FC2ブログ
 昨日はボンの地ビールBönnschをしこたま頂きまして、今朝は少々頭痛を覚えております。
 なんでしょうかね、ほぼ毎日飲んでますね。日本だとほとんど飲まないんですが。
 そうそう、なぜ今回ボンに居るのかについても近日中に大きな(自分にとっては、ですが)発表となります。
 もういっそね、ドイツに移住してしまいたい。

 さて本日のお知らせ。

●第723回無声映画鑑賞会 [無声映画鑑賞会初上映作品特集] ~片岡一郎発掘作品とロイド喜劇~
日時/10月30日 開場:18時、開演18時30分
作品/『ロイドのスピーディ』『私のパパさんママが好き』『ペギイのお手柄』
出演/澤登翠(「ロイドの~」)、片岡一郎(「私の~」「ペギイ~」)、上屋安由美(ピアノ)
会場/江東区 古石場文化センター
料金/一般:2000円 学生:1600円 前売、電話&E-mail予約:1500円 子供(中学生以下):1000円 会員優待券:1000円
予約・お問合せ/無声映画鑑賞会事務局
電話 03-3605-9981 (受付時間 平日の午前10時~午後6時)
FAX 03-3605-9982
E-mail: katsuben@matsudafilm.com

2018,10,30 無声映画鑑賞会

 今回はね、混みますよ。
 澤登翠の『ロイドのスピーディ』初演に加え、発掘が話題になった『ペギイのお手柄』『私のパパさんママが好き』を私が説明。しかも全作品に上屋安由美のピアノ演奏付き。
 これでお値段据え置きだもの、来ない法は御座いませんわ。
 是非是非、ご来場くださいませ。

 もちろん他にもアチコチに出没いたしますので、そちらもよろしくね。

●京都国際映画祭 明治維新から150周年 #1
日時/10月13日13時30分~
作品/『照る日曇る日』(新発掘作品) 『鞍馬天狗』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、鳥飼りょう(パーカッション)
会場/大江能楽堂
料金/前売:1000円、当日:1200円
予約/チケットよしもと

●京都国際映画祭 笑いと言葉で魅せるサイレントコンビ芸/笑いで甦る「京都ニュース」 produce by 立川直樹、片岡一郎
日時/10月13日18時40分~
作品/『弥次喜多 尊王の巻』『ローレル&ハーディのリバティ』『京都ニュース』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、鳥飼りょう(パーカッション)、、中山功太ほか、よしもと芸人
ゲスト/立川直樹
会場/大江能楽堂
料金/前売:1000円、当日:1200円
予約/チケットよしもと

京都国際映画祭2018


●宇和島名作劇場「伊藤大輔生誕120年映画祭」
日時/10月21日10時30分~、13時~
演目/『幕末剣史 長恨』 『斬人斬馬剣』『国士無双』(10時30分~の回)、『忠次旅日記』(13時~の回)
出演/片岡一郎
会場/宇和島市生涯学習センター大ホール(市立中央図書館3階) 
料金/無料
お問い合わせ/宇和島市生涯学習センター TEL0895-25-7514

宇和島名作劇場「伊藤大輔生誕120年映画祭」


●オペラ de イオンモール 「カルメン」ハイライト版 in 京都桂川
日時/10月27日 開場:13時30分、開演:14時
演目/カルメン
出演/カルメン:島木弥生(メゾ・ソプラノ)、ドン・ホセ:藤田卓也(テノール)、エスカミーリョ:三浦克次(バス・バリトン)、ミカエラ:西本真子(ソプラノ)、ピアノ:浅野菜生子、ナレーター:片岡一郎
会場/イオンシネマ京都桂川 スクリーン4
料金/2000円(全席指定)
ご予約/イオンシネマ長久手ホームページ内「e席リザーブ」もしくは、イオンシネマ長久手チケット窓口にて
お問い合わせ/0120-907-626(平日10:00~17:00)

2018,09,09 オペラdeイオンモール(1)
春日部のチラシですが公演内容は同じです
|10/05| 活弁コメント(0)TB(0)
 ドイツは今日も曇天で御座います。
 曇りが多いと人間気が塞ぐそうで、鬱病になる方も多いとか伺います。
 そのためでしょうか、こちらの方々はバカンスを非常に大事にしておりまして、隙を見つけては天気のいい土地へ出かけたり致します(余裕のある人は)。
 僕は何かと鈍感な人間なのですが、それでもやっぱり塞ぐような気が致します。
 出来れば天候の良い土地に読んで頂きたいのですが、そういう土地はフィルムが残っていないのか無声映画が上映される映画祭が少ないんですねえ。
 冬のドイツも好きなんですが、やはり太陽が恋しくなる、そんな本日で御座います。

 さて本日の告知。

●オペラ de イオンモール 「カルメン」ハイライト版 in 京都桂川
日時/10月27日 開場:13時30分、開演:14時
演目/カルメン
出演/カルメン:島木弥生(メゾ・ソプラノ)、ドン・ホセ:藤田卓也(テノール)、エスカミーリョ:三浦克次(バス・バリトン)、ミカエラ:西本真子(ソプラノ)、ピアノ:浅野菜生子、ナレーター:片岡一郎
会場/イオンシネマ京都桂川 スクリーン4
料金/2000円(全席指定)
ご予約/イオンシネマ長久手ホームページ内「e席リザーブ」もしくは、イオンシネマ長久手チケット窓口にて
お問い合わせ/0120-907-626(平日10:00~17:00)

2018,09,09 オペラdeイオンモール(1)
春日部のチラシですが公演内容は同じです

 幕張、春日部、長久手と旅をしてきた『カルメン』が今度は京都に登場です。
 会場は京都国際映画祭ともイベント共催をしてくれているイオンモール京都桂川。
 10月中旬に京都に行って、またこの企画で京都に行きます。
 有難い土地です、京都。

 そんな訳で、京都国際映画祭にいらして下すったお客様がこちらにお越しいただくと私はとても嬉しいので御座います。
 お待ちしておりますわ。

●京都国際映画祭 明治維新から150周年 #1
日時/10月13日13時30分~
作品/『照る日曇る日』(新発掘作品) 『鞍馬天狗』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、鳥飼りょう(パーカッション)
会場/大江能楽堂
料金/前売:1000円、当日:1200円
予約/チケットよしもと

●京都国際映画祭 笑いと言葉で魅せるサイレントコンビ芸/笑いで甦る「京都ニュース」 produce by 立川直樹、片岡一郎
日時/10月13日18時40分~
作品/『弥次喜多 尊王の巻』『ローレル&ハーディのリバティ』『京都ニュース』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、鳥飼りょう(パーカッション)、、中山功太ほか、よしもと芸人
ゲスト/立川直樹
会場/大江能楽堂
料金/前売:1000円、当日:1200円
予約/チケットよしもと

京都国際映画祭2018


●宇和島名作劇場「伊藤大輔生誕120年映画祭」
日時/10月21日10時30分~、13時~
演目/『幕末剣史 長恨』 『斬人斬馬剣』『国士無双』(10時30分~の回)、『忠次旅日記』(13時~の回)
出演/片岡一郎
会場/宇和島市生涯学習センター大ホール(市立中央図書館3階) 
料金/無料
お問い合わせ/宇和島市生涯学習センター TEL0895-25-7514

宇和島名作劇場「伊藤大輔生誕120年映画祭」
|10/04| 未分類コメント(0)TB(0)
 今日もドイツにおります。
 明日明後日とクローズドな公演で御座います。
 この数日間で嬉しい公演打診もあれば、今年はその仕事俺じゃないだ……的ながっかりもあり、悲喜交々で御座います。
 難しいわね、人間関係って。

 さて、本日は伊藤大輔生誕120年映画祭です。
 なんとまたしても『忠次旅日記』を説明いたします。
 今年四回目の『忠次旅日記』です。もう俺の事を忠次弁士と読んで頂いても構いません。
 
宇和島名作劇場「伊藤大輔生誕120年映画祭」
日時/10月21日10時30分~、13時~
演目/『幕末剣史 長恨』 『斬人斬馬剣』『国士無双』(10時30分~の回)、『忠次旅日記』(13時~の回)
出演/片岡一郎
会場/宇和島市生涯学習センター大ホール(市立中央図書館3階) 
料金/無料
お問い合わせ/宇和島市生涯学習センター TEL0895-25-7514

宇和島名作劇場「伊藤大輔生誕120年映画祭」

 20日も伊藤大輔作品をドドんと上映致します。
 この機会に宇和島観光も兼ねてお越しいただければ幸いでございます。
 皆様のご来場、ドイツよりお願いいたします。

 そして京都国際映画祭もよろしくね。

10月13日
〇明治維新から150周年 #1
日時/10月13日13時30分~
作品/『照る日曇る日』(新発掘作品) 『鞍馬天狗』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、鳥飼りょう(パーカッション)
会場/大江能楽堂
料金/1000円
予約/チケットよしもと

〇笑いと言葉で魅せるサイレントコンビ芸/笑いで甦る「京都ニュース」 produce by 立川直樹、片岡一郎
日時/10月13日18時40分~
作品/『弥次喜多 尊王の巻』『ローレル&ハーディのリバティ』『京都ニュース』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、鳥飼りょう(パーカッション)、、中山功太ほか、よしもと芸人
ゲスト/立川直樹
会場/大江能楽堂
料金/1000円
予約/チケットよしもと

京都国際映画祭2018

|10/03| 活弁コメント(0)TB(0)
 ドイツにおります。
 一昨日はカメラジャパンの為にオランダに居りました。
 ドイツでは式典に参加しつつ、余興で説明を二回ほど致します。
 なんだか活動内容が芸人というよりブンカジン的になっている様な気もします。

 どちらでも良いのですけれど。
 さて、先日もお話しした通り周防監督の次回作は弁士の物語です。
 これを奇貨として無声映画業界を盛り上げてゆきたいものです。
 盛り上がると良いなではなく、盛り上げたいものです。

 そして今月は国内最大の無声映画イベントと言っても過言ではない京都国際映画祭も開催されます。
 これから盛り上がる無声映画を今の内にご覧ください! と僕のブログを見に来る人に言ってもあんまり意味はない気もしますが、でもよろしくね。

 京都国際映画祭での無声映画関連企画を全部紹介しますのでこの後の情報が長くなります。
 全部見てってくださいましよ。

●京都国際無声映画祭2018
10月12日
〇黄金期のアメリカ喜劇 #1
日時/10月12日13時40分~
作品/『ロンサム・リュークの爆裂映画館』『要心無用』
出演/柳下美恵(ピアノ)、新野敏也(解説)
会場/大江能楽堂
料金/前売り:1000円、当日:1200円
予約/チケットよしもと


〇黄金期のアメリカ喜劇 #2
日時/10月12日16時20分~
作品/『ノートルダムの仲立ち男』『ラリーの雑貨屋』『ローレル&ハーディのリバティ』
出演/青木タイセイ高良久美子、新野敏也(解説)
会場/大江能楽堂
料金/前売り:1000円、当日:1200円
予約/チケットよしもと


シンデレラ・プリンセス特集
日時/10月12日19時
作品/『シンデレラ』『エリザベス2世戴冠式』
出演/大森くみこ(活動写真弁士)、天宮遥(ピアノ)
会場/ワコールスタディホール京都
料金/無料
予約/チケットよしもと

10月13日
〇明治維新から150周年 #1
日時/10月13日13時30分~
作品/『照る日曇る日』(新発掘作品) 『鞍馬天狗』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、鳥飼りょう(パーカッション)
会場/大江能楽堂
料金/前売り:1000円、当日:1200円
予約/チケットよしもと


〇黄金期のアメリカ喜劇 #3
日時/10月13日16時10分~
作品/『荒武者キートン』
出演/山崎バニラ(活動写真弁士・音楽)、新野敏也(解説)
会場/大江能楽堂
料金/前売り:1000円、当日:1200円
予約/チケットよしもと


〇笑いと言葉で魅せるサイレントコンビ芸/笑いで甦る「京都ニュース」 produce by 立川直樹、片岡一郎
日時/10月13日18時40分~
作品/『弥次喜多 尊王の巻』『ローレル&ハーディのリバティ』『京都ニュース』
出演/片岡一郎、上屋安由美(ピアノ)、鳥飼りょう(パーカッション)、、中山功太ほか、よしもと芸人
ゲスト/立川直樹
会場/大江能楽堂
料金/前売り:1000円、当日:1200円
予約/チケットよしもと

10月14日
〇「夢みるように眠りたい」
日時/10月14日11時00分~
作品/『夢みるように眠りたい』
出演/坂本頼光(活動写真弁士)、天宮遥(ピアノ)
ゲスト/林海象
会場/大江能楽堂
料金/前売り:1000円、当日:1200円
予約/チケットよしもと


〇明治維新から150周年 #2
日時/10月14日13時10分~
作品/『坂本竜馬』『剣士桂小五郎』『新選組隊長近藤勇』『鞍馬天狗 地獄の門』『月形半平太』『明治元年』『地雷火組』『弥次喜多 鳥羽伏見の巻』『一殺多生劍(字幕修復版)』
出演/坂本頼光(活動写真弁士)、鳥飼りょう(ピアノ)、羽鳥隆英(解説)
会場/大江能楽堂
料金/前売り:1000円、当日:1200円
予約/チケットよしもと

京都国際映画祭2018

 三日間みっちり無声映画漬けってのも悪くないんじゃないでしょうか。
 ちなみに私の担当するプログラムでは『照る日曇る日』が発掘後初上映、言い方を変えるとワールドプレミア。そして音楽の上屋安由美&鳥飼りょうという編成も初めてのタッグですので音楽的にも楽しめる事必定です。 
 また昨年まで活弁グランプリとして上演してきたプログラムを今年は衣装替えしてさらに強力な番組と致しました。出演はR-1ぐらんぷり2009優勝者にして歌ネタ王決定戦2015優勝者でもある中山功太が決定、さらによしもと芸人が増える予定ですし、プロヂューサーは、あの立川直樹さんというもの凄い。
 毎度、何かとドタバタの京都国際映画祭ですが、かなり面白く仕上がって来たのではないでしょうか。
 私のブログなので、私の出るプログラムを中心に宣伝しておりますが、他のプログラムも興味深い演者と作品が目白押しです。
 是非是非、京都国際映画祭2018にお運びくださいませ!
|10/02| 未分類コメント(0)TB(0)
 周防作品の発表で湧き立つ無声映画御意会で御座います。特に俺。
 そんな最中、アタクシ海外に行きます。
 いま坂本頼光さんが海外に行っております。
 これから10日間、片岡と坂本が日本から居なくなるわけですね。
 だから何だというと、なんでも無いのですが。

 それよりもですね、今台風が来てるじゃないですか。
 明日、滋賀の本番を終えて、新幹線で羽田まで向かい、そのまま深夜便でオランダに向かうのですよ。
 無理ぢゃね? ちょっと厳しくないですか?
 台風さん、ゆっくり動けとは言いません。盛大に逸れて頂けないでしょうか?
 あるいは、台風来ないかなって思っている人達の所にだけ局地的に来ていただくとか、そういう対応をお願いしたいので御座います。新幹線止まったらどうしよう……。飛行機欠航になったらどうしよう……。どっちもあり得るじゃないですか。
 ひとつよろしくお願いいたします。

 そんな参加したくてたまらないけど、ちょっと微妙なCamera Japanの告知です。

●CAMERA JAPAN Festival 2018
日時/9月30日19時~
演目/『瘤取り』『猿正宗』『かうもり』他
出演/片岡一郎、Kevin TOMA(ピアノ)
会場/LANTAREN VENSTER

CAMERA JAPAN Festival 2018

 カメラジャパン、今年の特集は妖怪・幽霊とのこと。
 はてさてアタクシ、到着できるのか?
 刮目して待たれよ。

 明日の黒壁映画祭もよろしくね。

●黒壁30周年記念事業「黒壁三十祭」
日時/9月29日17時~
演目/『忠次旅日記』
出演/片岡一郎、鳥飼りょう(ピアノ)
会場/曳山博物館 伝承スタジオ
料金/映画鑑賞料無料 + 黒壁オリジナル限定ガラス製品付の場合1,000円
定員/130名(先着順・要予約)
申込/株式会社黒壁
TEL.0749-65-2330  MAIL.sales@kurokabe.co.jp

黒壁30周年記念事業「黒壁三十祭」

|09/28| 活弁コメント(0)TB(0)