・夢の競演と映画バラエティ・ショー

日時/4月2日 開場13時30分(入場は先着順) 開演13時45分~ 
内容/
第一部(13:45~)世界おもしろ短編16ミリ映画蔵出し上映
  16ミリフィルムと映写機で上映する珍しい音楽映画コレクション!
  『Across the seven seas』(1962・東京風景案内「キャバレー・赤坂ミカド」「ジャズ喫茶・銀座ACB」など)、映画『天晴れ着陸』(1938・レイモンド・スコット・クインテットの演奏部分を抜粋)ほか
  トーク:岡田崇大谷能生毛利眞人保利透

第二部(15:00~)戦前、戦後のショウビジネスがここにある!
  名曲で綴る「ザッツ・ニッポン・エンタテインメント!」 トーク:娯楽映画研究家・佐藤利明

第三部(16:00~)活動弁士いまむかし~語る・調べる・探しだす
  気鋭・片岡一郎×奇才・坂本頼光と言う滅多に無い顔合わせによるスペシャルトーク!普段の上映会やイベントでは聞けない無声 映画業界・カツベン秘話や、活動写真の素晴らしさを映像とトークでお聞きいただきます! 司会:保利透

第四部(17:00~)夢の競演!両雄弁士による無声映画上映
  弁士 坂本頼光
  『ジャックと豆の木』(1902 米/監督:エドウィン・S・ポーター、ジョージ・フレミング/出演:トーマス・ホワイト) 約10分
  『國士無双』(1932 日本/監督:伊丹万作/出演:片岡千恵蔵、山田五十鈴、高勢実乗) 約20分

  弁士 片岡一郎
  『サロメ』(1923 米/監督:チャールズ・ブライアント/出演:アラ・ナジモヴァ、ローズ・ディオン、ミッチェル・ルイス) 約30分
  ※デジタル上映 ※各篇とも短縮版
  ピアノ演奏:上屋安由美
会場/両国・江戸東京博物館ホール
料金/前売り予約券2,300円、当日券2,800円
ご予約/
  メール:gramoclub78@gmail.com
  電話:03-5273-2821(メタカンパニー内)
※受付にてチラシ持参、またはサイト情報をプリントアウト&スマホ提示で2,300円にて当日券割あり
★前売り券はチケット・ぴあにて好評発売中!!!
Pコード:556617・興行コード:1707801
販売用URL:http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1707801
主催:ぐらもくらぶ/協力:メタカンパニー・えにし書房・活動写真実演会
<お問い合わせ>

オフィシャルサイト:http://d.hatena.ne.jp/polyfar/

4月4日ぐらもくらぶ


●宮澤やすみの小唄かふぇ VOL.20
日時/5月24日(水) 開場19時30分~、開演20時
演目/未定
出演/片岡一郎、宮澤やすみ(三味線)
会場/キイトス茶房
料金/2000円+別途1オーダー(500円〜)
予約/03-5206-6657(キイトス茶房)

5月24日 小唄かふぇ
|03/16| 活弁コメント(0)TB(0)
 昨日のブログは友人には面白く読んで頂いた様です。 
 あれだよね、知り合いのトラブルって乗り越えた事が分れば面白いよね。
 嫌いな奴のトラブルは乗り越えられなかった方が面白いよね。
 という訳で、昨日のブログを面白いと思ってくれた方はお友達なんでしょう。

 2015年末に荷物が盗まれた時には談四楼師匠に「我々は高座で話して元を取ります」とコメントを頂きました。
 俺だってそうしたい。映画の前にそういう話をして盛り上げたい。
 弁士ってどうしても映画ありきの仕事が中心だから、映画以外の話をすると余計な事を言ってと思われちゃうのよね。
 このあたりもちょっとずつ状況を変えてゆきたい所です。
 
 とにかくですね、帰国後の仕事をそろそろとらないと大変なんですよ。
 3月末には帰国しますので、仕事を下さいまし。

 「なんだ日本に居たんですね。だったら仕事頼みたかったのに」とか、言われ飽きてンだよ、こっちゃ。
 ドイツに居たって交通費だけ何とかなりゃ平気で帰国するんだよ。 
 15万程度で往復できるんだから2~3件仕事が決まれば気軽に往復出来るじゃないですか。
 そういう訳でよろしくお願いしたい所存です。

 はい、ビザ騒動のせいで後回しにしてしまっていた公演告知をします。
 遅くなってごめんね、やすみさん。


●宮澤やすみの小唄かふぇ VOL.20
日時/5月24日(水) 開場19時30分~、開演20時
演目/未定
出演/片岡一郎、宮澤やすみ(三味線)
会場/キイトス茶房
料金/2000円+別途1オーダー(500円〜)
予約/03-5206-6657(キイトス茶房)

5月24日 小唄かふぇ

 小唄かふぇの第1回ゲストは私でした。
 第20回なので記念に出てくれと言われまして、そこまで言うなら出てやらん事も無い喜んで出演致す次第。
 演目は何にするかこれから決めます。どうしようかな。帰国するまでに小唄映画のフィルムとか見つからないかな。帝キネの『籠の鳥』とか。
 帰国に向けて、徐々にエンジン入れて行きますのでよろしくお願いします。

 すでに告知済みの公演はこちら。

春のぐらもくらぶ『映画』祭り2017
人気活動写真弁士・夢の競演と映画バラエティ・ショー

日時/4月2日 開場13時30分(入場は先着順) 開演13時45分~ 
内容/
第一部(13:45~)世界おもしろ短編16ミリ映画蔵出し上映
  16ミリフィルムと映写機で上映する珍しい音楽映画コレクション!
  『Across the seven seas』(1962・東京風景案内「キャバレー・赤坂ミカド」「ジャズ喫茶・銀座ACB」など)、映画『天晴れ着陸』(1938・レイモンド・スコット・クインテットの演奏部分を抜粋)ほか
  トーク:岡田崇大谷能生毛利眞人保利透

第二部(15:00~)戦前、戦後のショウビジネスがここにある!
  名曲で綴る「ザッツ・ニッポン・エンタテインメント!」 トーク:娯楽映画研究家・佐藤利明

第三部(16:00~)活動弁士いまむかし~語る・調べる・探しだす
  気鋭・片岡一郎×奇才・坂本頼光と言う滅多に無い顔合わせによるスペシャルトーク!普段の上映会やイベントでは聞けない無声 映画業界・カツベン秘話や、活動写真の素晴らしさを映像とトークでお聞きいただきます! 司会:保利透

第四部(17:00~)夢の競演!両雄弁士による無声映画上映
  弁士 坂本頼光
  『ジャックと豆の木』(1902 米/監督:エドウィン・S・ポーター、ジョージ・フレミング/出演:トーマス・ホワイト) 約10分
  『國士無双』(1932 日本/監督:伊丹万作/出演:片岡千恵蔵、山田五十鈴、高勢実乗) 約20分

  弁士 片岡一郎
  『サロメ』(1923 米/監督:チャールズ・ブライアント/出演:アラ・ナジモヴァ、ローズ・ディオン、ミッチェル・ルイス) 約30分
  ※デジタル上映 ※各篇とも短縮版
  ピアノ演奏:上屋安由美
会場/両国・江戸東京博物館ホール
料金/前売り予約券2,300円、当日券2,800円
ご予約/
  メール:gramoclub78@gmail.com
  電話:03-5273-2821(メタカンパニー内)
※受付にてチラシ持参、またはサイト情報をプリントアウト&スマホ提示で2,300円にて当日券割あり
★前売り券はチケット・ぴあにて好評発売中!!!
Pコード:556617・興行コード:1707801
販売用URL:http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1707801
主催:ぐらもくらぶ/協力:メタカンパニー・えにし書房・活動写真実演会
<お問い合わせ>

オフィシャルサイト:http://d.hatena.ne.jp/polyfar/

4月4日ぐらもくらぶ
|03/15| 活弁コメント(0)TB(0)
 お久しぶりの更新ですよ。
 今回は欧州滞在の事とか全然書いてないっすな。
 あと一ヶ月で帰国です。とか言われてもどうしようもないですね。

 今回は(今回も)大変だったのよ。
 まずは日本から送った荷物が届かなくてね。追跡番号では近所まで来てるのに一向に届かない。問合せフォームから質問しても返事がない。電話したら「大丈夫だ心配すんな」って言われて、最終的に日本に何時の間にか送り返されてしまったとか。

 一時帰国用に飛行機のチケットを買ってたんですが、日付を間違えてたりとか。

 あげくに、滞在許可証が発行されなくて、出られるはずのイベントをキャンセルしたとか。

 大変ですわ。
 しかも滞在許可証の問題はまだ尾を引いておりましてね、それを話すと長くなるので明日改めて。
 
 楽しい事も沢山ありましたよ。

 さておお久しぶりねの、公演情報更新です。

 
春のぐらもくらぶ『映画』祭り2017
人気活動写真弁士・夢の競演と映画バラエティ・ショー

日時/4月2日 開場13時30分(入場は先着順) 開演13時45分~ 
内容/
第一部(13:45~)世界おもしろ短編16ミリ映画蔵出し上映
  16ミリフィルムと映写機で上映する珍しい音楽映画コレクション!
  『Across the seven seas』(1962・東京風景案内「キャバレー・赤坂ミカド」「ジャズ喫茶・銀座ACB」など)、映画『天晴れ着陸』(1938・レイモンド・スコット・クインテットの演奏部分を抜粋)ほか
  トーク:岡田崇大谷能生毛利眞人保利透

第二部(15:00~)戦前、戦後のショウビジネスがここにある!
  名曲で綴る「ザッツ・ニッポン・エンタテインメント!」 トーク:娯楽映画研究家・佐藤利明

第三部(16:00~)活動弁士いまむかし~語る・調べる・探しだす
  気鋭・片岡一郎×奇才・坂本頼光と言う滅多に無い顔合わせによるスペシャルトーク!普段の上映会やイベントでは聞けない無声 映画業界・カツベン秘話や、活動写真の素晴らしさを映像とトークでお聞きいただきます! 司会:保利透

第四部(17:00~)夢の競演!両雄弁士による無声映画上映
  弁士 坂本頼光
  『ジャックと豆の木』(1902 米/監督:エドウィン・S・ポーター、ジョージ・フレミング/出演:トーマス・ホワイト) 約10分
  『國士無双』(1932 日本/監督:伊丹万作/出演:片岡千恵蔵、山田五十鈴、高勢実乗) 約20分

  弁士 片岡一郎
  『サロメ』(1923 米/監督:チャールズ・ブライアント/出演:アラ・ナジモヴァ、ローズ・ディオン、ミッチェル・ルイス) 約30分
  ※デジタル上映 ※各篇とも短縮版
  ピアノ演奏:上屋安由美
会場/両国・江戸東京博物館ホール
料金/前売り予約券2,300円、当日券2,800円
ご予約/
  メール:gramoclub78@gmail.com
  電話:03-5273-2821(メタカンパニー内)
※受付にてチラシ持参、またはサイト情報をプリントアウト&スマホ提示で2,300円にて当日券割あり
★前売り券はチケット・ぴあにて好評発売中!!!
Pコード:556617・興行コード:1707801
販売用URL:http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1707801
主催:ぐらもくらぶ/協力:メタカンパニー・えにし書房・活動写真実演会
<お問い合わせ>

オフィシャルサイト:http://d.hatena.ne.jp/polyfar/

4月4日ぐらもくらぶ

 弁士業界って共演があんまりないんですよ仲悪いから個人でやる仕事だから。
 そういう中で、私と坂本さんは仕事抜きで飲みに行ったりすることもある貴重な仲間なので御座います。
 そんな二人で濃ゆーいトークを致します。
 また『サロメ』初演です。音楽はもはやお馴染みの上屋安由美さん。
 さらに、というかこっちがむしろ貴重で御座います16mmフィルムでの映画上映、名曲で綴る「ザッツ・ニッポン・エンタテインメント!」も御座います。これはもう来るしか御座いませんね。
 
 帰国後一発目の仕事です。
 無事を確認しに来てね。




|03/01| 活弁コメント(0)TB(0)